パスワードを忘れた? アカウント作成

yutarineさんのトモダチの日記みんなの日記も見てね。 最新から新しい日記やタレこみを確認できますよ。

13630507 journal
日記

yutarineの日記: ほぅ、江戸川区でクジラの目撃情報とな…

日記 by yutarine

ニュースで聞いた時に、
「どうやってクジラ🐳が神田川に迷い込んだんだろう…?」
と思ってしまったけど、神田川にかかるのは江戸川橋だったー。

東京湾でクジラ目撃情報相次ぐ 航行する船は注意を | NHKニュース
江戸川橋駅 - Wikipedia

13600224 journal
日記

yutarineの日記: レモン果汁に白い謎のモヤモヤ 6

日記 by yutarine

冷蔵庫で保管しておいたレモン果汁のビン。ジュースに使おうと思ってコップに出してみたら、なんか白いモヤモヤしたものが出て来た。
で、モヤモヤの正体、調べたらどうやらカビだったみたい。
まぁさすがにこれは食べちゃダメだなと判断してビンに残ってた分もまとめて処分。

さて、レモン果汁は使いたい時には必要なのだけど、特に使う必要がないと全然消費されない。
唐揚げにちょっとかけたい時に買ってきても、一度使ったきりずっと冷蔵庫に安置されたままなんて場合も。
商品の説明読むと、レモン果汁は開封後はそれほど持たない模様(せいぜい2週間くらい?)。
今回は1ヶ月ちょい過ぎてしまっていた。もったいないことをしてしまったので反省。

ということで反省を活かすために何かいい保存方法無いものかと思ったけど、レモン果汁を製氷器か何かしらの容器に入れて凍らせておけば良さそうかな。
凍らせるのが前提なら果汁じゃなくて、果実で買ってきて輪切りにしてジップロックにでも入れて冷凍庫に放り込んでおくのもいいかもしんない。

13592689 journal
日記

yutarineの日記: LED電球買ってきたのだけども 5

日記 by yutarine

トイレの電球が切れたので新しくLED電球買ってきてセットしたのだけど点かない。不良品つかんじゃったか?
と思ったけど、電球じゃなくてソケットの方をよく見たら内部側面のネジを保持する部分がプラスチックというタイプだった。
電球のお尻が触れる部分の他に側面に一枚細い金属板があってそこに電球のネジ部分を接触させるタイプ。
で、どうも新しく買ってきた電球のサイズが微妙なレベルで小さく、側面の金属板に電球が接触しないのが点かない原因の模様。
電球を入れる角度を変えながら回してねじ込んでみると、ある角度で入れたときのみちゃんと点く。

まぁ一応点くようにはなったけど、これソケットの方があんまりよろしくないなぁ。
直すにしても資格持ちじゃないと無理そうだから、そのうち電気屋さんに見てもらうかなぁ。

13589802 journal
日記

yutarineの日記: くまー

日記 by yutarine

久し振りに某所の超マイナーな登山道に行ってみたけど、途中で
「そういやクマ🐻除けの鈴もラジオを忘れてた…」
ってことに気付いたので引き返し。

とは言ってもその近辺のクマ🐻の目撃情報もとんと聞かなくなったからそれほど気にすることはないのかしら?
それか人口減少や林業の衰退で人自体が少なくなってるから、目撃以前に確認される機会が減ってるだけなのかも…。
人がいても大抵はみんな車で街の方まで行くだろうし、子供も危ないからと山の方には行かないだろう。
山に入るのはせいぜい山菜採りの人か登山者、後は猟師くらい?

そうなると実際クマ🐻がいるかどうかってのは昔よりも分かりにくくなっていそうな感じはする。
足跡とか糞が残ってれば分かるかもだけど、はてさて。

# それにしてもまだ山の方はそこそこ寒い

13582244 journal
日記

yutarineの日記: あわあわ 2

日記 by yutarine

舌に泡を乗せて使う歯磨剤が登場 | スラド
の製品のボトル見て、本体の方を押して泡を出すのは見たことないなーって思った。
あーいうタイプは珍しいのかな?
ハンドソープのボトルだと大抵はノズル部分を押すと泡が出てくるタイプだし。

考えてみるとどういう仕組みでノズルから泡が出るのかあまり気にしたことがなかったので検索してみた。
いくつかサイトを見る感じでは、ノズルの途中にメッシュがあってそこで液と空気が混じるようなスタイルだった(文字だけだと説明がむずい)。
泡が出る仕組み自体はしゃぼん玉を作るのと同じ要領なんだけど、それをワンプッシュで適量の泡として出せるように調整してるのがすごいというか。
ノズル自体も液と空気の両方を通すようにする必要があるわけで、そこの構造部分がキモになってる。
改めてみるとすごくよく考えられて作られてるのね。

13575668 journal
日記

yutarineの日記: 2次元マップの補完方法考えてたのだけども 3

日記 by yutarine

2次元の位置情報(x, y)とそれとは別の数値情報(z)が乗っている複数のデータを2次元マップ上で視覚化しようとしたのだけど、どうにも
データ点数が少ない。なのでデータが無いスカスカの隙間を補完してプロットする必要が出てきた。
グラフソフトだとそのへんおまかせで表示してくれるのもあるけど、表示だけじゃなくて補完で得られた数値自体も欲しい。

初めにデータ2点で1次元上で処理考えて組んでみるとそれなりのものが出来上がった。
次に2次元に拡張してもなんとなくそれっぽいのが完成。
(この時点ではとりあえずカタチにするのが目的なので、ちゃんと考えた通りに処理できてるかの検証はしてない)
それならばと3点目のデータを加えてみたのだけど、どうにもうまく出来ていない。
検証するまでもなく、明らかにおかしな処理結果になっている。

まぁこういうのはちゃんと処理方法勉強してきた方がいいよね、というわけで調べ直し。
少し調べてみるとバイリニア補完、バイキュービック補完というのがあった。画像処理分野で使われている補完方法らしい。
ただ解説を読んでみるとどうも格子状データで使うものの模様。
あいにく処理したいデータは格子状ではなくて、それぞれの位置は無関係にバラバラに散っている。
「この方法拡張すればバラバラのデータ処理にも拡張出来るのかしら?」と思ったのだけど、あいにくそんな器用な方法を思いつく脳みそは持ち合わせていない。

で、もう少し調べてみると地図データ分野の補完方法というのが見つかった。
逆距離加重補間とかいろいろあるらしい。解説をちょいちょい読んだ限りでは、結構自分がやりたかったことに近い。
だぶんこれ参考にして処理組めばイケそう。
(とりあえずカタチにするのが目的なので、補完方法が適切かどうかって判断は当面は後回し)

13567430 journal
日記

yutarineの日記: 3D酔い対策考えてみるん 3

日記 by yutarine

WindowsのHover!時代から3D酔いに悩まされながらそれでもチャレンジ続けるというマゾプレイをしてたのだけど、今更ながら気が付いたことがある。
これ、画面の中の3D空間が回ってるのにリアルの自分はずっと真正面を向き続けてることに3D酔いの原因があるんじゃないかと。

視覚的に入ってくる空間情報と三半規管で体感している空間情報が脳内でうまく結合出来てないからなのでは、と思った次第。
(詳しくはググればなんか出て来そうだけど、めんどうだから調べない)
据え置きのテレビゲームで、プレイしてるときによく体も動いちゃうってのもそういうことだと思うんだよね(根拠なし)。

というわけで、だったら画面内の視点の動きに合わせて首を回せば視覚&体感ともに空間情報が一致して3D酔いが起きないかもしれない、
という考えに行き着いた。ただ首を回すと当然ディスプレイから視線が外れちゃうので、そこはスマホとかタブレットで手に持つことで対処。
(ここでは加速度センサーで遊ぶゲームのことは考えない)

ただ、これではプレイしながら視点が動いたときに自分の意思で首を回さないといけない。これはめんどう過ぎ。
それを自動化するならまず第一に自分の意思が介する部分が邪魔。というわけで、プレイしているゲームから視点の移動情報を受け取って
強制的に首を動かしてしまえばいい。
ぽっと考えられるのは、床に固定したロボットアームの先にヘッドギアを付けて、プレイヤーはそれを装着してグリグリと首を回させる機構。
ただ、これではおそらく視点を回し過ぎた場合に悲惨な事故が発生する可能性が高い。
ボツ。

というか途中まで考えて気が付いてはいたのだけど、これいま流行りのVRでほとんど話は終わるよね、とは思った。
首を動かすのか、それとも首が動かされるかの違いで。

# Hover!のWeb版があった。久々に遊んだけど懐かすぃ : Hover! - Wikipedia

13543941 journal
日記

yutarineの日記: 動画ファイルの結合で

日記 by yutarine

ffmpegで複数の動画ファイルの結合をしていたのだけど、完成したファイルを再生してみたらどうにも音声がおかしく聞こえた。
いろいろ調べながら試してみたところ、どうやら音声がモノラルのものとステレオのものをそのままくっつけてしまったのが原因だった模様。
後は音声のサンプリングレートの違いもあったのでそっちも手直し。
動画フォーマットの方は最初から解像度とかフレームレートは合わせてあったので、今回は素材の音声ファイルの修正だけで済んだ。

確実に結合させるなら結合前に全ファイルに再エンコードかけて形式統一すればいいのだけども、それだと余分に時間かかっちゃう。
ffmpeg、オプションも多いし使いこなしてアレコレするには結構試行錯誤する必要があるなぁ。動画や音声ファイルの形式もある程度押さえておく必要もあるし。
なかなかムズいけど、一旦やり方が決まりさえすれば後はだいぶ楽が出来る。

13536899 journal
日記

yutarineの日記: 磁石をバラバラにぶっ壊したら温度が下がるのでは?と思った話

日記 by yutarine

磁石をキュリー温度以上の温度に上げると磁力を失うっていう話を少しあれこれ考えていて、
「じゃあ意図的に磁石をバラバラにぶっ壊して磁力を失わせたら、周囲から熱を奪って冷却に使えるんでは?」
(ただしぶっ壊す時の温度上昇は無視する)
なんて思ったけど、そういやそれは断熱消磁の話だったか(たぶん)というところで落ち着いた。
とりあえずなにかの話のネタに使えるようにもうちょい調べておこうっと。

後で読む
低温物理の50年
Magnetic refrigeration - Wikipedia

13526070 journal
日記

yutarineの日記: 地層クーヘン

日記 by yutarine

「チバニアン」で注目される千葉県市原市の地層、有志が階段を設置したことに対し市が懸念を示す | スラド サイエンス
を読んでいて、観光地化するならお土産用の銘菓は欠かせないのでは?と思って調べてみた。
地層と言えば層状のバームクーヘンを思い浮かべるのだけど、調べてみると「四万十の地層」というバームクーヘンのようなお菓子がある模様。
こちらはあまりネットに情報が出ていないのだけど、おそらく四万十層群にちなんだお菓子ではないだろうか?
それと伊豆の方と思われるが、ジオ菓子というかなり直球に攻めてきたお菓子がある模様。調べてみると伊豆半島は地形的に見どころが多い。

さてチバニアンに関しては見た目的には層が積み重なっているようには見えない。
見た目的にはお菓子で例えると羊羹に近い。上に草木が生えてるので抹茶パウダーでも振りかけるか、抹茶羊羹を重ねると再現度上がりそう。
羊羹以外ではチョコレートカステラとかも良さそう。
磁場逆転を分かりやすく表せればより良い感じ出来そうな気はするけど、そこはアイデア次第かしら?
あとは千葉特産のビワとか落花生とかモリモリで組み合わせていけば…。

typodupeerror

192.168.0.1は、私が使っている IPアドレスですので勝手に使わないでください --- ある通りすがり

読み込み中...