Silphire (7255) の日記

2004 年 02 月 23 日
午後 11:01

Subversion 1.0.0のインストール

リリースされたばかりのSubversion 1.0.0を早速インストールしました。Subversionのインストールは少々大変なので、以下にインストール時のメモをば。それでも、0.x.yの時よりは随分と楽になりました。まずは下準備からです。

  1. Subversion 1.0.0

    これが無くちゃ始まらない。これを適当な展開する。以後、この展開したディレクトリをカレントディレクトリとします。

  2. Apache Portable Runtime 0.9.5

    現時点では公式にはまだ0.9.4までしかリリースされていないので、Apacheのパッケージ内にある0.9.5を使えとINSTALLには書いてある。なので、Apache 2.0.48をダウンロードしてきて、中のsrclib/{apr,apr-util}をSubversionのtar ballを展開したディレクトリの中にコピーします。

    $ cp -a ../apache-2.0.48/srclib/{apr,apr-util} .

  3. Neon library 0.24.4

    これもAPRと同じように、展開した物をSubversionのneonディレクトリにコピーします。

    $ cp -a ../neon-0.24.4 neon

  4. Berkeley DB 4.X

    最新版の4.2.52を展開してきてコンパイルしました。4.1も入っているのですが、SubversionのINSTALLが4.2.52を推奨しているので新たにインストールする事にしました。昔Subversionをコンパイルした時は、バージョンが特定されていて面倒だったのですが、随分と制限が緩くなりました。コンパイル自体は一般的なconfigure; make; make installで終了します。

    $ cd db-4.2.52/build_unix
    $ ../dist/configure
    $ make
    $ make install

これでお膳立てが揃ったので、いよいよSubversionのコンパイルを始めます。今回は既にインストール済みだったのでコンパイルしませんでしたが、他にもautoconf 2.50以上、libtool 1.4以上、Python 2.0以上が必要になります。また、NeonのコンパイルにはOpenSSLとzlibが必要になるようです。さらに、Subversionのリポジトリサーバーを作りたい場合には、Apache 2.0.48以上が必要になります。

コンパイルは、これまたconfigure; make; make installで終了します。今回はBerkeley DBの位置を指定します。

$ ./configure --with-berkeley-db=/usr/local/BerkeleyDB.4.2
$ make
$ make test
$ make check
$ make install

コンパイルには35分かかりました。チェックには15分かかりました。ちなみに、Linux 2.4.xのコンパイルに10分前後かかるPCです。チェックの段階でエラーが出ましたが、あまり気にしない事に(汗)

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

あと、僕は馬鹿なことをするのは嫌いですよ (わざとやるとき以外は)。-- Larry Wall

処理中...