パスワードを忘れた? アカウント作成
16299767 journal
バグ

yasuokaの日記: Conobieの考えるA判の起源

日記 by yasuoka

一昨日昨日の私(安岡孝一)の日記の読者から、『コピー用紙にあるA判とB判。どちらが日本独自の規格でしょう?』(Conobie、2022年10月26日)も読んでみてほしい、との御連絡をいただいた。もしや「物理学者オズワルド」かと思ったが、さすがにそうではなかった。

コピー用紙などの用紙サイズには、A4、A3といった「A判」とB4、B5といった「B判」がある。A判は、もともとはドイツの規格で、20世紀初めにノーベル賞を受賞したオストワルド氏が提案したもの。

DIN 476におけるB判の起源でも書いたとおり、Friedrich Wilhelm Ostwaldは「ドイツの規格」DIN 476にB判とC判を持ち込んだが、A判は持ち込んでいない。フランスの「Loi sur le timbre」(1798年11月3日公布)由来のA判を持ち込んだのは、どうやらWalter Porstmannのようだ

これに対して、B判は日本独自の規格である。江戸時代に尾張、紀伊、水戸の御三家が使っていた「美濃判」という紙の寸法が、明治に入って標準寸法となった。これが現在のB判のもとになっている。

美濃判は273mm×394mmだったらしいので、日本のB4判(257mm×364mm)よりも、「ドイツの規格」DIN 476のD3判(272mm×385mm)の方が近い。美濃判を引き合いに出すなら、なぜDIN 476のD判を日本が採用しなかったのか、ちゃんと説明する必要があると思う。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。

だからと言って、こんなガセネタだらけの記事を次々にバラまくのは、「子育て」という観点からも話にならない。それともConobieの考える「子育て」って、こういうガセネタを子供に教え込むことなのかしら?

この議論は、yasuoka (21275)によって「 ログインユーザだけ」として作成されている。 ログインしてから来てね。
typodupeerror

私はプログラマです。1040 formに私の職業としてそう書いています -- Ken Thompson

読み込み中...