パスワードを忘れた? アカウント作成
14259579 journal
日記

yasuokaの日記: 「Rainy days and Mondays always get me down」のDeep Universal Dependenciesと述語項構造

日記 by yasuoka

とあるイキサツで、Deep Universal Dependenciesに関わらざるを得なくなった。Deep Universal Dependenciesは、Universal Dependenciesに述語項構造を拡張した12カラムのフォーマットで書かれていて、9カラム目のDEPSに表層格を、12カラム目のDEEP:ARGSに深層格を書くらしい。イマイチ良く分からないのだが、とりあえず「Rainy days and Mondays always get me down」をDeep Universal Dependenciesで書いてみよう。

# global.columns = ID FORM LEMMA UPOS XPOS FEATS HEAD DEPREL DEPS MISC DEEP:PRED DEEP:ARGS
# text = Rainy days and Mondays always get me down
1    Rainy    rainy    ADJ    JJ    Degree=Pos    2    amod    2:amod    _    _    _
2    days    day    NOUN    NNS    Number=Plur    6    nsubj    6:nsubj    _    _    _
3    and    and    CCONJ    CC    _    4    cc    4:cc    _    _    _
4    Mondays    Monday    PROPN    NNPS    Number=Plur    2    conj    2:conj:and|6:nsubj    _    _    _
5    always    always    ADV    RB    _    6    advmod    6:advmod    _    _    _
6    get    get    VERB    VBP    Mood=Ind|Tense=Pres|VerbForm=Fin    0    root    0:root    _    get down    arg1:2,4|arg2:7
7    me    I    PRON    PRP    Case=Acc|Number=Sing|Person=1|PronType=Prs    6    obj    6:obj    _    _    _
8    down    down    ADP    RP    _    6    compound:prt    6:compound:prt    _    _    _

この文の中心となるのは、動詞「get」である。表層格としては、nsubj(主語)が「days」と「Mondays」の両方に、obj(目的語)が「me」に刺さっている。一方、深層格としては、arg1(動作主格)が「day」と「Monday」へ、arg2(被動者格)が「I」へ、「get down」という動詞句から刺さっている。表層格と深層格で矢印の方向が同じだが、そういうものらしい。

ただ、深層格はarg1arg2だけではなく、対象となる動詞(あるいは動詞句)ごとに種類があるようだ。いわゆるPropBankスタイルなのだが、英語以外の言語も含め、もう少し私(安岡孝一)なりに追っていこうと思う。

この議論は、yasuoka (21275)によって「 ログインユーザだけ」として作成されている。 ログインしてから来てね。
typodupeerror

「毎々お世話になっております。仕様書を頂きたく。」「拝承」 -- ある会社の日常

読み込み中...