パスワードを忘れた? アカウント作成
13841998 journal
アメリカ合衆国

yasuokaの日記: 「I saw a horse yesterday which had no name」の係り受け関係

日記 by yasuoka

2月12日の日記に続いて、StanfordNLPで可視化を試していたところ、「I saw a horse yesterday which had no name」という文の係り受け関係が、なかなか面白い結果になった。

% python3
>>> import stanfordnlp,urllib.parse,webbrowser
>>> from stanfordnlp.models.common import conll
>>> h="http://kanji.zinbun.kyoto-u.ac.jp/~yasuoka/kyodokenkyu/ud-kanbun/conllusvg/viewer.svg"
>>> en=stanfordnlp.Pipeline(lang="en")
>>> s=en("I saw a horse yesterday which had no name")
>>> u=s.conll_file.conll_as_string()
>>> webbrowser.open(h+"#"+urllib.parse.quote(u))
>>> print(u)

この結果、出力されるUniversal Dependenciesは、私(安岡孝一)の手元では、以下のようになった。

1 I I PRON PRP Case=Nom|Number=Sing|Person=1|PronType=Prs 2 nsubj _ _
2 saw see VERB VBD Mood=Ind|Tense=Past|VerbForm=Fin 0 root _ _
3 a a DET DT Definite=Ind|PronType=Art 4 det _ _
4 horse horse NOUN NN Number=Sing 2 obj _ _
5 yesterday yesterday NOUN NN Number=Sing 2 obl:tmod _ _
6 which which PRON WDT PronType=Rel 7 nsubj _ _
7 had have VERB VBD Mood=Ind|Tense=Past|VerbForm=Fin 4 acl:relcl _ _
8 no no DET DT _ 9 det _ _
9 name name NOUN NN Number=Sing 7 obj _ _

SVGで可視化した結果はこんな感じ。見てもらえばわかるが、係り受け関係のリンクに交差が起こっていて、非常に素晴らしい。実は、英語の係り受け関係では、しばしばリンクが交差する(non-projective)のだが、それをStanfordNLPは解析できるということである。すごいなあ。

この議論は、yasuoka (21275)によって「 ログインユーザだけ」として作成されている。 ログインしてから来てね。
typodupeerror

アレゲはアレゲを呼ぶ -- ある傍観者

読み込み中...