パスワードを忘れた? アカウント作成

yutarineさんのトモダチの日記みんなの日記も見てね。 アカウントを作成して、スラドのモデレーションと日記の輪に参加しよう。

13207048 journal
日記

yutarineの日記: 国語力の低下を感じる…

日記 by yutarine

何かを訴えかけることの言葉を探していて、「そ…」まで出かかってたけどそこからなんだったかが思い出せない。
「訴追」だったっけ?と思ったけど、それは意味が全然違う…。
じゃあ「追訴」?ってそんなわけもなし…。

類語辞典で適当に調べたら「訴求」というのが出てきた。なるほど、確かこんな言葉だった。
他には「説得」とか「アピール」とか状況によってあれこれ。

しかし、思い込み知識で「それ世間に訴追できそうな意見なの?」とか言わなくてよかった…。あぶないあぶない。

13205047 journal
日記

yutarineの日記: がんもどきみたいなのでもいいじゃないか… 7

日記 by yutarine

何が使われてるか分からないがそれっぽい形をしてるのを何も知らされないで食べるより、始めから「もどき」と名乗ってるのを
「もどき」だと認識して食べてた方がよっぽどマシなんじゃないだろうかと…。

なんてことを食品偽装やらフェイクニュースやらの話を聞く度に思ったりもする。

13203896 journal
日記

yutarineの日記: キーボードから特殊文字を入力する方法のあれこれ(昨日の日記の続き) 5

日記 by yutarine

英語圏の人は特殊文字をどうやって入力してるんだろう? | yutarineの日記 | スラド
の続きで、もうちょっと調べてみると、WindowsではAlt codeという入力方法が使えるそうな。めんどうそうなのでAlt codeについてこれ以上調べるのは保留。

それと昨日の日記にAltGrについてのコメントを頂いたのでUbuntuで試してみたけど、なかなか上手くいかず…。
使っているのは英語キーボードで右Altキーもあるのだけども?検索してみてもAltGrと右Altは同じとかなんとかいう記事を見かけたけど、ホントに同じなんじゃろか?と疑心暗鬼。
で、あれこれ試していたところfcitxの設定で入力メソッドとしていろいろキーボードを設定できることを思い出す。
「キーボード - 英語(US) - 英語(国際AltGrデッドキー)」
というのがあるのでこれを追加して選択すると、右AltがAltGrとして機能した。
fcitxではなく、デスクトップ環境の設定でも同様にキーボード設定をAltGrのモノに選択することでも出来ました。
そりゃちゃんとシステム側でも設定してないと使えませんよね、というのを実感。
他の言語を使ってる人達がどうやって独自の文字を入力してるのかが垣間見えたような気もする。

さてAltGrが使えるようになっても、自分の場合はそんなに使う必要が見当たらないという…。結局、この方法だと使えるようになる文字が限られるので、使うとしたら昨日の日記で書いたCompose keyを使う方法と文字マップツールの併用になるかなぁ。
Compose keyでどのような文字が入力できるかは以下のページとかが参考になるかと。
GtkComposeTable
AltGrで使えるようになる文字は以下のページとか。
AltGr key

とりあえず今回調べたことを活用するなら特殊文字は文字マップツールで調べながら使い、結構使う頻度が高い特殊文字についてはCompose keyによる入力で作業効率を上げるとかになるかしらねと。

13202375 journal
日記

yutarineの日記: 英語圏の人は特殊文字をどうやって入力してるんだろう? 2

日記 by yutarine

パソコン初心者だったころ、Wordで文書を書いてるときに℃とかμとか下付きの数字「3」の入力の仕方が分からずに手こずっていた。
特殊文字ツールやらWordの機能やらでなんとかひねくり出してやりくり。

それから少しばかり上達してくると、大体は日本語入力から入力できるようになってきた(IMEで入力しやすいよう割り当てたりして)。
この頃あたりから、「英語圏の人はIMEとか使わないで直で入力してるんだろうけど、どうやってるんだろう?」という疑問を覚える。
けどまぁ自分には関係ないので、疑問はすぐに霧散。

しかし、その後も特殊文字の入力で手間取るとふとその疑問が脳内に湧き上がってくる始末。
その度に結局考えるのも面倒なので、再び霧散。

で、最近ふとしたことで温度について調べてるときに「℃」の表記は英語圏では「°C」(°とC)と表すという記事を読む。あー、そういえばそんな感じだったなぁというのを思い出した。
で、そこからいろいろほじくって調べてみると、どうやら Compose key とやらを使えばキーボードのみで「°」は入力できることが分かった。
「はて?Compose keyってどのキーのことだろう?」と思って調べてみると、特にそんなキーは無くて使わない空いてるキーに適当に割り当てるそうな。

それでUbuntuのキーボード設定をあれこれいじくって右SuperキーをCompose keyにしてみた。
してみたけど、何をどう打てばいいのか分からない…。困った。
あれこれ調べてみると、Compose keyを押した後に続けて2つほどキーを入力すればいいとのこと。
「°」だとCompose keyを押して(離す)、その後に「o」を押し離し、「o」を押し離す
「±」は同じ要領でCompose key、+、-
その他、簡単なのはCompose keyに載っている。
一覧表はかなり膨大なので普段使うのだけ覚えて使えば良さ気。
½, Å, ₃, ŭ とかすぐ出せるようになった。

ただ日本語の文書では「℃」は1文字の方を使った方がいいだろうし、HTMLだとタグで文字修飾する場合もある。そこはTPOに応じた使い分けになるかな?
使えるからといってなんでもかんでもごちゃまぜで使うと後々面倒になるし、どこかに提出したり共同で使う文書の場合も注意が必要だし。

とまぁ、これでやっと「英語圏の人は特殊文字をどうやって入力してるんだろう?」という微妙に気になる謎はそこそこ解けたと思う。
キーボード使わなくても文字マップツールとかもあるわけだし。
一歩前進。

こちらの方の日記には他の入力方法についても書かれていて参考になりました。
キーボード配列の設定変更(また続き) | numaの日記 | スラド

13199267 journal
日記

yutarineの日記: 風向きと16方位のお話

日記 by yutarine

たまには風向きでも眺めてみようかと思って、気象庁の観測データを眺めていた。
2017年03月19日 東京(トウキョウ) 毎正時の観測データ
北北西とか西南西がどっち向きの風かいまいちイメージしにくい。ちょっと考えればわかるからいいのだけど。

で、どうも気象庁では風向きの方角を表すのに16方位(もしくは36方位)を採用しているそうな。
気象庁 | 風向風速計/観測の原理

うーん、そういえば方位に関しては小学校や中学校で習ったような習わなかったような…?(記憶が曖昧)
Wikipediaの記事を読んでみるとなんとなくは分かる。
方位

分かるのだけど、どうも規則性がよく分からない。
北北西とはいうけれど北西北ではないのはなぜか?
西南西とはいうけれど南西西ではないのはなぜか?なんだったら西西南でもよくない?とか。

というわけで、おそらく方角の名前については規則性があるんだろうと思って考えてみた。
まずは4方位について
| 北 | N |
| 東 | E |
| 南 | S |
| 西 | W |
4方位だと方角は単独で使うので規則性もへったくれもなく、そのまんま。

次に8方位について
| 北 | N |
| 北東 | NE |
| 東 | E |
| 南東 | SE |
| 南 | S |
| 南西 | SW |
| 西 | W |
| 北西 | NW |
8方位になると、4方位の中間の方角が登場する。ここで方角を合成するときの規則が見えてくる。
北東の場合は北が1文字目に来て東は2文字目。東北とはなっていない。
南西については南が1文字目で西は2文字目。西南ではない。
以上から8方位規則をまとめてみると、以下の優先関係が見て取れる。
N > E
N > W
S > E
S > W
北(N)、南(S)が優先される。なぜそうなったかは方位についての歴史的経緯を考えてみるのもおもしろそうだけど、めんどくさいので今回はスルー。

さて本題の16方位について考えてみる。
| 北 | N |
| 北北東 | NNE |
| 北東 | NE |
| 東北東 | ENE |
| 東 | E |
| 東南東 | ESE |
| 南東 | SE |
| 南南東 | SSE |
| 南 | S |
| 南南西 | SSW |
| 南西 | SW |
| 西南西 | WSW |
| 西 | W |
| 西北西 | WNW |
| 北西 | NW |
| 北北西 | NNW |
では16方位について3つからなる方角についての規則を考えてみる。
「北北東(NNE)」は 「北(N)」と「北東(NE)」の間。NNEとNENのどちらかが考えられる。
8方位の規則を適用すると1文字目規則からNが1文字目となるため、必然的にNNEに決定される。
このことから1文字目がNとSの場合が決定できる。これにより以下の方角が決まる。
NNE, NNW, SSE, SSW

では残り
ENE, ESE, WSW, WNW
はどう決定されるているのかを考えてみる。まずE、Wが1文字目に割り当てられ、それに残りの方位がくっついている。
つまり1文字目がどう決定されるかは
E > NE
E > SE
W > SW
W > NW
という関係。8方位で登場した2つで表す方位よりも4方位の東(E)と西(W)が優先される。

で、まぁなんとなく規則っぽいのは掴めたので、実際に方角を考えるケースに当てはめてみる。
「北(N)」と「北東(NE)」の間の方角については、まず「北」が1文字目に来てそれに「北東」が続き「北北東(NNE)」となる。
「北」と「南」が優先されるのを踏まえれば、比較的楽に割り出せる。
単なる3つの方位の合成ではなく、「1つ+2つ」の方位からなるというのも踏まえておくと混乱しにくいかと。

次に「東北東(ENE)」について考えてみる。
この場合も「1つ+2つ」の方位で考えて、まず1つの方位を先に当てはめる。すると残りも決まる。
「東(E)」と「北東(NE)」で「東北東(ENE)」。「北(N)」が優先されるとはいっても「北東(NE)」の場合には「東(E)」が優先される。

なるほどなるほど。もうちょっとまとめれば良くなりそうな感じにはなった。

# 長々と書いてきたけど、8方位や16方位の起源とかは調べてないのでこの規則で合ってるかは保証できませんですはい(:p)

13193006 journal
アニメ・マンガ

yutarineの日記: 新解釈 : one for all, all for one 4

日記 by yutarine

久しぶりに振り返ってキズナイーバー(約1年前に放送されてたアニメ)の1話を見てたのだけど、
キズナイーバー 第1話 一目あったその日から、絆の花咲くこともある - ニコニコ動画
「one for all, all for one」の意味について「一人はみんなのために。みんなは一人のために」ではなく

「一人はみんなのために。みんなは勝利のために」

(21:30あたりから)
と言っていた(というか初見のとき聞いてたはずだけどすっかり忘れていた)。なるほど最後の「one」を「勝利」と訳したのね。

さて、それは結構有名な説なんだろうか?と思って、ググッてみると結構出てくる出てくる。
「みんなは一人のために」というのは「誤訳」で、「みんなは勝利のために」の方が「本当の意味」とか。

でも、これ「みんなは一人のために」の出典を検索してみると分かるけど「みんなは一人のために」というのは別に「誤訳」とかの類いではない模様。
「勝利」と訳す方は出典の作品の持つ意味からは離れて、「one for all, all for one」の英文自体の意味の「新解釈」と捉えた方がいいだろう。
最後の「one」の持つ意味をどう捉えるかという違い。

参考サイト : 「一人はみんなのために、みんなは一人のために」三銃士の中にでてくるが、その言葉の出典はどこからきてい... | レファレンス協同データベース

さて新解釈だとしても、その発信源も調べていたけどそちらはどうにもわからず。
すでに故人である某スポーツ監督が述べていたらしいが、出処がハッキリしない。
某企業社長のブログが発信源(2009年あたり)らしいのだけど、すでに記事自体が削除済み。
Internet archiveには残っていたけど、読んでみても確証が得られる内容ではなかった。

それでも由来はどうあれ、そういう解釈も出来るということでいいとは思う。
「みんな」というのは一つの目的(勝利)のために存在するという意識が明確になっている。
そして「みんな」というのも曖昧模糊なものではなく、目的意識を共有している仲間とも見なせるし。

さてキズナイーバー1話の始めの部分(1:20あたり)を振り返ってみると

「一人はみんなのために。みんなは一人のために」

というアナウンス放送が街中に流されている。つまり作品の世界設定の中では「みんな」という協調性があらかじめ規定されていると考えられる。
その中で「みんなは勝利のために」と解釈することで、協調性のあり方を改めて問い直すことを主軸に置いた作品なんだろうと思った次第。
作品自体ノリが軽いように見えるけど内容がエグくて個人的には結構好きだったので、また作品全体を見直してみたい。

13189435 journal
日記

yutarineの日記: 「今週のストーリーはハズレだったな」じゃなくてだな 2

日記 by yutarine

「アニメに限らずストーリー作品は次回への繋ぎの話数もあるんだから、そんな簡単にハズレ回とか言ってないで
ストーリー全体を見て評価するんだよ!」

という気持ちを持っていれば4月からNHK・BSプレミアムで再放送される「涼宮ハルヒの憂鬱」のエンドレスエイトも乗り越えられるはず…。
たぶん…、きっと…(´・ω・`)。
涼宮ハルヒの憂鬱:4月からNHKで“再放送”
NHKにSOS団参上! 「涼宮ハルヒの憂鬱」4月から放送開始、みんな大好きエンドレスエイトも

13180979 journal
日記

yutarineの日記: なんで科学的な話は人気がないのだろう? 4

日記 by yutarine

いや、大人気ですけどね、そういう界隈では。

でもどうも一般にはあまり人気がない様子。テレビや新聞だとたまに科学ニュースがあっても科学者の人物評価の話をメインにしちゃうし。
個人的には勉強の教え方に競争意識を持ち込ませ過ぎてるのと、競争社会において学歴が幅を効かせ過ぎてるのが科学を嫌いにさせてる要因だとは思う。

子供の頃から勉強全般が競争の道具になっちゃってるんだよね。特に数学とか科学は概念が理解出来たかどうかが大きくて、一度理解につまづくとその後ずっと理解できないままになりかねない。出来る子と出来ない子で差がハッキリ付き過ぎる側面が強い。

ポリティカルコレクトネスやらなんやらの文脈でポリコレ棍棒なんてのが言われてるけど、科学棍棒みたいなのもあると思うんだよね。
科学的な話かと思いきや、話をしている相手をやり込める目的として使われる感じで。
そんなつもりで話してなくてもヒートアップしてるとそんな感じで話しちゃったりするってのもあるだろう。
話している方が乱暴に話していなくても、聞いている方が過剰に反応してそう思ってしまう場合だってあるだろうし。

科学の理解度は人によって差が出やすいし、何か意見を言ってもすぐ科学棍棒で殴られるなんて状況だと、そりゃ嫌いになっていくだけなんじゃないかな。
それこそ分かったつもりになれる「感情的に共感が持てる科学的っぽい話」の方が求められるようになっていくのかなと。

なもんで、根本的には競争の道具になってしまっている状況をどうにか解消すればいいとは思うんだけど、学歴を軸とした競争社会である以上なかなか難しいだろうと思う。
お互いに競わせずにどうやって学力を上げるんだ?って話にもなっていくわけだし(←ここ一番難しいと思う)。
そこら中に科学の体験授業受けられる教室があるわけでもない。スポーツ大会に比べて、市民レベルの科学の賞というのもそれほど多くはないし。

実際、科学って「おもしろい」「役に立つ」だけじゃなくて「危険」ってリスクも含むから、そのへんの伝え方も難しい。

13175696 journal
日記

yutarineの日記: 共感性と組織の論理 2

日記 by yutarine

少し前に他の人の日記で共感性云々の話が出ていて、それを元に考えていたことがあります。
まぁ自分はそんなに共感性を持っていないと自覚はしています。へんに理屈っぽいとこがあるし。
で、考えていたことというのは、「共感できない」というのはなんの要素によって誘引されているかについてです。

自分の場合の話だと、個別の対人関係ではそれなりに共感を持つことは出来ます(当然、全く共感できない人もいる)。
しかし、多数の人が集まってる組織(職場とか地域コミュニティとか親密さが薄い知り合い関係とか)においては共感することがすごく困難になってしまいます。
ただ、全ての組織の中でまったく共感出来ていなかったかというとそうでもなく、まぁそれなりに過ごしやすい組織というのも少なくはありますが存在してました(←過去形ではないです)。
では、何が共感性を妨げる要素になっていたかというと、その所属する組織の論理が大きく関わってきてました。

まず最も大きな組織としては国家が該当し、その論理は憲法や法律といった形で明文化されています。
また明文化されていないものとして「常識」という規範意識?のようなものが存在します。それとハッキリと常識とは認識されない空気というものもあります。

さて、実際に生活するには国家だけでなく、多かれ少なかれ他の組織にも属することが要求されます。学校や職場、趣味の仲間や住んでいる地域や家族などが該当します。
各組織の中では独自の理念や常識、空気が存在しています。そしてそれらは国家のそれとはまったく別物であることが多いです。法解釈がぶっ飛んでいるところもあるでしょう。
国家の常識とか空気ってなんだよ?というのはありますが、まぁここでは大雑把にマスメディアに流れている情報からつかめるものと考えておくことにします。

複数の組織に属している場合には、その場その場でその組織の常識や空気に合わせた行動が要求されることになります。
そして複数の組織において全く別の常識や空気が存在している場合に、その都度うまく自分を変化させて合わせるといったことが必要とされます。
(どんな組織でもありのままの自分を受け止めてくれるようでしたら、それはすごく幸運でしょう)
また一つの組織の仲間が他の組織でも仲間であることもあります。そういった仲間の前でも果たして都合よく自分を変化させられるかということも問われます。

学校のクラスを例に取ると、表向きは仲が良いことが大前提となっています。ただ、その中で仲間内のグループができて、他のグループと険悪な関係になる場合も出てきます。
そうするとクラス全体でいるときはその険悪なグループとも仲が良いように振る舞い、仲間内のグループにいるときは逆に険悪なことを示すことが求められます。
つまり二重規範の中でうまく立ち振る舞うことが要求されるわけです。

そして、所属する組織が多くなればなるほど従うべき規範(理念、常識、空気、法解釈)が多くなっていき多重規範が突き付けられることになります。
規範同士が相反するのも当然のように発生してきます。

つまりなぜ共感性が持てないのかという問いの答えは、自分の場合はその多重規範が自己の中でうまく消化出来ないことによるのだと思います。
これは簡単に一言で言い表すなら「不器用な生き方しか出来ない」となるでしょう。

理想的には自分が納得できる唯一の規範意識が全ての状況においても認められたいものです。規範意識を厳密ではなくある程度妥協できる状態で保ちそれで認めてもらえるならそれでもいいでしょう。自分の規範意識は絶対のものという保証はどこにもないし、他の人は当然別の規範意識を持っているのである程度擦り合わせる必要はありますから。
それこそ強大な影響力を発揮できるほど実力(カリスマ性?)があれば周囲の規範意識を自己のモノに合わせてしまうといった力技も選択肢に入って来ますが、まぁこれは非常に可能性が低い話。
常識や空気に抗い、組織内に自分の認識を共有できる仲間を探して徐々に周囲を変化させる努力をするというのもあるでしょう。ただそれもそういった仲間を見つけられるかどうかによりますが。

基本的には人間一人というのは無力な存在なわけで、おまけに多重規範の中でうまく立ち振る舞えないとしたらなかなか難しい生き方になっていくでしょう。
長々と書いてきましたが、運良く居心地の良い組織がすぐ見つけられればそれで済んでしまう話かも知れないですね。
そうではなく不合理な組織しか見つからなかったとしても少しずつ仲間を見つけていく、または自分から仲間を作っていくのが地道な方法なのかなと思います。
(それが出来てこなかったから今更こんな文章書いてるいるんだなぁ…としみじみ思った次第)

# 組織の常識や空気がさっぱり分からないという問題については、それはそういったものが感じ取れる能力があるかどうかや、組織の風通しの良さなど個別の事情になってくるかと
# 組織に合わせるか反抗するかは、子供時代に反抗期にどう過ごしたかにも影響されるのかな?
# 自分の性格をもっと器用な風に変えちゃえば…というのは、そんな器用だったらとっくにこんな問題解決してるわなと。

13173334 journal
日記

yutarineの日記: 階段の電球問題 14

日記 by yutarine

さて、階段の途中に電球があって上の階と下の階にそれぞれスイッチがあります。
簡単に図にすると

【1階】[ON or OFF] ----- 【階段】[電球] ----- 【2階】[ON or OFF]

みたいな感じで。よくある電球のスタイルですね。
まぁいつもは何も考えずに普通に使ってたんですよ。

でも、ふとした拍子に
「あれ?1階のスイッチがOFFなのに、2階でスイッチONにしたときに電球が点くのっておかしくない?回路的にどうなってんの?」
と思ったわけです。
回路が開くのが2ヶ所(1階と2階)あって、普通に考えると片方が開いていたら(OFF状態)もう片方でONにしようがOFFにしようが電球は点きようがないわけで…。

なんか、ここで背筋がゾクッとしたわけです。普段、何気なく使ってた階段の電球がよくわからない謎の技術で点いたり消えたりするわけなので…。

# 検索して答えを見たら「なるほどー」と思ったけど、ネタバレリンクはしばらくしてからコメント欄に貼っときます(24時くらい)

typodupeerror

にわかな奴ほど語りたがる -- あるハッカー

読み込み中...