パスワードを忘れた? アカウント作成
14282476 journal
人工知能

yasuokaの日記: 「明君爵有德而祿有功」のDeep Universal Dependenciesと述語項構造解析

日記 by yasuoka

Deep Universal Dependenciesを古典中国語(漢文)にも適用すべく、「明君爵有德而祿有功」を考えてみることにした。

# global.columns = ID FORM LEMMA UPOS XPOS FEATS HEAD DEPREL DEPS MISC DEEP:PRED DEEP:ARGS
# text = 明君爵有德而祿有功
1    明    明    VERB    v,動詞,描写,形質    Degree=Pos    2    amod    2:amod    SpaceAfter=No    明    arg1:2
2    君    君    NOUN    n,名詞,人,役割    _    3    nsubj    3:nsubj|7:nsubj    SpaceAfter=No    _    _
3    爵    爵    VERB    v,動詞,行為,儀礼    _    0    root    0:root    SpaceAfter=No    爵    arg1:2|arg2:5
4    有    有    VERB    v,動詞,存在,存在    _    5    amod    5:amod    SpaceAfter=No    有    arg2:5
5    德    德    NOUN    n,名詞,描写,態度    _    3    obj    3:obj    SpaceAfter=No    _    _
6    而    而    CCONJ    p,助詞,接続,並列    _    7    cc    7:cc    SpaceAfter=No    _    _
7    祿    祿    VERB    v,動詞,行為,動作    _    3    conj    3:conj    SpaceAfter=No    祿    arg1:2|arg2:9
8    有    有    VERB    v,動詞,存在,存在    _    9    amod    9:amod    SpaceAfter=No    有    arg2:9
9    功    功    NOUN    n,名詞,可搬,成果物    _    7    obj    7:obj    SpaceAfter=No    _    _

「爵」の深層格arg1(動作主格)とarg2(被動者格)については、「君」⇐arg1=「爵」=arg2⇒「德」で、大丈夫だろう。同様に「祿」についても、「君」⇐arg1=「祿」=arg2⇒「功」で、大丈夫だと思える。

では、他の動詞についてはどうだろう。「明」は「君」を修飾しているのだが、「明」=arg1⇒「君」という形で、arg1を考えてもいいだろうか。ただ、2つある「有」は、もし深層格を考えるなら、「有」=arg2⇒「德」、「有」=arg2⇒「功」が、適切であるように私(安岡孝一)には思える。つまり、「明」と「有」とで、修飾している名詞との関係が深層格としては異なる、ということになる気がするのだが、Deep Universal Dependenciesとしては、それでいいのだろうか。うーん。

この議論は、yasuoka (21275)によって「 ログインユーザだけ」として作成されている。 ログインしてから来てね。
typodupeerror

私は悩みをリストアップし始めたが、そのあまりの長さにいやけがさし、何も考えないことにした。-- Robert C. Pike

読み込み中...