パスワードを忘れた? アカウント作成

みんなの日記の更新状況はTwitterの@sradjp_journalsでもチェックできます。

過去のタレコミ一覧:
保留 0件、 却下 22件、 掲載 44件、合計:66件、 66.67%の掲載率
13922592 submission
政府

戸籍法改正がデジタルファースト法とともに官報告示

タレコミ by yasuoka
yasuoka 曰く、
本日(5月31日)付の官報号外第23号で、戸籍法の一部を改正する法律が告示された。デジタルファースト法による住民基本台帳法改正とマイナンバー法改正が、一体となっておこなわれたものなので、改正が非常に多岐に渡るのだが、私(安岡孝一)なりに勘所をまとめておこうと思う。

戸籍法改正の目玉は、これまでは紙の「帳簿」が戸籍の正本だった(第七条)ものが、今後はデジタルデータが戸籍の正本となる、という点である。第百十八条の改正と附則第三条の経過措置によって、もう、紙の戸籍には戻れなくなる。また、第百二十条の二を新設することで、これまで本籍地でしか取得できなかった「戸籍謄本」(戸籍全部事項証明書)が、全国どこの市区町村においても「戸籍電子証明書」の形で取得できるようになる。

住民基本台帳法改正の目玉は「戸籍の附票」のデジタルネットワーク化である。第三十条の四十一~第三十条の四十四の十二を新設することで、住民基本台帳ネットワークと同様の、戸籍の附票ネットワークを全市区町村と全都道府県とJ-LIS(地方公共団体情報システム機構)の間で構築する。戸籍の附票ネットワーク上を流れるのは、第十七条(改正後)の以下の7つの項目である。

第十七条 戸籍の附票には、次に掲げる事項について記載(前条第二項の規定により磁気ディスクをもつて調製する戸籍の附票にあつては、記録。以下同じ。)をする。
 戸籍の表示
 氏名
 住所(国外に転出をする旨の第二十四条の規定による届出(次号及び第七号において「国外転出届」という。)をしたことによりいずれの市町村においても住民基本台帳に記録されていない者(以下「国外転出者」という。)にあつては、国外転出者である旨)
 住所を定めた年月日(国外転出者にあつては、その国外転出届に記載された転出の予定年月日)
 出生の年月日
 男女の別
 住民票に記載された住民票コード(国外転出者にあつては、その国外転出届をしたことにより消除された住民票に記載されていた住民票コード。第三十条の三十七及び第三十条の三十八において同じ。)

マイナンバー法改正の目玉は、国外転出者にもマイナンバー(個人番号)を付与する、という点である。住民票コードとマイナンバーの間の紐付は、現状は住民票(および住民基本台帳ネットワーク)によっておこなわれているが、今後はこれに、戸籍の附票ネットワークが加わる。この際、通知カードは廃止され、本人へのマイナンバーの通知は、別の方法(場合によっては紙以外の方法)でおこなわれることになる。一方、第二十一条の二および第四十五条の二を新設(ただし一部はその後に第九条第三項へ移動)することで、戸籍の「副本」と情報提供用個人識別符号(いわゆる機関別符号)が紐付けられる。つまり、戸籍(つまりは日本国民全部)とマイナンバーが直接に結び付けられないよう法律上は書かれているものの、実際には、戸籍の附票や住民基本台帳ネットワークを経由して、戸籍とマイナンバーが紐付けられることになる。

なお、戸籍法改正の施行日は6月19日だが、他の法律改正の施行日は年末以降になりそうである。また、全システムが稼働するには、実際には2年程度かかりそうである。

13910860 submission
人工知能

Universal Dependencies 2.4がリリース

タレコミ by yasuoka
yasuoka 曰く、
Universal Dependencies 2.4が無事にリリースされた、との連絡をいただいた。Universal Dependencies 2.4は、ドイツ語・チェコ語・日本語・ロシア語・フランス語・アラビア語・スペイン語・ノルウェー語・英語など83の言語にまたがるツリーバンクで、UDPipe・StanfordNLP・NLP-Cubeなどの解析エンジンと組み合わせて、係り受け解析に用いることができる。半年前のUniversal Dependencies 2.3に比べて、古典ロシア語・古典中国語(漢文)・ウォロフ語・グアラニー語(ムブヤ)・ウェールズ語・カレリア語・現代アラム語(アッシリア)の7つの言語が増えており、古典中国語のツリーバンクは、私(安岡孝一)の共同研究班「東アジア古典文献コーパスの実証研究」が制作した「四書」(孟子・論語・大學・中庸)の全文係り受けデータである。係り受け解析や文法解析に、どしどし使ってほしい。
13875327 submission
エイプリルフール

新元号は「令和」に、施行は5月1日

タレコミ by yasuoka
yasuoka 曰く、
次の元号が「令和」に決まった。施行は5月1日を予定している。合字の文字コードとしては、U+337E「㍾」U+337D「㍽」U+337C「㍼」U+337B「㍻」と来て、次はU+32FF「㋿」を予定しているが、5月1日に間に合うかどうかは微妙なセンである。お急ぎの方は、多少、形は違うもののU+29841「𩡁」を使われたい。
13869402 submission
政府

改正戸籍法、全ての戸籍を法務大臣が一元管理

タレコミ by yasuoka
yasuoka 曰く、
国会で審議中の改正戸籍法により、全ての戸籍の副本(コピー)を法務大臣が一元管理することが明らかになった。これまで戸籍およびその副本は、各市区町村と全国の法務局で分散管理してきたが、今回の改正は、これをデジタル化して法務大臣に一元化するもの。同時にマイナンバー法も改正され、全ての戸籍が「情報提供用個人識別符号」と紐づけられると同時に、法務大臣が「個人番号利用事務実施者」の適用除外となる。したがって改正後、法務大臣は、個人情報保護委員会の監督・保護評価を受けずに、自由に全国民のデジタル戸籍を利用可能となる。「特定個人情報保護評価」も適用除外となるため、国民への「パブリックコメント」も実施されない。施行は改元後を予定。
13595772 submission
政府

「戸籍法の改正に関する中間試案」に関する意見募集開始

タレコミ by yasuoka
yasuoka 曰く、
昨日(5月11日)付けで、「戸籍法の改正に関する中間試案」に対するパブリックコメントが始まった、との御連絡をいただいた。この「戸籍法の改正に関する中間試案」は、昨年9月19日の法務大臣諮問第105号に対し、法制審議会の戸籍法部会が検討・取りまとめたものだ。元々の諮問は戸籍事務へのマイナンバー制度導入に関するものだったが、この「戸籍法の改正に関する中間試案」は、内容的には以下の9項目からなる。
  1. 電算化を原則とする規定振りへの変更について
  2. 法務大臣が連携情報を管理することの根拠規定等の整備について
  3. 文字の取扱いについて
  4. 市区町村における連携情報の参照について
  5. 管轄法務局等における連携情報の参照について
  6. 届書類の電子化,保存について
  7. 市区町村及び法務局の調査権について
  8. 戸籍訂正について
  9. 死亡届出の届出資格者の拡大について

法律上ずっと「紙」を正本としてきた戸籍に対して、「電算化データ」の方を正本とする戸籍法改正をおこなわねばならず、あちこちヤヤコシイ点が噴き出してしまった、というのが私(安岡孝一)の偽らざる感想だ。なお、あくまで「中間試案」なので、パブリックコメントの結果により、最終答申では内容が変更されうる。パブリックコメントは6月11日まで。

13488017 submission
地球

ISO/IEC 10646:2017発行

タレコミ by yasuoka
yasuoka 曰く、
ISO/IEC 10646の第5版が、無事に発行されたとの連絡をいただいた。NHKニュースは、どうも本質的なところを伝え切れていない気がするが、要は半年前に発行されたUnicode 10.0のISO版が、やっと発行されたということだ。規格全体がISO Freely Available Standardsからダウンロード可能だが、PDFで2702ページもあるので注意すること。なお、戸籍統一文字のうち106870は、今回のISO/IEC 10646:2017から漏れてしまっており、今後U+9FEEあたりに緊急追加をおこなう予定である。
13416511 submission
日本

「渾」が人名用漢字に追加

タレコミ by yasuoka
yasuoka 曰く、
今日付けの官報で戸籍法施行規則が改正され、「渾」1字が人名用漢字に追加された。これで、人名用漢字は863字となり、常用漢字2136字と合わせ2999字が、子の名づけに使える。東京高裁が、「渾」を常用平易な漢字として認めたもので、念願の3000字まであと1字となった。裁判所命令で追加された人名用漢字としては、以下に示すとおり「渾」が11例目となる。
  • 「悠」東京家裁[昭48(家)11469号]1973.11.30審判 1976.7.30施行
  • 「琉」那覇家裁[平9(家)1358号]1997.11.18審判 1997.12.3施行
  • 「曽」最高裁三小[平15(許)37号]2003.12.25決定 2004.2.23施行
  • 「獅」横浜家裁[平16(家)188号]2004.5.6審判 2004.6.7施行
  • 「駕」大阪家裁[平16(家)1593号]2004.6.10審判 2004.7.12施行
  • 「毘」名古屋家裁[平16(家)1118号]2004.6.18審判 2004.7.12施行
  • 「瀧」広島高裁[平16(ラ)81号]2004.6.23決定 2004.7.12施行
  • 「祷」大阪高裁[平19(ラ)252号]2008.3.18決定 2009.4.30施行
  • 「穹」大阪高裁[平19(ラ)486号]2008.3.18決定 2009.4.30施行
  • 「巫」名古屋高裁[平26(ラ)127号]2014.8.8決定 2015.1.7施行
  • 「渾」東京高裁[平29(ラ)312号]2017.5.16決定 2017.9.25施行
13412686 submission
政府

戸籍事務へのマイナンバー制度の導入に係る戸籍法等の改正について

タレコミ by yasuoka
yasuoka 曰く、
昨日(9月19日)の法制審議会総会において、法務大臣から法制審議会に対し、以下の諮問第105号がなされた。

国民の利便性の向上及び行政運営の効率化の観点から、戸籍事務にマイナンバー制度を導入し、国民が行政機関等に対する申請、届出その他の手続を行う際に戸籍謄本等の添付省略が可能となるようにするとともに、電子情報処理組織を使用して行う戸籍事務を原則とするための規定及び戸籍の記載の正確性を担保するための規定の整備等、戸籍法制の見直しを行う必要があると考えられるので、その要綱を示されたい。

今後、法制審議会での議論と答申ののち、国会での戸籍法改正という方向に進む予定なので、まだまだ道程は長い。ちなみに今回の諮問には、戸籍における文字の問題は直接含まれていないものの、「電子情報処理組織を使用して行う戸籍事務を原則とするための規定」という形で、残る4市町村の戸籍電算化と、他市区町村における「改製不適合簿」の解消を盛り込んでいただいた。私(安岡孝一)個人としては、戸籍に使われている文字全てに完全に文字コードを振る、というのが悲願の一つなので、答申にそのあたりを盛り込んでもらうべく、今後も頑張ろうと思う。

13383516 submission
バグ

Jアラート訓練メールで文字化け

タレコミ by yasuoka
yasuoka 曰く、
本日(8月18日)おこなわれたJアラート訓練メールで大規模な文字化けが発生した、との御連絡をいただいた。文字化けは島根県岡山県で発生したとのことだ。文字化け部分は

縲悟叉譎る浹螢ー蜷域・縲・
2017蟷エ08譛・8譌・11譎・0蛻・

という風に化けた状態で始まっており、私(安岡孝一)が読む限りでは、UTF-8で書かれた

「即時音声合成」
2017年08月18日11時00分

を誤ってShift_JISで解釈しているようだ。まあ、典型的な文字化けではあるものの、その前の行の「発表」などは化けておらず、複数の文字コードを一つのメールに混ぜてしまった可能性が疑われる。

13315896 submission
ニュース

Unicode 10.0.0がリリース

タレコミ by yasuoka
yasuoka 曰く、
昨日(6月20日)付でUnicode 10.0.0がリリースされたとの連絡を、日本時間の今日(6月21日)にいただいた。今回のリリースでは8518字が追加されていて、うちCJK統合漢字拡張Fが7473字(U+2CEB0~U+2EBE0)、変体仮名が285字(U+1B002~U+1B11E)の追加である。私(安岡孝一)個人としては、これで戸籍統一文字と住民基本台帳ネットワーク文字がほぼ一段落したのがありがたいが、5月23日24日の日記にも書いたとおり、多少、問題が積み残しとなってしまった。また、絵文字の追加(U+1F900~U+1F9E6)や、「BITCOIN SIGN」の追加(U+20BF)は、今後、微妙な禍根を残す気がしないでもない。まあ、とりあえずは、戸籍統一文字と住基統一文字のIVS提案を、早急に進めてもらうべきかしら。
typodupeerror

「科学者は100%安全だと保証できないものは動かしてはならない」、科学者「えっ」、プログラマ「えっ」

読み込み中...