パスワードを忘れた? アカウント作成

こんな仕様書はイヤだ!

投票結果を表示しています。
「あとは適宜」の連発
  303 票 / 11%
日本語になっていない
  324 票 / 11%
中国語で書かれている
  252 票 / 9%
わら半紙に手書き
  66 票 / 2%
途中から小説に変わる
  380 票 / 14%
全てまる字
  54 票 / 1%
行間を読まないと分からない
  643 票 / 23%
全て口頭で伝達
  686 票 / 25%
合計 2708 票
投票所 | 他の国民投票
  • 選択肢が少なくても文句禁止。だって、そもそもがジョークだし、場所は有限だし、選択肢を決めるのに事前投票なんてできないから。
  • なんか良い投票ネタがあったら是非タレコんでくれ(国民投票用と明記)。毎回かなり悩みまくりなんだな、これが。ぶつぶつ言わずに助けてくれよぅ。
  • この投票はとってもテキトーだ。四捨五入の誤差、投票マニア、ダイナミックなIP、 システムのバグ、プロキシーやファイヤウォールなんて考慮しちゃいない。統計だと思って このデータを大事な事に流用しようと思うなら小学校からやり直しましょう。

最新の国民投票

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • 見てみたいもの (スコア:3, すばらしい洞察)

    by Anonymous Coward on 2005年08月01日 15時13分 (#775314)
    行間を読む必要がない仕様書......
    • Re:見てみたいもの (スコア:1, おもしろおかしい)

      by Anonymous Coward on 2005年08月01日 15時19分 (#775317)
      行間を0emにしたらよろしいのですね♪(チゲゥ
      親コメント
    • by Anonymous Coward on 2005年08月01日 16時05分 (#775337)
       以前に自ら経験したことですが、行間を読むどころか SE の意図を読み取るために複数のプロトコルを経由しないといけない場合がありました。
      1. 手書きの仕様書の文字が超汚いので、それを解読する
      2. 文意が支離滅裂なので、いったいどういう意図を持って書かれた文章なのか解釈する
      3. ほぼ間違いなく仕様漏れがあるので、それを列挙する
      4. 「この点がよくわからないのですけれど」と SE 氏のところに行く
      5. 気だるげな SE 氏に「うまく行くように、そっちで何とかして」とさらりと言われる
      6. 結局、一から仕様を考える
      7. 再構成した仕様を元にコーディングする
      8. 「ここがちゃんとできてないじゃない」と、 SE に嫌味ったらしく指摘される
      9. 欝駄氏脳 orz
       こんなんだったら、そもそもプログラマの俺の上に SE をつける意味ないぢゃん。

       縦横に項目を並べた小奇麗な分岐条件表が仕様書に書いてあったんだけれど、よく見たら SE 氏にとって都合のいい条件が列挙してあるだけで、エラー条件がすっぽりと抜け落ちていたときには、いったいどーしてくれよーかと途方に暮れた。
      親コメント
      • Re:見てみたいもの (スコア:1, おもしろおかしい)

        by Anonymous Coward on 2005年08月01日 20時18分 (#775432)
        データリンク層「手書きの仕様書」の前に、物理層の「SE自身」に
        問題はあるようではどうしようもありませんな。
        親コメント
    • ボイジャーのような太陽系外探査機に積み込まれる、
      人類以外の知的生命体向けのプログラムの仕様書。

      どういう内容かは私の頭では想像もつきませんが。
      親コメント
  • それを仕様書として扱うのはイヤだけど、読み物としては激しく見てみたい。
    • アドベンチャーゲームの企画で、シナリオにト書き加えられただけの
      どうみても脚本にしか見えないやつを「仕様書」といって渡されたことあり。

      因みに、企画書は前置きと粗筋だけ。
      よくこんな企画通ったと思うと不思議というか不気味というか。
      --

      --
      Ath'r'onならfloatあたりに自信が持てます
      親コメント
    • Re:途中から小説に変わる (スコア:2, おもしろおかしい)

      by kidmin (22955) on 2005年08月01日 21時05分 (#775458) ホームページ
      hogeプロジェクト仕様書 第一部 案件の定義 - 完 -

        - 第二部 基本構成 は今秋の発行を目指し、鋭意執筆中です。
      ご意見・ご感想は foo@example.jp までお寄せ下さい。 -

      # 絶対にイヤだ
      --
      いや、別に好きでやってるからいいけどさ・・・。
      親コメント
    • Re:途中から小説に変わる (スコア:1, おもしろおかしい)

      by Anonymous Coward on 2005年08月01日 21時35分 (#775470)
      途中から小説にかわる仕様書は見たこと有りませんが、コード書いてるはずの派遣が途中から小説を書いていたことなら有ります(違

      #・・・しかも、エロ小説だったという罠orz
      #上司が問いつめたところ、コードはできた(と本人は思った)ので、ずっとサボっていたようです。
      #え、できたコード? 問題外だったのでデスマ中にもかかわらず先輩が一から作り直しました。
      親コメント
    • by ko-ji.t (21285) on 2005年08月02日 0時26分 (#775569)
      1/3程度書いて
      「以下次号へつづく」となるのでしょうか?
      親コメント
  • 小説 (スコア:3, おもしろおかしい)

    by PEEK (27419) on 2005年08月01日 16時10分 (#775339) 日記
    この仕様書にかかれている人物・団体・仕様・処理はすべて架空のものであり、実在の人物・団体・仕様・処理とは一切関係ありません。

    #以前ACで同じような事を書いた気がするのでID
    --
    らじゃったのだ
    • Re:小説 (スコア:5, おもしろおかしい)

      by Anonymous Coward on 2005年08月01日 16時26分 (#775347)
      我輩は仕様である。
      名前は未だ無い。
      どういう事をしたいのかとんと検討が付かない。
      気が付いたら暑苦しい会議室で喧々囂々の遣り取りの的になっていたと言う。

      って書き出しのふざけた仕様書であれば見た覚えが。

      親コメント
      • Re:小説 (スコア:2, おもしろおかしい)

        by greentea (17971) on 2005年08月03日 20時59分 (#776500) 日記
        吾輩はここで始めて人間というものを見た。
        しかもあとで聞くとそれはSEという人間中で一番獰悪な種族であったそうだ。
        このSEというのは時々我々を閉じ込めて強制労働させて過労死させるという話である。
        しかしその当時は何という考もなかったから別段恐しいとも思わなかった。
        (中略)
        ふと気が付いて見るとSEはいない。たくさんおった兄弟が一疋も見えぬ。
        肝心の仕様書さえ姿を隠してしまった。
        --
        1を聞いて0を知れ!
        親コメント
  • 「アレしておいて。」
    #ナニしろとおっしゃるんで?‥と聞きたかったが自粛。
  • 丸ゴシック (スコア:2, おもしろおかしい)

    by pasadena4 (9373) on 2005年08月01日 22時11分 (#775491)
    課長が、仕様書どころか契約書まで丸ゴシックで書いた。
    理由は、好きだから。

    結局、契約は結ばれなかったのだが、
    それは、丸ゴシックのせいだろうか。
  • by Technobose (6861) on 2005年08月01日 22時20分 (#775497) 日記
    私は発注者側なんですが、どうすれば手戻りのない仕様書を書けるか教えて欲しいです(通信教育とか、添削とかないかなぁ)。
    要件定義と、その後の文章化って、やはり経験を積まないと、なかなかうまくできないですよね。でも、なんにも知識もなく経験を積むより、体系的な知識を身につけてから経験を積めたらと思いました。
    私としてはUMLのドメインモデリングとユースケースを重点的に身につければ、発注者側の素養としては十分ではと思ってます。

    ・・昔、DOAをセールスから進められて勉強してみましたが、ユーザー側ではなく開発側に必要な素養ですね。
    • by yk700101 (25708) on 2005年08月01日 23時26分 (#775534) ホームページ 日記
      私はコンピュータ・ソフトウェアの仕様書を書いている者です。
      「手戻りの無い仕様書」と聞いて、
      以前読んだ
              「リーンソフトウェア開発」(日経BP社)
      を思い出して、読み返しました。

      「ソフトウェア開発の性質」という部分で、
              「開発 と 製造」 の違い

              「料理のレシピの作成 と 料理の作成」の違い
      であり、
              前者は反復が価値を生み出し、
              後者は反復が無駄を生み出す。
      などとあります。

      昔、結果として手戻りがほとんど無かった仕様書を書くことができて、
      自分自身は達成感に酔っていたのですが、
      発注側の担当者の方が今ひとつ嬉しそうでなかった理由は、

              反復が足りなかったので、価値も足りなかった

      のだろうなと思います。

      業界が異なるかもしれませんが、ご参考になれば幸いです。
      親コメント
      • 類似した画面・機能がいくつか存在し、それらに対して、
        ほとんど同じ文章が何ヶ所にも繰り返し書かれているが、所々違う。
        読む方は、どこが同じでどこが違うのかを見比べながら、
        それぞれの機能の特徴を見極めるための作業が必要になっている。
        間違い探しやないっちゅうねん。
        オブジェクト指向の「継承」を勉強して書き直してくれ。
        200ページの要求仕様が半分以下になるんじゃないの?
        あっでも、もし仕様書のページ数に比例して受注額が決まっていたら...
        親コメント
    • by Anonymous Coward on 2005年08月01日 22時35分 (#775509)
      わたしは発注者でもあり受注者でもあるのですが、
      どちらかにだけ必要な知識というものは多くないと思います。
      依頼元が不勉強であればそれなりの対応をしますし、
      発注先が頼りないときには相応しい対処をします。
      もちろんこちらが勉強させていただくこともよくあります。
      親コメント
  • by sinkope (230) on 2005年08月01日 15時20分 (#775319) 日記
    京極さんとかに書いてもらうと面白そう‥‥。
    #厚さとか。
  • by mariedll (25081) on 2005年08月01日 15時44分 (#775326)
    全て口頭で、日本語になっていなくて、「あとは適宜」の連発。
  • by ngrcna (22539) on 2005年08月01日 16時25分 (#775345) 日記
    一番嫌なのは、全て口頭で。
    自分で全部読める形式にしないといけないなんてまっぴらごめん。
    --
    ピヨ印@将軍@クラダンX2
  • by moromama (23126) on 2005年08月01日 19時46分 (#775416) 日記
    あまりにも言いたいことがありすぎてまとまりません・・・
    --
    Minder
  • by Anonymous Coward on 2005年08月01日 20時40分 (#775444)
    件名と納期と金額が決まって受注してから呼ばれて
    なにをどうするか相談されたことがありますが、
    好き勝手な仕様書をでっちあげることができたので
    またの指名をよろしくお願いします。>お客様
  • by ksh2ksk4 (11188) on 2005年08月01日 23時58分 (#775549)
    口頭ですら伝えられることなく,墓場まで持っていかれています.

    今はその墓を暴いている最中です.

    でも,ミイラ取りがミイラになりそうな悪寒.
  • 今時はプログラム言語とかライブラリとか周辺ツールが充実してるから、作る物によっては仕様書書いてる手間でプログラム書いた方が早く仕上がったりするけどね。
    • Re:正直なところ (スコア:1, 参考になる)

      by Anonymous Coward on 2005年08月02日 2時51分 (#775612)
      作るだけなら早く仕上がることもあるでしょうね。

      ただソフトウェアのライフサイクルでは、運用期間のほうが開発期間より長くなり、
      その間にかなりの頻度で改修、拡張が行われるでしょう。
      そのときに文書がないと苦労することになるんじゃないでしょうか。
      自分の書いたコードだって一ヶ月もすれば忘れてしまうでしょうし。

      と思っているのでなるべく書くようにしてます。
      未来の自分のために、ってか。

      一発ものだったら作り捨てもありかな。
      #「拡張とかないからちゃちゃっと作って」って言われても、大抵修正依頼が来るもんだ
      #それも数年後とかにorz
      親コメント
      • > 今時はプログラム言語とかライブラリとか周辺ツールが充実してるから、作る物によっては仕様書書いてる手間でプログラム書いた方が早く仕上がったりするけどね。

        は、「だから仕様書なんて書かなくていい」という話ではなく、「どうして仕様書はいい加減になるか」という心理分析です:-)
        #うちは受託開発系のソフト会社なんで、仕様を作る方も見る方もプログラミングできる人、というのが今回の話の前提。

        実際に物を作ってしまうより、指示書を作る方が手間がかかるなんて理不尽だ、と無意識のうちに感じてしまうんでしょう。
        あと、「コロコロ変わる物をいちいち文面に起こすのは時間の無駄」という心理もたぶんある。
        親コメント
        • Re:正直なところ (スコア:1, 参考になる)

          by Anonymous Coward on 2005年08月02日 11時58分 (#775703)
          #775612のACです。

          >実際に物を作ってしまうより、指示書を作る方が手間がかかるなんて理不尽だ、と無意識のうちに感じてしまうんでしょう。
          >あと、「コロコロ変わる物をいちいち文面に起こすのは時間の無駄」という心理もたぶんある。

          多分にあるでしょうね。昔は私もそうでした。
          そして今もその気持ちを仕事ではぐっとこらえています。
          #コードが仕様書だ :-)
          #そして2年前の自分で書いた仕様書(コードね)が読めない私 orz

          今は、文書を書くことによって発生するデメリット(時間的なコスト)よりも、
            - 文書を書くことで自分の考えている内容が整理される
            - 人に(斜め読みでもいいから)レビューしてもらうことで、新たな視点が見つかる
            - いざというとき丸投げできる:-)
          というメリットが得られることを重視し、また「方法、手段」はコードを見ればよいので、ドキュメントには「方針、意図」を残すように心がけています。

          あとはドキュメントを書く練習の機会、とも捉えていることくらいですかね。
          やっぱり第三者に伝わるようにドキュメントを書くのは経験が必要でしょうし、書けば書くほどこなれてくるものですよね。

          高い意識を常に持って書くことで、できあがった成果物、そしてそれを書いた経験は、自分にとって価値あるものになると思っています。
          親コメント
  • by tit (23686) on 2005年08月02日 9時04分 (#775650)
    どれもイヤです。
    ラジオボタンじゃなくチェックボックスにして欲しいかも。
  • 仕様書ってプログラムのソースコードのことじゃないの?

    # 仕様書プログラムになる時代を夢見てもう何年。。。
    # でも、その時代が来れば僕はクビか。。。
    --
    マクロの基本は検索置換(by y.mikome)

UNIXはただ死んだだけでなく、本当にひどい臭いを放ち始めている -- あるソフトウェアエンジニア

処理中...