パスワードを忘れた? アカウント作成
14099903 journal
Google

yasuokaの日記: Google ColaboratoryでUD-KundokuのSVGを表示するには

日記 by yasuoka

昨日の日記の続きだが、UD-KundokuをGoogle Colaboratoryで使う際も、SVGを表示するにはGoogle Drive経由が良さそうである。

!pip install udkundoku
import udkundoku
lzh=udkundoku.load()
s=lzh("不入虎穴不得虎子")
from google import colab
from pydrive.auth import GoogleAuth
from pydrive.drive import GoogleDrive
from oauth2client.client import GoogleCredentials
from IPython.display import IFrame,display
colab.auth.authenticate_user()
g=GoogleAuth()
g.credentials=GoogleCredentials.get_application_default()
d=GoogleDrive(g)
for c in [s,udkundoku.reorder(s),udkundoku.translate(s)]:
  f=d.CreateFile({"title":"trial.svg","mimeType":"image/svg+xml"})
  f.SetContentString(c.to_svg())
  f.Upload()
  display(IFrame(src="https://drive.google.com/uc?id="+f.get("id"),width="100%",height="250"))
  f.Trash()

上のプログラムでは、「不入虎穴不得虎子」の古典中国語(漢文)Universal Dependencies、返り点による語順入れ替え、助詞と送り仮名の追加、の3段階でSVGを表示してみた。ただ、実行中にGoogle Driveへのアクセス許可を求められる点が、非常に面倒くさい。何か、いい方法ないかなぁ。

この議論は、yasuoka (21275)によって「 ログインユーザだけ」として作成されている。 ログインしてから来てね。
typodupeerror

「毎々お世話になっております。仕様書を頂きたく。」「拝承」 -- ある会社の日常

読み込み中...