パスワードを忘れた? アカウント作成
13935963 journal
人工知能

yasuokaの日記: 「これが僕は正しいと思う」の直接構成鎖解析木をGraphvizで可視化する

日記 by yasuoka

昨日の日記を読みつつ、直接構成鎖解析木に交差が起こる場合も考えてみることにした。『Universal Dependenciesの拡張にもとづく古典中国語(漢文)の直接構成鎖解析の試み』の付録で例に挙げた「これが僕は正しいと思う」を、少し考えてみよう。

# catena_inseparability = 7<3<5<4<6<1<2
1    これ    これ    PRON    NP    _    5    nsubj    _    SpaceAfter=No
2    が    が    ADP    PS    _    1    case    _    SpaceAfter=No
3    僕    僕    PRON    NP    _    7    nsubj    _    SpaceAfter=No
4    は    は    ADP    PK    _    3    case    _    SpaceAfter=No
5    正しい    正しい    ADJ    JJ    _    7    ccomp    _    SpaceAfter=No
6    と    と    ADP    PQ    _    5    mark    _    SpaceAfter=No
7    思う    思う    VERB    VV    _    0    root    _    SpaceAfter=No

端的には、「これ」←nsubj─「正しい」という係り受けと、「僕」←nsubj─「思う」という係り受けが、交差してしまっている例である。昨日の例と同様の手順で、直接構成鎖解析木をDOTで書くと、以下のようになる。

digraph Immediate_Catena_Tree{
  node[shape=box];edge[color=gray,fontname="sans-serif",fontsize=10];
  root[shape=plaintext,fontname="sans-serif",fontsize=10,fixedsize=true,height=0.1];
  w[shape=record,label="{<1>PRON|これ}|{<2>ADP|が}|{<3>PRON|僕}|{<4>ADP|は}|{<5>ADJ|正しい}|{<6>ADP|と}|{<7>VERB|思う}"];
  root->c7;c7[label="これが僕は正しいと思う"];
  c7->c3[label="nsubj"];c3[label="僕は"];
  c7->x3;x3[label="これが正しいと思う"];
  x3->c5[label="ccomp"];c5[label="これが正しいと"];
  x3->w:7;
  c3->w:4[label="case"];
  c3->w:3;
  c5->w:6[label="mark"];
  c5->x6;x6[label="これが正しい"];
  x6->c1[label="nsubj"];c1[label="これが"];
  x6->w:5;
  c1->w:2[label="case"];
  c1->w:1;
}

Graphviz Onlineで見ると、こんな感じ。dotを描画エンジンに使うと、いい感じで交差が描けているように思う。ただ、構文解析木に交差を許すかどうかは、それはそれでまた議論のある世界らしいので、どう実装していくべきか、私(安岡孝一)としては悩ましい。どうするのがいいかなぁ…。

この議論は、yasuoka (21275)によって「 ログインユーザだけ」として作成されている。 ログインしてから来てね。
typodupeerror

海軍に入るくらいなら海賊になった方がいい -- Steven Paul Jobs

読み込み中...