パスワードを忘れた? アカウント作成
402390 journal

yk700101の日記: OpenMicroServer - etch - Samba

日記 by yk700101
○概要
    OpenMicroServer + Debian GNU/Linux 4.0(etch)に
    Samba をインストールしたときのメモ。

○前提
    1. Debian GNU/Linux 4.0(etch) をインストールした際の環境を使用。

○目的
  1. 別の外付け HD に sarge と同様の環境を etch で構築する。

○共有ディレクトリの作成
    #--------------------
    # 共有ディレクトリの作成
    #--------------------
    #データ格納用のディレクトリ
    mkdir -p /srv/data1

    #--------------------
    # fstab の修正
    #--------------------
    #バックアップ
    cp /etc/fstab fstab.org

    #自動でマウント(データ格納用の設定)
    (
        cat fstab.org;
        echo -e '/dev/sda3\t/srv/data1\text3\tauto,noexec,nodev,noatime\t1\t2';
    ) \
    > fstab.new

    #確認
    diff fstab.org fstab.new

    #反映
    cp fstab.new /etc/fstab

    #確認
    mount -a
    mount
    ls /srv/data1/

    #--------------------
    #管理グループに属するユーザが書き込みできるように設定
    # (注:もっと良いやり方が無いか、調査する必要あり。)
    #--------------------
    addgroup sambaadmin
    chgrp sambaadmin /srv/data1
    chmod g+ws /srv/data1

○Samba サーバのインストール
    #パッケージを最新の状態に更新
    apt-get update
    apt-get upgrade

    #Samba サーバをインストール
    # (注:「Workgroup/Domain Name」以外、デフォルト。)
    apt-get install samba

    #--------------------
    # smb.conf の修正
    #--------------------
    #バックアップ
    cp /etc/samba/smb.conf smb.conf.org

    #共有ディレクトリの情報を追加する
    # (注:余分な設定を削除することを検討する必要あり。)
    (
        cat smb.conf.org;
        echo '#myuser -->';
        echo '[Data1]';
        echo ' comment = Share Data 1';
        echo ' path = /srv/data1';
        echo ' browseable = yes';
        echo ' writeable = yes';
        echo '#myuser <--';
    ) \
    > smb.conf.new

    #確認
    diff smb.conf.org smb.conf.new

    #反映
    cp smb.conf.new /etc/samba/smb.conf

    #設定のチェック
    testparm

    #Samba サーバを再起動
    /etc/init.d/samba restart

    #--------------------
    # テストユーザの追加
    #--------------------
    #ユーザを追加(OS)
    useradd -m myuser

    #ユーザを追加(Samba)
    # (注:後でパスワードを変更するときは、
    # smbpasswd myuser
    # を実行する。
    # )
    pdbedit -a -u myuser

    #グループに追加(OS)
    gpasswd -a myuser sambaadmin

    # Windows から
    # \\oms\data1 または \\192.168.11.10\data1 に
    # 接続できるか確認する。
    # (ユーザ名が異なる場合は、「異なるユーザ名で接続」する。)
    # ファイルを新規に作成できるか確認する。

    #--------------------
    # テストユーザの削除
    #--------------------
    #ユーザを削除(Samba)
    pdbedit -x -u myuser

    #ユーザを削除(OS)
    userdel -r myuser

○備考
    1. ファイル名が日本語の場合、Windows 側では問題ないが、
            Linux側では日本語として表示されない。
            今回、Linux側で日本語のファイル名を扱うことは無いので、
            文字コードの設定はデフォルトのままとしておいた。

○参考
    ・FHS/3. root ファイルシステム - Pocketstudio.jp Linux Wiki
        http://pocketstudio.jp/linux/?FHS%2F3.%20root%20%A5%D5%A5%A1%A5%A4%A5%EB%A5%B7%A5%B9%A5%C6%A5%E0#content_1_46
    ・Filesystem Hierarchy Standard
        http://www.pathname.com/fhs/pub/fhs-2.3.html#SRVDATAFORSERVICESPROVIDEDBYSYSTEM

○更新履歴
        2007/11/09 作成

以上。
typodupeerror

日本発のオープンソースソフトウェアは42件 -- ある官僚

読み込み中...