パスワードを忘れた? アカウント作成
13313985 journal
日本

yasuokaの日記: 戸籍統一文字552610は、いつ追加されたのか

日記 by yasuoka

私(安岡孝一)の昨日の日記に対して、『汎用電子情報交換環境整備プログラム成果報告書』の平成17年度版(2006年3月)に、それらしい情報があると御教示いただいた(pp.3-6)。

「戸籍統一文字」は、CD=ROMで本プログラムに提供されている。本プログラムが行われた平成14年度から平成17年度までの4年間に合計4回の提供があった。

1回目 ドラフト版 <平成14年度版>
2回目 ドラフト版 <平成15年度版>
3回目 平成16年4月1日付け法務省民一第928号民事局長通達別冊1・2・3 <平成16年度正式版>
4回目 平成16年4月1日付け法務省民一第928号(改正平成16年12月6日付け法務省民一第3464号)民事局長通達別冊1・2・3 <平成16年度改訂版>

1回目と2回目は、法務省民事局における整備段階の版と見られ、確たる名称も告げられていない。本事業では、1回目に提供された「戸籍統一文字」を<平成14年度版>、2回目に提供された「戸籍統一文字」を<平成15年度版>と呼称する。
3回目以降の「戸籍統一文字」は、法務省民事局長通達の一部である。3回目の「平成16年4月1日付け法務省民一第928号民事局長通達別冊1・2・3」を<平成16年度正式版>、4回目の「平成16年4月1日付け法務省民一第928号(改正平成16年12月6日付け法務省民一第3464号)民事局長通達別冊1・2・3」を<平成16年度改訂版>と便宜的に呼ぶこととする。
提供を受けたCD=ROMには、文字属性情報を記述したデータ・テーブルと、文字グリフの画像データファイル(PNG形式)が収録されている。
「戸籍統一文字」の各版では、採録文字の増減、採録文字の字形変更、文字属性情報の変更が行われている。<平成15年度版>から<平成16年度正式版>への改訂では、増補4字、字形変更1,796字、<平成16年度正式版>から<平成16年度改訂版>への改訂では、増補7字、字形変更23字が確認できる。
[中略]
本事業で調査研究に用いた「戸籍統一文字」は<平成16年度改訂版>である。<平成16年度改訂版>は、平成16年9月27日の戸籍法施行規則改正によって追加された子の名に使える漢字を反映したものである。
[中略]

戸籍統一文字 [漢字]55,267字 [非漢字]773字 [合計]56,040字

ここで述べられている「増補」が、仮に漢字のみであったと仮定すると、<平成16年度改訂版>の漢字数が55267字であることから、<平成16年度正式版>の漢字数は55260字、<平成15年度版>の漢字数は55256字ということになる。ただ、そうだとすると、<平成16年度改訂版>での「増補7字」が552610~552670ということになり、552610の「乕」が紛れ込んでしまう。「乕」は、当時も現在も「子の名に使える漢字」ではないので、この仮定は、どこかが微妙に矛盾することになる。うーん、さて、どうなってるのかしら?

この議論は、yasuoka (21275)によって「 ログインユーザだけ」として作成されている。 ログインしてから来てね。
typodupeerror

コンピュータは旧約聖書の神に似ている、規則は多く、慈悲は無い -- Joseph Campbell

読み込み中...