パスワードを忘れた? アカウント作成
14029498 journal
人工知能

yasuokaの日記: 「信斯言也是周無遺民也」の「是」は何を指しているのか

日記 by yasuoka

とあるイキサツで、『孟子』の「信斯言也是周無遺民也」に対するUniversal Dependenciesを検討しなおしてみた。

# catena_inseparability = 7<1<10=5<6<9<4=3<2<8
1    信    信    VERB    v,動詞,行為,態度    _    7    csubj    _    Gloss=believe|SpaceAfter=No
2    斯    斯    PRON    n,代名詞,指示,*    PronType=Dem    3    det    _    Gloss=this|SpaceAfter=No
3    言    言    NOUN    n,名詞,可搬,伝達    _    1    obj    _    Gloss=speech|SpaceAfter=No
4    也    也    PART    p,助詞,提示,*    _    1    mark    _    Gloss=that-which|SpaceAfter=No
5    是    是    PRON    n,代名詞,指示,*    PronType=Dem    7    expl    _    Gloss=this|SpaceAfter=No
6    周    周    PROPN    n,名詞,主体,国名    Case=Loc|NameType=Nat    7    nsubj    _    Gloss=[country-name]|SpaceAfter=No
7    無    無    VERB    v,動詞,存在,存在    Polarity=Neg    0    root    _    Gloss=not-have|SpaceAfter=No
8    遺    遺    VERB    v,動詞,行為,得失    VerbForm=Part    9    amod    _    Gloss=leave-behind|SpaceAfter=No
9    民    民    NOUN    n,名詞,人,人    _    7    obj    _    Gloss=people|SpaceAfter=No
10    也    也    PART    p,助詞,句末,*    _    7    discourse:sp    _    Gloss=[final-particle]|SpaceAfter=No

「UDPipe Visualizer with Immediate Catena Tree」で可視化すると、こんな感じ。古典中国語(漢文)の動賓終構造(predicate-object-final structure)から見ると、「信斯言也」と「是周無遺民也」の2つの節から構成される文である。「信斯言也」は、predicate「信」とobject「斯言」とfinal「也」に、キレイに分かれる。同様に「是周無遺民也」は「是X也」というコピュラ文だから、predicate「是」とobject「周無遺民」とfinal「也」に分かれて、さらに「周無遺民」が(主語の)「周」とpredicate「無」とobject「遺民」に分かれる、と考えるのが都合がいい。

ここで問題となるのが、このコピュラ文における形式主語「是」を、predicateとみなすことの是非である。現代中国語における「是」がコピュラ動詞となってしまったことを考えると、古典中国語のコピュラ文における主語代名詞「是」をpredicateとみなすのに、私(安岡孝一)個人としては特に抵抗が無い。端的に言えば「是X也」においては、「是」をrootとみなし、Xをobj(あるいはccomp)でリンクする、というやり方である。しかし、そうした場合に、形式主語を表すexplをどうするか、という問題が起こって、ヤヤコシイことになる。

それもあって、Universal Dependenciesでは、コピュラ文は目的語の方をrootとし、主語をnsubj(あるいはcsubj)で繋ぐというルールになっている。ただ、そうすると、この「信斯言也是周無遺民也」では、「無」から主語を表すリンクが3本も出てしまう(「周無遺民」の主語を表すnsubjが「周」へ、「是周無遺民也」の形式主語を表すexplが「是」へ、全体の節主語を表すcsubjが「信」へ)結果となる。さて、どうしたらいいんだろ。

この議論は、yasuoka (21275)によって「 ログインユーザだけ」として作成されている。 ログインしてから来てね。
typodupeerror

物事のやり方は一つではない -- Perlな人

読み込み中...