パスワードを忘れた? アカウント作成
15816205 journal
地球

yasuokaの日記: DIN 476におけるB判の起源

日記 by yasuoka

Friedrich Wilhelm Ostwaldの『Sekundäre Weltformate』(Brücke, 1912年)には、A-Reihe、B-Reihe、C-Reiheとして、以下の表が掲載されている。

             A               B                C
   I    1   ×  1,41    1,06×  1,50     1,10×  1,56
  II    1,41×  2       1,50×  2,13     1,56×  2,20
 III    2   ×  2,83    2,13×  3        2,20×  3,12
  IV    2,83×  4       3   ×  4,25     3,12×  4,40
   V    4   ×  5,66    4,25×  6        4,40×  6,25
  VI    5,66×  8       6   ×  8,50     6,25×  8,80
 VII    8   × 11,30    8,50× 12        8,80× 12,50
VIII   11,30× 16      12   × 17       12,50× 17,70
  IX   16   × 22,60   17   × 24       17,70× 25
   X   22,60× 32      24   × 34       25   × 35,40
  XI   32   × 45,30   34   × 48       35,40× 50
 XII   45,30× 64      48   × 68       50   × 70,70
XIII   64   × 90,50   68   × 96       70,70×100
 XIV   90,50×128      96   ×136      100   ×141,40
  XV  128   ×181     136   ×192      141,40×200
 XVI  181   ×256     192   ×272      200   ×283
XVII  256   ×362     272   ×384      283   ×400

単位がセンチメートルなのでわかりにくいが、OstwaldのC-Reiheは、DIN 476「Papierformate」(1922年8月18日制定)のB判とほぼ一致する。ただし、この紙のサイズは、フランス・ベルギー・レナニア(ラインラント)・仏領ギアナ・仏領チュニジアなどでは既に使用されており、古くはフランス共和暦13 Brumaire an VII (1798年11月3日)公布の法律2136号「Loi sur le timbre」に遡る。フランスでは「Grand papier」(0.3536m×0.5000m)「Petit papier」(0.2500m×0.3536m)「Demi-feuille」(0.2500m×0.1768m)は、18世紀末から公式に使用されていたわけだ。

つまり、DIN 476にB判を持ち込んだのはOstwaldだが、その起源はフランスにあると考えられる。一方、DIN 476にC判を持ち込んだのもOstwaldだが、こちらは、まあ、OstwaldのA-Reihe(を多少改変した判型)だと言っていい。さて、DIN 476にA判を持ち込んだのは、誰なんだろう。

この議論は、yasuoka (21275)によって「 ログインユーザだけ」として作成されている。 ログインしてから来てね。
typodupeerror

UNIXはシンプルである。必要なのはそのシンプルさを理解する素質だけである -- Dennis Ritchie

読み込み中...