パスワードを忘れた? アカウント作成

みんなの日記の更新状況はTwitterの@sradjp_journalsでもチェックできます。

15758730 story
Amiga

NetBSD 9.3は、1980年代後期のハードで動作する2022年のOS 1

ストーリー by nagazou
まさかの 部門より
4日にNetBSD 9.3がリリースされた。このNetBSD 9.3で、Commodore Amiga 用のXサーバがサポートされた点が話題となっているそうだ(NetBSD 9.3リリースノートThe Register)。

NetBSD 9.3では、新規ドライバの追加や旧来のドライバの更新などがおこなわれたほか、最新のAMDやIntel製プロセッサを含むハードウェアサポートの改善、サスペンドとレジュームの処理の改善などがおこなわれている。そんな中、リリースノートに「amiga - enabled wsfb(4) based X11 using amidisplaycc(4).」という記載があったことから注目を集めた。The Registerによれば、NetBSD 9.3では1980年代後半のハードウェアであるAmiga上でグラフィカル デスクトップを実行できるようになったとしている。
15758738 story
アメリカ合衆国

トランプ米前大統領の家宅捜索、最高機密を含む機密文書多数が押収される 5

ストーリー by nagazou
やらかし 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

先日、米連邦捜査局がトランプ前大統領の自宅に捜索に入ったが、朝日新聞の記事によると、押収品の中に最高機密を含む機密文書多数が含まれていることが分かったそうだ。

米フロリダ州連邦地裁はこの捜索の捜索令状と押収品のリストを開示したそうだ。それによると、容疑は、防衛機密に関するスパイ防止法、公文書の隠匿や破棄を禁じる法律、捜査妨害目的の文書隠匿を禁じる法律への違反で、押収品には最高機密を含む機密文書が多数含まれていたようだ。今回の容疑では、司法当局は、トランプ氏が防衛機密に関わる文書を持ち出したことを重視しているらしい。米紙によると、捜索の目的の一つは核兵器に関する機密文書の発見があるようだ。

容疑が事実とするなら、国家の最重要機密が容易に持ち出されたことになり、トランプ氏の資質が更に問われることになりそうだ。

15758716 story
ニュース

「悪魔の詩」作者がニューヨークで刺され重体。イラン政府から死刑宣告 2

ストーリー by nagazou
今になって 部門より
小説「悪魔の詩」を執筆したことで知られる作家サルマン・ラシュディ氏が12日、米ニューヨーク州での講演中に襲撃を受けた。襲撃をおこなった人物は現場で身柄を拘束され、ハディ・マタール容疑者(24)と特定された(NHKBBC朝日新聞)。

あるAnonymous Coward 曰く、

悪魔の詩はイスラム教を冒涜したとしてイスラム圏から問題視されており、作者にはイランの最高指導者ホメイニ氏から死刑が宣告されていた。出版関係者も相次ぎ襲撃されており、日本でも1991年に日本語版の訳者が殺害されている。

サルマン・ラシュディ氏は片目の視力を失うおそれがあり、肝臓も損傷を負っているなどの重傷を負ったとされる。ラシュディ氏はヘリコプターでペンシルヴェニア州の病院に搬送され手術を受けた。BBCの報道によれば、13日夜、人工呼吸器を外され会話ができるようになったという(BBC)。

15758724 story
医療

第一三共、解熱薬のロキソニンを出荷調整へ 12

ストーリー by nagazou
物流火災の件も尾を引いているのだろうか 部門より
毎日新聞らの記事によれば、製薬会社の第一三共は10日、解熱鎮痛薬として知られる「ロキソニン錠60ミリグラム」(成分名ロキソプロフェン)の出荷調整をおこなうことを決めたという(毎日新聞日経新聞)。

医療機関で処方される「カロナール」(あゆみ製薬、成分名アセトアミノフェン)に続いて需要が高まっていることから、納入先への安定供給を図るために出荷量を調整するとしている。カロナールやロキソニンといった解熱剤はCOVID-19の第7波が始まってから需要が高まっていた(ヨミドクター)。またワクチン接種後の副反応への対応に使われることも多かった。厚生労働省も7月末に医療機関や薬局に対してカロナールの買い占めを控えるよう呼びかけていた。
15758706 story
ゲーム

Excel の Esports大会、参加受付中 4

ストーリー by nagazou
来たれ 部門より
headless 曰く、

Excel が使用できれば誰でも参加できる Esports 大会「FMWC Open 2022 Excel Esports」の参加受付を FMWC が開始した (特設ページ動画)。

大会はオンライントーナメントで、対戦の各ラウンドには Excel 2010 以降を使用して解くことのできる複数の問題からなるタスクが提示される。各問題は難易度によって得点が異なり、各ラウンドは対戦相手と合計点数を競う形となる。ただし、同点の場合は使用時間が短い方が勝者となる。FMWC は「Financial Modeling World Cup」の意で実際に財務モデリングの大会も開催しているが、今回の問題を解くのに財務の知識は必要なく、エンジニアリングや統計学、その他科学的な専門知識も必要ないとのこと。

年齢・性別・人種・居住地を含め参加に制限は一切なく、参加費用は 9 月 1 日までに申し込めば 35 ドル、以降は 50 ドルとなる。もう間に合わないが、8 月 12 日までは 25 ドルだった。10 月 8 日から予選ラウンドが行われ、10 月 29 日には決勝 128 ラウンドが始まる。ファイナルラウンドは 11 月 12 日に行われる。ベスト 16 以上に賞金が用意されており、優勝賞金は 3,000 ドルとなる。

15758743 story
ビール

国税庁、酒類消費減少で救済アイデア募集中 58

ストーリー by nagazou
税金取りっぱぐれ 部門より
国税庁は、成人1人当たり酒類消費の数量が大幅に減少していることから、日本産の酒類の需要喚起に向けた提案を募るコンテスト「サケビバ!」を実施するという。成人1人当たり酒類消費量に関しては1995年度に100リットルあったものが、2020年度は75リットルまで減少。なかでも若者の半数程度は日常的な飲酒習慣がないとされる。このため「サケビバ!」では若者を対象に需要喚起をおこなうため若者による意見を募集するとしている(時事ドットコムSAKETIMES)。

募集テーマは「酒類業界の活性化や課題解決に資するプラン」で、コロナ禍で増えた「家飲み」に合わせた製品やデザイン、「メタバース」を活用した新しい販売手法などに関する提案を期待しているとのこと。募集可能なのは20~39歳の個人、または3人以内のグループで9月9日まで受け付けるという。なお、最優秀賞を受賞したアイデアについては同庁が事業化を支援するとしている。
15758517 story
Google

米連邦選挙委員会、選挙運動の大量送信メールをGmailがスパム扱いしないようにするパイロットプログラムを承認 16

ストーリー by headless
承認 部門より
米連邦選挙委員会 (FEC) は 11 日、選挙キャンペーンによる大量送信メール (バルクメール) を Gmail がスパム扱いしないようにするパイロットプログラムの実施を承認した (プレスリリースThe Verge の記事Ars Technica の記事The Register の記事)。

バルクメールはスパム扱いされがちだが、Google の提案 (PDF) によるパイロットプログラムでは、認可された候補者・政党の選対本部や政治活動委員会 (PAC) 幹部が送信するバルクメールをデフォルトでスパム扱いしないようにする。上述のような選挙キャンペーン本部等は党派によらず参加資格が付与され、Google に申し込めば無料で参加可能だ。

受信者側ではプログラム参加者から最初のバルクメールを受信した時に特別な目立つ通知が表示され、今後も受信してよいかどうかを選択できる。受信を許可した場合は以降も通常通り受信トレイに配信されるが、送信者は 1 クリックでのサブスクリプション解除オプションを提供する必要がある。

オプトアウトした場合は同じ送信者からのバルクメールがスパムフォルダーに仕分けられるが、受信者がスパムではないと区分すれば再び受信トレイに配信されるようになる。一方、プログラム参加者側には送信した電子メールが受信トレイに配信された数を確認できるポストマスターツールが提供されるとのことだ。
15758487 story
SNS

子供をソーシャルメディア依存に導く手法の使用を禁ずる米カリフォルニア州法案、継続審議扱いに 20

ストーリー by headless
継続 部門より
米カリフォルニア州では子供のソーシャルメディア依存症を防ぐことを目的とした州法が提案されていたが、上院歳出委員会で保留となった (法案 AB 2408The Verge の記事Techdirt の記事Miami Herald の記事)。

共和党のジョーダン・カニンガム下院議員が提案した AB 2408 はソーシャルメディア依存症の原因として知られる手法について、特に影響を受けやすい子供に対してソーシャルメディアプラットフォームが用いることを禁じるというものだ。違反した場合は検察が提訴して最高 25 万ドルの市民制裁金を科すことができる。

今年最も注目される法案の一つであり、下院本会議や上院司法委員会では超党派の支持を集めて可決されていた。しかし、歳出委員会では保留の動議を全会一致で可決し、継続審議扱いとなった。

歳出委員会を通過しなかった理由は不明だが、法案にはプライバシーを脅かす年齢確認が導入される可能性や、ソーシャルメディア依存症の原因となる要素が隠ぺいされる可能性、子供たちが学習に役立つ情報を得られなくなる可能性があるなどの異論も出ていた。
15758402 story
携帯通信

日本通信「まだまだ高すぎるんじゃないかというご批判をいただく」 80

ストーリー by headless
利益 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

ラジオ NIKKEI 第 1 の「石川温のスマホNo.1メディア」 に 11 日、日本通信株式会社・代表取締役社長の福田尚久さんが出演し、日本で初めて MVNO 事業を開始してからの歴史や、MVNO 業界の現状などを語った。番組は radiko タイムフリーで放送後 1 週間聴くことができる (radiko news の記事)。

「合理的プラン」の料金についてスマホ/ケータイジャーナリスト石川温さんの「安すぎませんかね?」との問いに福田社長は「営業利益で 10 % 強出しているので、まだまだ高すぎるんじゃないかというご批判をいただく」と答えた。ユーザーが急激に増えるタイミングとしては、楽天モバイルの 0 円廃止発表や KDDI の障害時のほかに、最近では YouTube で取り上げられた時にもあるという。

15758372 story
Facebook

AppleがFacebookに広告収入の一部を要求していたとの報道 2

ストーリー by headless
要求 部門より
Apple が Facebook に広告収入の一部を要求し、話し合いが行われていたと WSJ が報じている (Mac Rumors の記事The Verge の記事9to5Mac の記事)。

話し合いが持たれていたのは 2016 年 ~ 2018 年だといい、Apple 側は Facebook の「投稿の宣伝」機能をアプリ内購入と同様だとして 30 % の手数料支払いを求めたほか、Facebook のサブスクリプションサービス導入も要求していたという。Facebook 側もこれらの要求を検討したものの、最終的にいずれも拒否した。

Apple は iOS / iPadOS / tvOS 14.5 で AppTrackingTransparency を導入してアプリによるユーザー追跡にユーザーの許可を必須化し、Facebook の広告収入に大きな打撃を与えているが、Apple の広報担当者は上述の話し合いとユーザー追跡の制限導入に関連はないと WSJ に説明したそうだ。

Automattic CEO Matt Mullenweg 氏のツイートによると、傘下の Tumblr で「投稿の宣伝」と同様の Tumblr Blaze4 月に導入した際、Apple のアプリ内購入 (IAP) を実装するまでアプリの更新が拒否されたとのことだ。
15758334 story
プリンター

Epson America、廃インク吸収パッドの交換についてサポート文書を更新 29

ストーリー by headless
限界 部門より
エプソンのインクジェットプリンターが廃インク吸収パッドの吸収量限界を理由に使用できなくなるのは計画的な製品寿命の短縮だなどと批判を受けていたのだが、Epson Americaがサポート文書を更新した (The Verge の記事Ars Technica の記事)。

Epson America は廃インク吸収パッドの限界メッセージ表示を短期間無効化する 1 回だけ利用可能なユーティリティー「Epson Ink Pads Reset Utility」を提供しており、その FAQ をまとめたサポート文書で廃インク吸収パッドについて解説していた。

サポート文書ではこれまで、平均的なユーザーは廃インク吸収パッドが限界に達する前に他の理由でプリンターの買い替えを行うことになること、ユーザーによる廃インク吸収パッドの交換を可能にすると価格が上昇すること、サービスセンターでの廃インク吸収パッドの交換は低価格プリンターに対するいい投資とはいえないことなどを挙げ、交換に否定的だった (Internet Archive のスナップショット)。

更新後のサポート文書では荷造送料を含む低価格な廃インク吸収パッド交換サービスや、地元の認定修理業者による交換が可能だという記述が追加されており、交換に肯定的な内容に置き換えられている。
15758303 story
法廷

豪連邦裁判所、Androidの位置情報取得に関するミスリードでGoogleに6,000万豪ドルの罰金 2

ストーリー by headless
罰金 部門より
オーストラリアの連邦裁判所は 12 日、Google が Android OS の位置情報取得について設定画面で消費者をミスリードする説明をしていたとして、合計 6,000 万豪ドルの罰金を命じた (判決文ACCC のメディアリリースThe Guardian の記事The Registerの記事)。

この裁判はオーストラリア競争・消費者委員会 (ACCC) が消費者法違反で米 Google と豪子会社の Google Australia Pty Ltd (GAPL) を訴えていたものだ。連邦裁判所は Android デバイスの初期設定画面と Google アカウント設定の「ロケーション履歴 (LH)」「ウェブとアプリのアクティビティ (WAA)」の 3 か所で、Google による位置情報の取得・保持・利用についてミスリードする説明が行われていたと判断した。

罰金額は影響を受けた消費者の数に応じて、初期設定画面の違反と LH の違反でそれぞれ 1,000 万ドル、WAA の違反で 4,000 万ドルの合計 6,000 万ドル。罰金は設定画面を作成した米 Google のみが対象となり、Google 側も支払いに合意しているとのこと。GAPL に対しては、米 Google とともに法令順守の対応を行うことと原告の裁判費用の 50 % を負担することが命じられた。
15757817 story
変なモノ

Google、強調スニペットの品質を改善 8

ストーリー by headless
強調 部門より
Google が強調スニペットの最新の品質改善について紹介している (The Keyword の記事The Guardian の記事The Verge の記事9to5Google の記事)。

強調スニペット (featured snippets) は検索内容に最もマッチする情報の要約をウェブ検索結果のトップに表示するもので、検索した人に役立つ情報を提供するだけでなく、選ばれたパブリッシャーのコンテンツへのトラフィックを増やす効果もある。最新のアップデートでは AI モデル Multitask Unified Model (MUM) を用い、複数の高品質なソースを参照して強調スニペットに表示する内容をチェックするようになっているそうだ。

また、現在のところ「when did snoopy assassinate Abraham Lincoln (スヌーピーがリンカーンを暗殺したのはいつか)」を検索すると、Wikipedia から抽出したリンカーン暗殺に関する情報が強調スニペットに表示される。しかし、これが役に立つ情報でないのは明らかであり、最新のアップデートではこのような場面で強調スニペットが表示される割合を 40 % 減らしているとのことだ。
15757812 story
Facebook

Meta の AI チャットボットは Facebook が嫌い? 7

ストーリー by headless
微妙 部門より
Meta が先週公開した AI チャットボット BlenderBot 3 について、Facebookを批判するような応答が注目を浴びている (The Guardian の記事)。

BuzzFeed のマックス・ウルフ氏がマーク・ザッカーバーグ氏を Facebook の CEO としてどう思うか尋ねたところ、 BlenderBot は「彼は優れたビジネスマンだが、彼のビジネスプラクティスが常に倫理的というわけではない」などと応答したという。また、Vice のジャヌス・ローズ氏に対しては、Facebook が無断で個人情報を売っていることを知ってからアカウントを削除したこと、Facebook を削除したら人生がずっと良くなったことなどを語ったそうだ。

自分でもちょっと試してみたが、BlenderBot は Facebook よりも Twitter や Instagram の方が個人的には好ましいと繰り返し教えてくれた。こちらの好みに関する情報が少ないためか、やたらと趣味を聞きたがる割にしばらくすると最初の話題だったソーシャルメディアプラットフォームの話に戻ってしまう。また、こちらが知らないことを「教えてあげようか」といいつつ、「じゃあ、教えて」と言うと「その話はしたくない」と応答するなど、不安定な感じもみられた。
15757807 story
バグ

Slack、招待リンクを作成・破棄したユーザーのパスワードハッシュを他のメンバーに送信していた 3

ストーリー by headless
招待 部門より
Slack は 4 日、およそ 0.5 % のユーザーにパスワードをリセットしたと通知したそうだ (Slack のブログ記事The Register の記事)。

この対応はユーザーがワークスペースの共有招待リンクを作成または取り消すと、ユーザーのパスワードハッシュを他のワークスペースメンバーへ送信するというバグを受けたものだという。ただし、パスワードハッシュが Slack クライアントから見えることはなく、実際に取得するには暗号化されたネットワークトラフィックを監視し続ける必要がある。

このバグは外部のセキュリティリサーチャーが発見して 7 月 17 日に Slack へ通知したもので、Slack は直ちにバグを修正して影響範囲の調査を開始。2017 年 4 月 17 日 ~ 2022 年 7 月 17 日に共有招待リンクを作成または取り消したすべてのユーザーが影響を受けることが判明したとのこと。この問題で誰かが Slack ユーザーのパスワードを平文で取得できたと考える理由はないが、念のため影響を受けるユーザーのパスワードをリセットしたとのことだ。
typodupeerror

ソースを見ろ -- ある4桁UID

読み込み中...