パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

船橋焚書事件が裁判へ」記事へのコメント

  • by shikine (296) on 2002年08月14日 10時14分 (#145775) ホームページ 日記
    一人の行為が思想家に食い物にされて、さらにそれと敵対する思想家がさらに食い物にする・・・。思想界における食物連鎖にうっかり加わったその惨めな司書に同情する気は無いけれども、世の中はシビアだなぁ。もちろん名前住所バレバレでプライバシーの部分も縮小するだろうしね。

    我々としてはその様を手弁当に観戦するしか無いのだろう。
    --
    他力本願。
    • もしこの事件が発覚していなかったら、体制側が自分たちに都合の悪い本を国民の知らないうちいんどんどん捨てていっているわけだから、世の中まっくらなんだけど、それでもいいの?

      中立を装っているつもりなんだろうけど、公権力の暴走に歯止めを掛けようとする民間団体、っていう図式が見えないのかな。
      親コメント
    • by oltio (3848) on 2002年08月14日 10時32分 (#145779) 日記

      「うっかり」なんですかねぇ。その辺は裁判で明らかになるかな。

      #「手弁当」が嫌なら観戦しなきゃいいのに。あわよくば顎足つきで観戦したいということ?

      親コメント
      • うーん (スコア:2, おもしろおかしい)

        by shikine (296) on 2002年08月14日 22時49分 (#146195) ホームページ 日記
        関係者には悪いんですがあまり重要な事件でもないと思うので、安全な柵の外からチキンレースを楽しむ感覚に近いかなぁ。左翼とか右翼とか関係なしに、単純に気に食わないどうしの喧嘩ぐらいにしか見えない。そして、喧嘩は遠くで見物してるのが一番。

        ○規模と重要性の小さい郊外図書館であること
        ○当該作家の本は本屋で廉価にて買えるであろうこと

        を考えると「言論弾圧」とは程遠いような気がしますね。自分の好きな本を他人に読ましたいとも思わないし、とりあえず自分に本が供給されていれば充分。逆にそこらへんの図書館ごときに平気で置かれるような本には興味無いです。誰も知らないようなレア本を持っていると自慢になるしね。
        --
        他力本願。
        親コメント

計算機科学者とは、壊れていないものを修理する人々のことである

処理中...