パスワードを忘れた? アカウント作成

今週も投票をしましたか?

13640894 journal
アメリカ合衆国

yasuokaの日記: MIT Technology Reviewの考えるQWERTY配列

日記 by yasuoka

私(安岡孝一)の『パソコンのキーボードは,なぜABC順・五十音順ではないのですか』の読者から、Mariana Mazzucatoの『デジタル経済を独占するグーグルやフェイスブックと私たちはどう付き合うべきか』(MIT Technology Review、2018年7月7日)を読んでみてほしい、との御連絡をいただいた。読みかけてみたのだが、いきなりQWERTY配列に対するガセネタが書かれていて、とても有料の部分まで読む気になれなかった。

13639264 comment

yasuokaのコメント: Re:計量「言語」学者? (スコア 1) 4

by yasuoka (#3437741) ネタ元: 「胱」「腥」「腟」は人名用漢字なのか

あ、いえいえ、そうではなくて、私(安岡孝一)自身が、人名用漢字の研究者(いわゆる計量言語学者)なんですよ。よければ『新しい常用漢字と人名用漢字』 『韓国の人名用漢字と漢字コード』 『日韓二重国籍の子の名に使える人名用漢字』なども御覧ください。

13639229 comment

yasuokaのコメント: 「腥」の参考資料 (スコア 1) 4

by yasuoka (#3437711) ネタ元: 「胱」「腥」「腟」は人名用漢字なのか

参考資料と言えば、呉智英は、阿辻哲次の「現代日本の漢字規格」(大谷学報、第86巻、第1号(2006年10月)、pp.18-40)を、あるいは参考にしたんじゃないかと思えるのです。

名前に使えない漢字が戸籍に申請されてきたときに、法務省はどんな漢字が希望として出てきたかをすべてチェックしてきたそうです。いついつにどこそこでこんな漢字を使いたいという希望があったということを法務省はきちんと記録に残していました。その記録に残っている要望が多い漢字の多くはこれまですでに人名用漢字に追加されているのですが、中にはびっくりする話もあって、私が驚いたのは、月ヘンに星という漢字でした。つまり「腥」という漢字ですが、これで「アキラ」と読ませたいというのです。

ただ、「アキラ」と「すたあ」で違ってるし、阿辻哲次によれば「腥」は出生届が受理されてないし、どうも話が合わないんですよね。

13638572 journal
日本

yasuokaの日記: 「胱」「腥」「腟」は人名用漢字なのか 4

日記 by yasuoka

ネットサーフィンしていたところ、呉智英の『「暴走万葉仮名」の分析に計量社会学者は立ち上がるべき』(NEWSポストセブン、2018年7月2日)という、ワケのわからない記事に行き当たった。タイトルからして計量言語学と計量社会学を混同している上に、中身はもっとワケがわからない。

1951年、日本の戸籍に子の名前として記載できる漢字が定められた。当初は100文字に満たない漢字しかなかったが、徐々に増加、現在は800文字超ある。

13627321 journal
アメリカ合衆国

yasuokaの日記: 1877年3月のフランス向けレミントン・タイプライターのキー配列

日記 by yasuoka

『La Nature』のバックナンバーを読んでいたところ、1877年3月10日号(5º Année, No.197)にGaston Tissandierの『LA MACHINE A ÉCRIRE』という記事(pp.225-227)を見つけた。最初のページに、どーんと「Remington No.1」の図版があるのだが、キー配列がちょっと変だ。上段のアルファベットがQWERTVUIOP、その次の段がASDFGHJKLM、最下段がZCXYBNとなっているので、少なくともVとYが入れ替わっている。ただ、

13625817 comment

yasuokaのコメント: 実は焼き直し (スコア 1) 1

あ、タレコミありがとうございます。ただ、実は、このQ&A、昔に書いた『タイプライターからコンピュータへ:QWERTY配列の変遷100年間』のダイジェスト版なんですよね。2015年の記事は、そんなに話題にならなかったのに、今回は話題になってるのが、私(安岡孝一)個人としては不思議だったりするのです。

13624534 comment

yasuokaのコメント: Microsoft Word 1.0 for Mac (スコア 1) 7

by yasuoka (#3427052) ネタ元: Re: Unicodeの絵文字のルーツ

あ、yanokさんにバラされてる。私(安岡孝一)の記憶が確かなら、Microsoft Word 1.0 for Macは、1984年の時点で「Zapf Dingbats」が使えたんですよね。ただ、それはそもそもMicrosoft Wordだけじゃなくて、当時のMacintoshのワープロは「Zapf Dingbats」が使えるのが当たり前だったので、☎とか☛とか✌とかの絵文字が使えたわけです。

一方、Microsoft Windows上のWordが絵文字を扱えるようになったのは、たとえば日本の場合だと、まあ、Word 2002ってことになる(Word 2000に「MultiLanguage Pack」入れるのは、普通の人たちはあんまりやってなかった)と思うのです。そこらへん、元の文が何を言いたいのか、正直わからなかったので、とりあえず

でも、この「ワード」って、何のことだろう?

と書いてみたわけです。いや、その、EGWORDだったらどうしよう、というのも、一瞬、頭をよぎったりしたので。

13619365 journal
アメリカ合衆国

yasuokaの日記: 1891年10月のフランス向けレミントン・タイプライターのキー配列

日記 by yasuoka

『Le Génie Civil』のバックナンバーを読んでいたところ、1891年10月24日号(Tome XIX, No.26)のpp.430-431に、「Les machines à écrire」と題するWyckoff, Seamans & Benedictからの小さな記事を見つけた。

13618857 journal
アメリカ合衆国

yasuokaの日記: 1874年発売の「Sholes & Glidden Type-Writer」は、1872年の『Scientific American』に掲載可能か? 1

日記 by yasuoka

ネットサーフィンしていたところ、ねとらぼアンサーで『かつて“2より小さい数字が打てないキーボード”が存在した理由』(2018年6月9日)という妙な記事を見つけた。私(安岡孝一)の

オフィス機器としてのQWERTYキーボード(日本オフィス学会誌/安岡孝一氏)

を主要参考文献に引いているのだが、本文中では

「Sholes and Glidden typewriter」(1874年発売)

と書いていながら、図のキャプションには

13618074 journal
携帯電話

yasuokaの日記: J-PHONE SkyWalker絵文字とUnicode絵文字

日記 by yasuoka

私(安岡孝一)の一昨日の日記に関連して、J-PHONE SkyWalker絵文字と、現在のUnicode 11.0との対応表を作ってみた。顔文字(F997~F99A)のあたりの対応に、イマイチ自信がないのだが、とりあえず公開する。

13617391 journal
日本

yasuokaの日記: 「⿸屁月」を含む神社

日記 by yasuoka

法人番号公表サイトを見ていたところ、宇陀市大宇陀嬉河原の「⿸屁月」神社(くずじんじゃ、法人番号3150005004202に行き当たった。この「⿸屁月」は、どう見ても「九頭」の合字には見えないので、あるいは「屑」の異体字の可能性が疑われる。ただし、『汎用電子情報交換環境整備プログラム成果報告書』別冊には、私(安岡孝一)が探す限り、この漢字が見当たらない。一方で、登記ねっと外字コードは0U1027FBとなっているようだ。さて、どうしたものかしら。

13616662 comment

yasuokaのコメント: Unicode 1.0と初期のドコモ絵文字とJ-PHONE絵文字 (スコア 2) 7

by yasuoka (#3421473) ネタ元: Re: Unicodeの絵文字のルーツ

Unicode 1.0の「Code Charts」は、Unicode 1.0のページからPDFとしてリンクされています。初期のドコモ絵文字が166字だったのは、たとえばWeb Archiveに当時のページが残っていますし、当時のマニュアル(たとえば、古籏一浩『最新実用HTMLタグ辞典』p.595)にも残っていますよ。

あと、J-PHONE絵文字が「広まることはなく、絵文字の送受信もうまく行われることがなかった」というのは、本当ですか? 私(安岡孝一)の知る限りでは、J-PHONE絵文字は、現在もSoftbank絵文字#1として、まだ一応現役のはずなのですが?

13616266 journal
携帯電話

yasuokaの日記: Re: Unicodeの絵文字のルーツ 7

日記 by yasuoka

私(安岡孝一)の2017年12月21日2018年3月2日の日記の読者から、シャルコ・アンナの『外国人が目を丸くした日本の「絵文字」の豊かさ』(BEST T!MES、2018年6月6日)を読んでみてほしい、との御連絡をいただいた。読んでみたのだが、絵文字の歴史に関して書かれた以下の部分が、どうも気になった。

1993年に図2のスマイリーフェイスを含めて、100個以上の絵文字がUnicode1.1の「その他の記号」というブロックに登録されると、ワードの「記号と特殊文字」から選んで打てるようになりました。

13615469 journal
中国

yasuokaの日記: Universal Dependenciesにおける「主述述語文」の問題

日記 by yasuoka

私(安岡孝一)の昨日の日記に関連して、じゃあ現代中国語における主述述語文(主謂謂語句)はどうなってるんだろう、と思い、少し調べてみた。結論から言うと、現代中国語Universal Dependenciesは、主述述語文を真っ向から扱っていない。たとえば「幼貓睡眠時間極長」という文であれば、「睡眠時間」が「極長」の主語であり、さらに「幼貓」が「睡眠時間極長」の主語である、という考え方になるはずだが、現時点でのgoogleによるannotationの結果は、以下の通りである。

typodupeerror

人生unstable -- あるハッカー

読み込み中...