パスワードを忘れた? アカウント作成

今週も投票をしましたか?

13683570 journal
日本

yasuokaの日記: 氏名における「髙」や「𠮷」や「乭」

日記 by yasuoka

昨日の『読売新聞』夕刊(東京版、第51222号)のトップに「電子行政 名前の漢字集約」という記事を見つけた。

政府は、行政の電子手続きに使う氏名の漢字を現行の約6万文字から、約1万文字に絞り込む方針を固めた。オンライン化を加速するためだ。たとえば、インターネットを使った納税などで氏名を記載する場合、渡边の「边」は「辺」と表記することにする。全国の自治体も足並みをそろえる必要があり、近く指針を公表する。

あらら、髙井さんの「髙」も「高」になっちゃうのかしら。𠮷田さんの「𠮷」も「吉」になっちゃうのかしら。でも、世乭さんの「乭」はどうすればいいんだろ?

13682473 journal
日本

yasuokaの日記: 出生届と死亡届における夏時刻の表示方法

日記 by yasuoka

私(安岡孝一)の8月8日の日記に関連して、『民事月報』のバックナンバーをあさっていたところ、第5巻第10号(昭和25年10月)p.56に「戸籍の届出及び記載に関する夏時刻の表示方について」(昭和25年9月7日民事甲第2384号民事局長通達)を見つけた。

13675823 comment

yasuokaのコメント: Re:刑事訴訟法 (スコア 2) 7

刑事訴訟法はあんま関係なさそうだなぁ
時間で定義されてる他の条文はその時間通りに処理すればいいだけだし

えっと、そうなんでしょうか。いちばんヤヤコシそうなのは、「サマータイムが始まる日」の前日土曜日午後11時に何がしかの「抑留」を受けて「二十四時間」後が月曜日午前1時になっちゃう場合で、時間数を日数に変換しなきゃいけない局面(たとえば刑事補償法ガラミ)なんかは、私(安岡孝一)個人としては、かなり疑義があるんですけど。私のアタマが悪いだけなのかしら。

まあ、実は、そういうのもあって、日記のタイトルも「日本の法律」じゃなくて「日本の法令」にしたんですけどね。法律だけ見てると、トンデモない落とし穴があったりするので。

13674114 comment

yasuokaのコメント: 「夏時刻法」(昭和23年法律第29号)の関係政令 (スコア 5, 参考になる) 7

えっと、その「夏時刻法」(昭和23年法律第29号)に関する政令って、私(安岡孝一)の知る限りでは「夏時刻終了の際における労働基準法の特例に関する政令」(昭和23年政令第280号)くらいしか出てなくて、少なくとも「戸籍法」(昭和22年法律第224号)ガラミの政令は、結局、出せなかったと記憶してます。まあ、そのあたり、かなり揉めたので、結局、中曽根康弘が「夏時刻法」廃止案を提出(昭和27年3月26日)することになったわけですけど。

13674016 journal
政府

yasuokaの日記: 日本の法令における「一日」と「二十四時間」 7

日記 by yasuoka

ネットサーフィンしていたところ、『東京五輪終わっても「サマータイム」恒久的運用へ』(スポーツ報知、2018年8月8日)という記事に、面白いことが書いてあるのを見つけた。

◆夏時間への切り替え方 導入初日を4月の最初の日曜日とした場合は午前2時に2時間進め午前4時に合わせる。夏時間が始まる日曜日は1日が22時間になる。10月最後の日曜日をサマータイムが終わる日とした場合は午前4時に2時間戻し午前2時に合わせる。この日は1日が26時間となる。

いや、それは、かなりマズイことになると思う。現在の日本の法令は、そのほとんどが「一日」を「二十四時間」だと仮定していて、しかも、同じ時刻が二度存在しないことを、大前提としているからだ。たとえば、戸籍法施行規則第二十一条第七号。

13672606 journal
ゲーム

yasuokaの日記: 働き方改革の壁におけるQWERTY配列の歴史 1

日記 by yasuoka

私(安岡孝一)の『パソコンのキーボードは,なぜABC順・五十音順ではないのですか』の読者から、安田洋祐の『経済学で読み解く「働き方」と「イノベーション」』を読んでほしい、との御連絡をいただいた。読んでみたのだが、またもやQWERTY配列に対するガセネタがバラ撒かれていて、かなり閉口した。

皆さんが普段使うキーボードはQWERTY型のキー配列です。しかし、この配列は実はタイピングに向いていません。タイプライター時代に文字のハンマーの絡みを起こさないよう、よく使うアルファベットキーを離したため、このような配置になったと言われています。では、なぜ改善されなかったのか。ユーザーもメーカーも、その状態から抜けるインセンティブがなかったからです。

13663329 journal
地球

yasuokaの日記: コピュラ文を含む複文とUniversal Dependencies

日記 by yasuoka

「爾欲呉王我乎」のUniversal Dependenciesをどうするか悩んでいたところ、ふっと、この文はコピュラ文を含む複文なのではないか、と思えてきた。「呉王」が動詞化されているのではなく、「呉王我」というコピュラ文(呉←compound─王←nsubj─我)を❶と置けば、「爾欲❶乎」という普通の文を考えればいいだけだ、という気がしてきたのだ。

13658933 journal
政府

yasuokaの日記: Re: 市区町村に対する保育士の犯歴照会を、都道府県に義務づける児童福祉法施行規則改正

日記 by yasuoka

講義のネタ探しで行政手続法を読んでいたところ、ふっと第四十三条が目に入った。

第四十三条 命令等制定機関は、意見公募手続を実施して命令等を定めた場合には、当該命令等の公布(公布をしないものにあっては、公にする行為。第五項において同じ。)と同時期に、次に掲げる事項を公示しなければならない。
 命令等の題名
 命令等の案の公示の日
 提出意見(提出意見がなかった場合にあっては、その旨)
 提出意見を考慮した結果(意見公募手続を実施した命令等の案と定めた命令等との差異を含む。)及びその理由

13654904 journal
日本

yasuokaの日記: Adobe-Japan1-6にないJIS X 0212の漢字

日記 by yasuoka

Ken Lundeの「Adobe-Japan1-6 Is Expecting!」(CJK Type Blog, 2018年7月20日)を読みながら、13年前にKenに送ったメールのことを思い出したので、忘れないうちに今日の日記に書いておこうと思う。JIS X 0212-1990の漢字のうち、38-11「殩」にあたる字体は、Adobe-Japan1-6に含まれていない。よく似た字体としてCID=16923があるのだが、上の部品が「歹」ではなく「歺」なので、異体字ではあるものの字体が異なっている。34-43「暀」もCID=17749と微妙に異なっているし、38-68「汴」もCID=16928と微妙に異なっている。

13640894 journal
アメリカ合衆国

yasuokaの日記: MIT Technology Reviewの考えるQWERTY配列

日記 by yasuoka

私(安岡孝一)の『パソコンのキーボードは,なぜABC順・五十音順ではないのですか』の読者から、Mariana Mazzucatoの『デジタル経済を独占するグーグルやフェイスブックと私たちはどう付き合うべきか』(MIT Technology Review、2018年7月7日)を読んでみてほしい、との御連絡をいただいた。読みかけてみたのだが、いきなりQWERTY配列に対するガセネタが書かれていて、とても有料の部分まで読む気になれなかった。

13639264 comment

yasuokaのコメント: Re:計量「言語」学者? (スコア 1) 4

by yasuoka (#3437741) ネタ元: 「胱」「腥」「腟」は人名用漢字なのか

あ、いえいえ、そうではなくて、私(安岡孝一)自身が、人名用漢字の研究者(いわゆる計量言語学者)なんですよ。よければ『新しい常用漢字と人名用漢字』 『韓国の人名用漢字と漢字コード』 『日韓二重国籍の子の名に使える人名用漢字』なども御覧ください。

13639229 comment

yasuokaのコメント: 「腥」の参考資料 (スコア 1) 4

by yasuoka (#3437711) ネタ元: 「胱」「腥」「腟」は人名用漢字なのか

参考資料と言えば、呉智英は、阿辻哲次の「現代日本の漢字規格」(大谷学報、第86巻、第1号(2006年10月)、pp.18-40)を、あるいは参考にしたんじゃないかと思えるのです。

名前に使えない漢字が戸籍に申請されてきたときに、法務省はどんな漢字が希望として出てきたかをすべてチェックしてきたそうです。いついつにどこそこでこんな漢字を使いたいという希望があったということを法務省はきちんと記録に残していました。その記録に残っている要望が多い漢字の多くはこれまですでに人名用漢字に追加されているのですが、中にはびっくりする話もあって、私が驚いたのは、月ヘンに星という漢字でした。つまり「腥」という漢字ですが、これで「アキラ」と読ませたいというのです。

ただ、「アキラ」と「すたあ」で違ってるし、阿辻哲次によれば「腥」は出生届が受理されてないし、どうも話が合わないんですよね。

13638572 journal
日本

yasuokaの日記: 「胱」「腥」「腟」は人名用漢字なのか 4

日記 by yasuoka

ネットサーフィンしていたところ、呉智英の『「暴走万葉仮名」の分析に計量社会学者は立ち上がるべき』(NEWSポストセブン、2018年7月2日)という、ワケのわからない記事に行き当たった。タイトルからして計量言語学と計量社会学を混同している上に、中身はもっとワケがわからない。

1951年、日本の戸籍に子の名前として記載できる漢字が定められた。当初は100文字に満たない漢字しかなかったが、徐々に増加、現在は800文字超ある。

13627321 journal
アメリカ合衆国

yasuokaの日記: 1877年3月のフランス向けレミントン・タイプライターのキー配列

日記 by yasuoka

『La Nature』のバックナンバーを読んでいたところ、1877年3月10日号(5º Année, No.197)にGaston Tissandierの『LA MACHINE A ÉCRIRE』という記事(pp.225-227)を見つけた。最初のページに、どーんと「Remington No.1」の図版があるのだが、キー配列がちょっと変だ。上段のアルファベットがQWERTVUIOP、その次の段がASDFGHJKLM、最下段がZCXYBNとなっているので、少なくともVとYが入れ替わっている。ただ、

13625817 comment

yasuokaのコメント: 実は焼き直し (スコア 1) 1

あ、タレコミありがとうございます。ただ、実は、このQ&A、昔に書いた『タイプライターからコンピュータへ:QWERTY配列の変遷100年間』のダイジェスト版なんですよね。2015年の記事は、そんなに話題にならなかったのに、今回は話題になってるのが、私(安岡孝一)個人としては不思議だったりするのです。

typodupeerror

日々是ハック也 -- あるハードコアバイナリアン

読み込み中...