パスワードを忘れた? アカウント作成
626613 journal

yosukeの日記: Colin Pillinger:On Beagle 2 and the Search for Life on Mars.

日記 by yosuke

Beagle 2計画責任者、Colin Pillingerに対するインタビュー。
Beagle 2に対する報道がほとんどなくなった中で、彼が今何を考えているのかわかる機会は貴重である。
質問にはなかなか厳しい物もあるが、そのおかげで、読むとなんとかしてもう一度という熱意が伝わってくる。
松浦氏は"今の日本の宇宙開発に糸川氏のような人材はもう必要ない"という意見のようだが、このような人材が必要とされる場面はまだまだたくさんあると思う。実際、早いうちにのぞみをもう一度という意見なら、必要性を感じるんじゃないのかなぁ。
まあ、こんな人物ばかりだと、どんなプロジェクトも破綻しそうだけど。

一問一答
Colin Pillinger: Beagle 2と火星の生命探査

英国オープン・ユニバーシティの惑星・宇宙科学部長であるColin Pillingerは、昨年Mars Expressで火星に運ばれたBeagle 2の計画責任者である。Beagle 2 は安全に着かなかったが、プロジェクトの先頭に立ったPillingerは、様々な全く異種の興味、組織、人々を実現に向けて根気づよくまとめ、イギリスの宇宙計画に国の威信を沸き起こし、今も国中の反響を呼んでいる。この一問一答はA.J.S Raylによって行なわれた。

Q: 宇宙ビジネスの中や周りで働いている者で、' 勝利の感動と敗北の苦悶'を知らないものは誰もいません。-- 失敗の影響の中で、今どんな気持ちですか?

A: シシュフォス-- 転がり落ち続ける石を丘に押し上げる罰を受けている男 -- みたいなものだ。しかし、私は上に達するつもりだ。

Q: これにすべての慰めを与えてくれるような物や人がいますか?

A: NASAにいるコインの両面を何度も経験した人物から手紙をもらった。彼はChurchillがイギリスの暗黒時代に言ったことを思い出させてくれた:"終わりじゃない"。終わりの始まりですらない。これはたぶん始まりの終わりなのだ。

Q: 私達は、なぜBeagle 2が火星に安全に着かなかったのかということに関して、2つの初期仮説を聞きました: 1) 大気が - Mars Exploration Roverのチームも検出したように - 予想より低密度だった、もしくは、2)Mars Expressから離れるときに、何か不運なことが起こった。最前線では何か新しい話がありますか?

A: いや。これらは我々の見解として残っており、我々はより多くの情報を手に入れようと試み続けているところだ。NASAは、もはや現在の大気モデルに信頼を置いていない、と明白に言い切ったので、大気抵抗が充分ではなかった可能性は真剣に考えられている。

Q: 何週間か前、Michael Malinは、Mars Global Survayorに載っているMars Orbitoal Cameraで撮影した、Beagle 2が写っているかもしれない画像を公開した。これに対するあなたの考えは?

A:このような画像は非常に周到な精査を必要とするし、確認のためには同じ位置を撮影した複数の画像も必要となるだろう。私は一足飛びに結論を出そうとは思わない。
あれはカメラから産み出されたものだとMichael Malinは思っている、と私は考えている。我々は、この画像や別の火星からの画像にまだ取り組んでいる。

Q: ということは、MOCでの捜索は続けられるのですか?

A: Malin は非常に寛大な援助を行ってくれたので、Beagleプロジェクトは非常に感謝している。私は、彼がそれを終わりにしたとは聞いていない。彼は、我々と同じくらいBeagleを見つけることに熱心であり、割けられるだけの時間を割いてくれている。

Q: 2つの調査-- 1つはBeagle 2チームによるもので、もう1つはESAによるもの -- が進行していることは知っています。しかし、搭載機器のテレメトリなしで、何が起きたのかを正確に知ることが本当にできるのでしょうか?

A: Beagleチーム[メンバー]は、再び飛びたいと思っているので、全てをクロールしている。我々は、達成しようとしたことをなぜ達成できなかったのかということについて、技術的な答えを見つけたい。

テレメトリはいつでも議論となっている。しかし、我々が我々自身の調査でできることは、'もし今このミッションを実行中で我々が意思決定者であるならば、どのようにしてリスクを最小化すべきか?'と自身に問いかけることで、プロジェクトの全てを確認することだ。我々が考えた戦略は、我々がもし真っ白な紙から始めて、誰も'これとこれとこれに従え'とは言わなかった場合に行うであろう方法だろうか。それが我々がしようとしていることである。

今、公式調査は違うことを試みているかもしれない。しかし、私は、公式調査は他のいかなる調査とも同じ前提 - 何を学ぶことができるのか? - を持っていると考えている。それは、調査委員会委員長[ESA調査官Rene Bonnefoy]が説明した方法だ。次回はどれくらいうまくやれるか?

その場合、2つのチームは同じ目的に向かっている。しかし、彼らはそれを公式の理由のために行う。我々には動機に基づいた理由がある。我々はこの宇宙機を火星に連れて行きたい、なぜなら、我々の得た科学知識は、いままでと同じくらい強力であり、まだ競争できるものであるからだ。

もう一つの議論は、ESAは加盟国に提案し資金を得たい長期計画 -- Aurora計画 -- を持っていることだ。もしその計画を承認してほしければ、リスクを避ける必要がある。リスクを避ける方法は、いくつかの先導的な計画を進めることである。BeagleはAurora計画に不可欠な先導的なプロジェクトだ。それがやり方だ

Q: 前回お話ししたときに、あなたは、無条件のサポートの欠如がBeagleの成功/不成功に関して大きな役割を演じることに気付いていました。そのことについて詳しく説明してくれますか?

A: 私が今回のことから学んだ主な教訓の1つは -- 火星に行って着陸したいと思っても、それは難しいということだ。それは今となっては自明である。しかし、ミッションでの優先順位がなければ、もっと難しくなってしまうのだ。今はここには不満を言うものは誰もいない。我々は最初からそれを理解していたし、Mars Expressを軌道に投入することが優先であることにも気付いていた、なぜならヨーロッパはまだ惑星探査ミッションを行ったことがなかったからだ。もし我々が着陸機を火星に降ろすことができれば、それはボーナスであるという理解は明白だった。

そう、我々はリスクを知った上でそれを行った。火星に行くことは、科学コミュニティ -- そして子どもや未来の世代のエンジニア -- にとって刺激的であり励みになるので、我々はそのリスクを負う準備ができていた。リスクの少ないプロジェクトを行うべきだった、と考えている人間は、誰にも何にも影響を与えることはないだろう。我々はそれを知っていた。

学んだ[最初の]教訓は、今はMars Expressミッションが成功しているので、将来火星に着陸したいのであれば、着陸を最優先にするよう進言し、その精神を持つべきであるということだ。

第2のポイント:次の線に沿って考える必要がある。 - どのようにして着陸のリスクを絶対的に最小にするか?たぶんNASAがやったことが助けになるだろう - 彼らは2機の着陸機を持って行ったのだ。

第3のポイント: 何をするのであれ、するかどうかをできるだけ早く決定するべきである、それによってリスクを避けるための時間を作れるからだ。もし意思の決定を行わずに'もしかしたら - 'などと言い続け打ち上げ日が近づくと、どんなリスクをでも避けるための時間がなくなってしまう。そこでその場しのぎの策をとるのは、宇宙プロジェクトの方法ではない。すでに充分すぎるほどリスキーなのに。

Q: つまり、着陸専用ミッションが、イギリスの火星着陸にとっての核心だと考えているのですか?

A: 次の機会には、我々が制御下に置き、それを成し遂げなければならないと思っている。それがいくらかのリスクを取り除く方法である。専用ミッションであることは非常に重要である。

Q: もし誰かが、もう一度'ヒッチ・ハイク'を行う機会を提供してきたら、それを辞退しますか?

A: いや。私は断るとは思わない、なぜなら我々は驚くほどの量のことを今回のヒッチ・ハイキングから学んだからだ。機会を得ることによってのみ、学ぶことができる。家に籠っていることは、'エベレストを登るパーティを率いる準備はできている。でもリスクがある'と言うようなものだ。自分自身にこう言うべきだ -- '行きたいか?'リスクはわかっている、しかし家に籠ってそれをテレビでみるつもりはないだろう。だから、そう、我々は提供を受ける。そう、リスクはあるが、我々はベストを尽くしてリスクを最小にする。

Q: リスクを避けることについていえば -- 前回のイギリスでの'暖炉前のお喋り'では、惑星を跳ね回る代わりに、着陸してそこで止まるいわゆるデッドビート・エアバッグに切り替えたことについて話しました。詳細を読者に説明してもらえますか?

A: 我々のリスクの1つはエアバッグに関わっている。我々は何度でも試験をしたいと思う。我々の主張は、デッドビート・エアバッグについてはたくさんの知識があり、跳ねる種類のものと比べて試験が簡単であるというものだ。跳ねる種類のものの本当の問題 -- 私は何回も見たが -- は、着陸機が次にどこに跳ねるかわからないことだ。私にすれば、それはかなりの未知数だ。そのような未知を取り除けるのであれば、賢明な方法をとらなくてはならない。

Beagleに関してということであれば、我々は小さな着陸機について話している。デッドビート・エアバッグ・システムが、MERのような大きなものに対してうまく働くかどうかはわからない。しかし、30kgの荷物を着陸させるだけであれば、自信を持たせてくれる。

Q: 財政的な制約は、どの程度プロジェクトに影響がありましたか?

A: 誰もがもっと多くの資金を使おうと思えば使うことができる、しかし、知っておくべき最も重要なことは、始めるためには充分な資金があるということだ。これは、またもや非決定の問題だ。もし、[プロジェクトを]完遂することができない、と人々が考えれば、彼らは資金を提供せず、目標はさらに遠ざかる -- それは危険な循環である。

Q: イギリス会計監査院は数週間前にレポートを出しましたが、それは部分的に批判的でした。'死んだ馬(この場合は死んだビーグル犬かも?)を打ち'続ける人にどのように答えますか?

A: 実際のレポートはBeagleプロジェクトを批判していない。それはほとんどペーパーワークがしっかりしていなかったことを批判している。考えてもみてほしい -- '申し訳ないが、これはペーパーワークじゃない。火星への着陸についての挑戦なんだ。'

皆は、我々が頑張ればできるのだと我々が納得させたので、このプロジェクトを支援してくれた。ペーパーワークをしてくれた人は、時間の許す限りのベストを尽くしてくれた。全ての書類が、正しい順序で提出されたかどうか確認する時間はなかった。もしそうしていたら、我々はまだオフィスに座ったままで、何もしていなかっただろう。今はそこから5年以上も進んでいて、我々は宇宙探査が重要であることを国が信じるようにさせた。率直に言って、私はペーパーワークが正しい順序で行われたかどうかを気にしない。

Q: あなたはしようとしたことのリスクを充分に説明しなかった、と主張する人々にはどう返事しますか?

A: 我々がリスクを説明しなかったと主張する人は、誰であれバカである。我々は実際に試験の様子を撮影し、彼らに見せた。だから、ここにきて我々がリスクがあることを説明しなかったという人は気がふれている。

Q: Beagleが成功しなかったという事実にもかかわらず、あなたは挑戦することによって、いくつかのことを成し遂げました。いくつかの教訓については聞きましたが、他に何かありますか?

A: このミッションによって達成したことの1つで、これに関わらなければ達成できなかったことについて話したい。我々はイギリス人の70%がこういう質問をしていることを示したのだ:なぜイギリスは宇宙に行っていない?我々は、突然それができることに気付き、今はそれが気に入っている。エキサイティングだ。やる気が出てくる。我々はもう少し利用できた。そう、メッセージはかなり明確である。

Q: この70%の図はイギリスの世論調査の結果ですか?

A: ええ。それは最近ここで行われた調査だ。有名な[調査]会社であるMORI[Market and Opinion Research International]によって行われたものだ。

Q: Beagleの効果やBeagle世代についてのあなたの考えを聞かせてください -- このプロジェクトが若者の興味を引き、それを彼らが成長するまで何年も続き、彼らが科学の道を選ぶことがあると思いますか?言い替えれば、Beagle世代はこのインスピレーションを持ち続けますか?

A: いいアナロジがある。我々が戻ってくることができればそれは持ち越され、Beagle世代は2007年に我々が行うことを見るだろう。私がなぜそう考えるのか?4年ごとのサイクルで多くのこと -- ワールド・カップ、オリンピック、そして他のイベント -- が行われているからだ。

つまり、第1ラウンドで銀メダルか銅メダルをもらって帰ってくる。国はこう考える -- 'まあ、こいつはそう悪くなかった。次は金メダルをとるチャンスがあるだろう'。そうすれば彼は資金提供とサポートを得る。しかし、彼が家に帰ってこう言ったらどうだろう:'申し訳ないが、私には次のチャンスはない'、彼は何も得ることはなく、それで話は終わってしまう。またはこう言ったらどうなるだろう:'トレーニングが充分ではなかったことに気がついた。あと10年はトレーニングする必要がある'、そうしたらみんなこう言うだろう:'やめてしまえ。やめてしまえ。チャンスがあったのに自分で吹き飛ばしてしまいやがった'。

もしBeagle効果が続いてほしければ、そこに行ってこう言うのだ、'我々には別の機会があって、それを常識的な時間のうちに行うつもりだ'。そして、常識的な時間とは4, 5年のことだ。付け加えると、もしそれが着陸専用ミッションであるなら、我々はホーム・アドバンテージを得るだろう。

Q: Beagleの失敗の影響として、どのくらいのイギリス、ヨーロッパの人々があなたがたに反応したでしょうか?

A: 街の人は信じられない形で答えた。我々が達成しようとしたことに対する批判はなかった。思うに人々は、我々が関わっているこの宇宙ビジネスについて、自分は自分の範囲をしたと信じる傾向にある、いままではそんなことは信じていなかったのに。私の生活がどのようなものか知らないだろう。私はそれに値しないが、名声を持っている。フランスのカンヌでタクシー待ちをしていたとき、誰かがやってきてこう言った、'火星にBeagleを降ろそうとしてる人?'

その人が来る前にこれから起こることに気付いてしまうので、きまりが悪くなるような人も中にはいる。しかし、我々がしていることを科学コミュニティと一般に広めることにした。人々が火星に行くことは重要だと信じるまで、私はこれは重要だと言うことにした;つまり、私はこの点でのリスクは受け入れたし、私が科学者やエンジニアが欲しがるものを届けることができると思っているから、それを受け入れ続けるだろう。2度目の機会のために。

Q: ESAのBeagleの沈黙に対する反応はどうですか?

A: ESAには我々を助けてくれた協力なサポーターがいて、彼らの中にはそれをずっと見続けなければならないと考える人もいる。そして、一般からの火星着陸に挑戦することへの反応をみて、彼らは人々は失敗を許してくれるであろうということを信じている。

我々が[投資]金のうちのいくらかを報いることで、資金提供を得ようとしていたことを思い出してほしい。監査院がそれを見たかどうかは疑問だが。資金提供を得ようとするときの問題の一つは、資金提供を頼む相手が一般の人々の反応を前もって読むことができなかったことである。これは資金提供ビジネスなのだ。

最も簡単な例は、多くの金を引きつけるモーターレースである。それはぶつかって燃え上がるスポーツで、人々はそれを見ているし、スポンサーは自分たちの金のいくらかが煙になってしまうかもしれないことを理解している。しかし、スポンサーの名前はカメラに写る位置にある。我々がかつて資金提供を頼んだ人の誰もが、宇宙ミッションが失敗したときの人々の反応を読むことができなかった。そして、あなたも気付いているように、彼らは間違っているのだ。

Q: それは、彼らには、あなたが失敗したときの人々の反応がわからなかったから、彼らがリスクを避けたという意味ですか?

A: 彼らには、人々がどのような方向に行くのか、良い結果になるのか読むことができなかった。しかし、皆がBeagleが世界の中心になるのを実際に見た。確かに、我々は、メディアの報道による広告効果からくる資金提供の価値を -- 封筒の裏で正確に -- 計算し、-- 名前が何度一般の目に触れるかという評価を行って -- 2億5千万ポンドの価値があるという結果を得た。つまり、Beagle 2のブランドとしての価値は2億5千万ポンドである、というのが我々の資金提供者へのメッセージだ。

Q: それは、あなたが前に気付いていた、2003年12月17日から2004年1月31日の間の3,619本の新聞記事に基づいたものですか?

A: これは多くのものに基づいていて、3,619本の記事も含んでいる。今はほぼ3,900本になっているが。それと、web、TV、ラジオでどれだけ言及されたかは、記録がないので評価することは不可能だ。

Q: 我々がここで目にしたものは、あなたが確かにイギリスとヨーロッパのメディアのサポートを受けているということです。その点では、とにかくアメリカでは、小さな業績すら --

A: 確かにそうだ。1月6日にMars Expressが頭上に初めてきて、信号を捉えようとしていたとき -- Mars ExpressはBeagleを見つけられなかったと伝えなければならなかったとき、あの冷淡なジャーナリストたちが唇を噛み締めていた。

Q: -- Beagleと同じ技術の着陸機を -- いつ頃になったらもう一度飛ばせると予想していますか?数週間前、あなたは2007年と言っていましたね。その'アピール'に対する反応がありましたか?

A: 誰かがやってきて、小切手帳を開いたかと言う意味なら、答えはノーだ。私は2007年にもう一度飛ばすことを期待しているが、そのためには人々を揺さぶる時間がもう少し必要だ。

Q: それについて楽観的ですか?

A: 私はBeagle 2を作るのにどのくらいの期間がかかったかを知っているし、従って、2007年の打ち上げまでのタイムスケールで、我々に何ができて何ができないかを知っている。それは完全に考えられることで、だれかがこう言うのと同じことだ。'あなたが言った通り、これをすることができた'。また、[ESAのAurora計画で]2009年にもっと大きなものを火星に着陸させるために打ち上げるという、非常に奇妙な状況の中での我々自身の役割を探している。これは完全に未知数だ。もっと小さなものを火星に着陸させることができるということを見せて、リスクを避ける必要がある。

Q: 完璧な世界と、たぶんそう完璧ではないこの世界の中で、あなたは2機のBeagleを火星に向けて送り出す機会を持ったとして、彼らをBeagle 3, 4と呼びますか -- それとも、かつて言ったように彼らはまだBeagle 2なんでしょうか?

A: 彼らはまだBeagle 2 である。私は彼らをBeagle 3やbeagle 4と呼ぶ準備ができていない。正直に言って、3機の着陸機に挑戦するべきだと言いたいんだが、管理するのは2機が限界だろう。

ネットワークを欲しがっている科学者がいて、-- われわれは挑戦できるし提供もできると思うが -- 3機のBeagleを降ろすことは、彼らにとって有益だろう。

Q: 惑星内部と大気を調査することに焦点を当てたNetLanderコミュニティ -- 2007年に火星に4機の着陸機のネットワークをつくる計画 -- について言っているんですか?

A: それはヨーロッパの多くのサポートを得ているし、そのコミュニティを我々の船に乗せる意味はあると私は思う。

Q: あなたはまた生命体を探す機器を持って行きますか?

A: どう思う?Beagle 2で最も重要なことは、質量分光計による生命探査能力だった。それは最初に載せるもので、最後に外すものだ。

Q: もしNASAがきて、Beagleを彼らの次の火星ミッションの1つにしたいと提案したら、その可能性を考慮しますか?

A: なぜしないんだ?私はBeagle 2をもう一度飛ばすあらゆる提案に対してオープンだ。次回のラウンドのために、我々を地球から火星に連れて行ってくれるロケットと乗り物を探している。前回はESAのミッションがあり、我々はそれに乗る機会を得た。もし誰かがまた便宜を図ってくれるのであれば、疑いもなく我々は全員がテーブルの周りに座り、こう言うだろう:'見てくれ、我々は着陸機を着陸させたい、そしてこれがそのための方法だ'。NASAであろうがロシアであろうが中国であろうが日本であろうがESAであろうがそうする。-- もし自分自身でロケットを飛ばさなくてはならないとしても。

Charles DarwinのH.M.S. Beagleがずっと私のインスピレーションであることを知っているだろう。しかしDarwinが行ったのは2度目のBeagleの航海だった。[英国海軍の]Robert FitzRoy船長は、さらなる航海で南アメリカに行くだろうという予想をしていた最初の航海から戻ってきた。政府は彼を冷遇した。時間が流れても、彼は任務を命じられなかった。だから、彼は出かけて行って自分自身の船を雇った。FitzRoyは実際にJohnという名前の船を雇い、南アメリカに行き、彼が開始した調査を続けようとした。しかし、そのとき政府が態度を変えて、'たぶん結局は公式の調査をすることになる'と言った。そこで政府は態度を和らげ、彼に資金とBeagleを与えた。学ぶべき教訓がどこかにある。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

※ただしPHPを除く -- あるAdmin

読み込み中...