パスワードを忘れた? アカウント作成
14110314 journal
アメリカ合衆国

yasuokaの日記: Universal DependenciesとStanford Typed Dependenciesと矢印の向き

日記 by yasuoka

今日発売の『数学セミナー』(Vol.59, No.3)を読んでいて、能地宏「文構造に内在する普遍」(pp.20-24)の図1が気になった。「He drunk expensive wine in Paris」という英文(drankではなくdrunk)の依存構造を扱っているのだが、矢印の向きがdrunk→in→Parisとなっているのだ。最新のUniversal Dependencies 2.5であれば、ここはdrunk→Paris→inとなるはずで、だとすると能地が扱っているのは、旧版のStanford Typed Dependenciesか何かということになる。とりあえず、UniDic2UDのenglish-ewtで「He drunk expensive wine in Paris」を解析してみよう。

$ echo He drunk expensive wine in Paris | unidic2ud -U english-ewt
# sent_id = 1
# text = He drunk expensive wine in Paris
1    He    he    PRON    PRP    Case=Nom|Gender=Masc|Number=Sing|Person=3|PronType=Prs    2    nsubj    _    _
2    drunk    drink    VERB    VBP    Mood=Ind|Tense=Pres|VerbForm=Fin    0    root    _    _
3    expensive    expensive    ADJ    JJ    Degree=Pos    4    amod    _    _
4    wine    wine    NOUN    NN    Number=Sing    2    obj    _    _
5    in    in    ADP    IN    _    6    case    _    _
6    Paris    Paris    PROPN    NNP    Number=Sing    2    obl    _    SpaceAfter=No

SVGで可視化すると、こんな感じ。drunk→Paris→inとなっているのが分かる。ただ、能地としては「依存構造最小化仮説」に言及したいようなので、それならば、旧版のStanford Typed Dependenciesか、あるいは改良版のSurface-syntactic Universal Dependenciesの方が向いている気もする。さて、こういうヤヤコシイあたり、どうしたらいいかな。

この議論は、yasuoka (21275)によって「 ログインユーザだけ」として作成されている。 ログインしてから来てね。
typodupeerror

あつくて寝られない時はhackしろ! 386BSD(98)はそうやってつくられましたよ? -- あるハッカー

読み込み中...