パスワードを忘れた? アカウント作成

今週も投票をしましたか?

14112287 journal
日記

yosukeの日記: しーぼると。

日記 by yosuke

https://ja.wikipedia.org/wiki/ノート:フィリップ・フランツ・フォン・シーボルト#シーボルトの肩書きの適切な編集方法を教えて下さい

「the French geographer Philipp Franz von Siebold」っていうのは、シーボルトと民族学博物館についてやりとりをしていた、フランスの国立図書館地理学部門のジョマールの肩書が推敲中に混ざってしまっただけだと思う。

14106649 journal
日記

yosukeの日記: 他のものと同じくITなんざそんな大したものではないと思う。

日記 by yosuke

「率直にいうと残念です。もともと、webデザイナーは法律に疎いのかなという印象はあったんですが、その印象がより強くなった」

14022661 comment

yosukeのコメント: Re:やっぱり (スコア 1) 2

by yosuke (#3699897) ネタ元: Canceled.

何かあれば何かたくさん出てきます。大きな何かがあればよりたくさんの何かが出てきます。
重要なのはたぶんそこではなくて、いずれにせよ何らかの判断はしなければいけなかったわけです。問題は、終わった後に多くの人が「よかったよね」と思ってくれるかどうかです。有効な回避策があったともあまり思えませんが、それでもある程度不手際には違いないので、批判はやろうと思えばいくらでもできます。でも、経済的なマイナスがないのであれば、あとは大多数の人が盛り上がった大会だったと思ってくれれば、何とかなります。ワールドカップの目的は資金調達と文化の発展です。そしてそれは、まだまだ先の決勝戦までの今後の盛り上がり方にかかってくるんだと思います。
あと、批判の最先鋒はスコットランドで次にイタリアなのですが、イタリアはなかなかスッキリしないですが、そうは言ってもそこまでではない感じです。スコットランドは、タウンゼントの健忘症を指摘したうえで、日曜日の試合が開催できればそれでおわりです。あれは敗退するかもしれないというプチパニックでしかないので。そうじゃないというなら、前回のスケジュールに触れずに、最近になって中3日に不満を言ったのは愚策だよね、と思います。エディにも「プール敗退するのは早めに勝点確保していない自分たちのせい」とか言われていました。まあエディが正しいわけでもなく、たまたまスケジュールが有利か不利かという話でしかないですが。
なお、国外報道でくくるものでもなくて、エディの日本人から見ても能天気で楽しそうな会見の記事の方が先に出ましたし。何にせよ、日曜日の試合をあらゆる努力で開催して、その上で盛り上がりを継続することです。そして、大会が終わった後の評価を待つだけだと思います。それがどちらになるかはわからないですが。未来のラグビーのためには何とか盛り上がってほしいのです。

14021947 journal
日記

yosukeの日記: Cancelled. 2

日記 by yosuke

・安全最優先。
・保険があるので経済的なインパクトはない。
・リスクは把握していたので後悔はない。
ものすごく残念だけど、台風には逆らえない。簡単な決断ではなかったとのことだけど、英断なんだと思う。とりあえず、引き続きもっと盛り上げていくしかない。
# イタリアだけは少しかわいそうだけど。あと、全額返金とはいえプライスレスなチケットを持っていた人たちも。

14013284 journal
日記

yosukeの日記: アイルランド戦。

日記 by yosuke

4年前と同様、全く予見できなかった。何かあるならスコットランド戦だと思っていた。先週の双方の試合を目の当たりにしたばかりだったし。
あとは、とりあえずサモアには勝ったうえでシード権を確保して、スコットランド戦に全力。
アイルランドはすでにBP+2だし、スコットランドがサモアやロシア相手にBP取れないわけでもないし、直前のPNCの結果からすると、通常だと日本はサモアには勝てるだろうけど、BP取れるわけでもない感じだし、やっぱり前回同様、スコットランドに勝たないとプール2位以内はないと思う。例えサモアからBP取れても、アイルランドはスコットランドと日本からBP取ったから上に行くだろうし、スコットランドもロシアとサモアからBP取ったら、結局直接対決の勝敗になるんだよね。7点差以内負けのBP+1はあるけど、そんなもの引き分けと同様に狙えるものじゃない。

typodupeerror

私は悩みをリストアップし始めたが、そのあまりの長さにいやけがさし、何も考えないことにした。-- Robert C. Pike

読み込み中...