パスワードを忘れた? アカウント作成
6677224 story
IBM

IBM、インド内従業員数が米国内従業員数を超える 43

ストーリー by hylom
IBMをインドにしてしまえ 部門より
taraiok 曰く、

IBMの全世界における従業員は43万人だそうだが、Computerworld誌が入手した内部文書によると、インド内の従業員数が米国内の従業員数を超えた模様(Computerworld本家/.)。

2002年にはインド国内の従業員数は6,000人だったが、現在では11万2,000人以上の従業員がいるという。一方で、米国内の従業員数は2007年末は12万1,000人にいたのに対し、2009年秋に行われた議会証言では10万5,000人に減少しているという。こうした背景には、インドのIT労働者の低い賃金と高い教育水準の労働力があるという。先の内部資料によると、IBMインディアの平均給与は1万7,000ドルで、米国内のエンジニアから見るとかなり低いという。インドの一般的なソフトウェアエンジニアの給与は8,000ドルから1万ドルとされている。上級のソフトウェア・エンジニアでも1万2,000ドル~1万8,000ドル、プロジェクト・マネージャで最大3万1,000ドルだとしている。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by Andrion (33929) on 2012年12月03日 14時25分 (#2283347) 日記

    数年ぐらい前にNHKスペシャルで特集 [nhk.or.jp]していたのですが、
    インド工科大学 (IIT) [iitd.ac.in]」というインドの最高学府の教育水準が特に高いらしいですね。
    大学は、全寮制・大量の課題・24時間図書館・安価な教育費で、卒業生のレベルが高いためにブランド化されるほどだとか。
    IBM, Microsoft, Intel 等、名だたる企業に就職していると言っていたので、この大学の人達のことかもしれませんね。

    日本も教育改革を真剣に考えなければならない時期でしょうか。

    • by Anonymous Coward on 2012年12月03日 15時16分 (#2283401)

      >大学は、全寮制・大量の課題・24時間図書館・安価な教育費で、卒業生のレベルが高いためにブランド化されるほどだとか。
      日本でも、特に上位の大学は、二十四時間図書館は実現してあげたほうがいいと思う。
      教育の費用対効果を考えたら、一番やって効果の上がりやすいところに思える。

      親コメント
      • by Anonymous Coward on 2012年12月03日 18時23分 (#2283533)

        24時間化については、今の日本の大学は、夜は敷地から出ていけ、ですから今の風潮では無理でしょう。

        大量の課題は小中高校からやらせないとダメです。
        齢四十の、目黒区と大田区にまたがってる国立大学に進学した私ですが、
        米国の姪と甥の話を聞くと、高校生までの段階で甘すぎたなと思います。

        親コメント
        • by Anonymous Coward

          おー、フロイデ。
          僕は molll とか soll と呼ばれた部屋で夜中にピアノを弾いていたよ。

          最近は、徹夜の研究は辛いですな。

      • by Anonymous Coward

        本当にそう思います?
        その需要が高いと言うデータがあるならいいんですけど。

        • by Anonymous Coward

          悪いけれど、客観的なデータは何ももっていない。

          日本の大学生はそこまで真面目ではないし、授業もハードではないから、たぶんそれによって恩恵を受けるのは、
          学びたいという意欲の強い一部の人間だけだろうけれど(もしかしたら、小説書いてたり、プログラム書いてる人間もいるかも)
          いくらでも時間をかけて没頭できる環境を図書館に作ってあげるのはよいことだと思う。その一部がとても重要。
          あとは、キャンパス内に二十四時間やってる安価な飯屋(吉野屋でもべつにいいけれど)かな。

          可能なら、地域の図書館でもやってあげたほうがいいのだけれど、臭うような人に宿代わりに使われるのを拒むのは面倒なので、
          現実性があるのは、大学図書館くらいかなと。

          • 自習室だけなら京大の図書館が24時間使えますね。
            http://www3.kulib.kyoto-u.ac.jp/guide/jpn/guide_jp_studyroom24.html [kyoto-u.ac.jp]
            自分が学部生の頃(1999-2003)はまだ24時間制では有りませんでしたが、開館と共に多くの司法試験受験生が入館し、閉館と共に退出していました。

            自分も院生研究室に机がもらえるまではサークルBOXか図書館に入り浸っていたので、熱心な学生の需要はあると思います。

            大学図書館の24時間化の最大の障壁は労働組合ですね。
            教員が学生のために24時間化に賛成していても普通のサラリーマンor公務員の職員が労働条件の悪化に繋がると反対するので24時間化が進みません。

            親コメント
          • by Anonymous Coward

            茶々ですが。
            よりによって吉野家...臭いが。
            二十四時間制にしたら、宿がわりに使う人が臭うような。
            #シャワー室完備で万全か?

      • by Anonymous Coward

        24時間図書館は全寮制または学生が徒歩圏内に住んでいるような場合でしか有効ではないね
        大都市の大学では無理だと思う。

        • by Anonymous Coward

          京都市の大学なら、遠隔地から進学した下宿組が、キャンパス近辺に多かった気がするが。
          それより24時間をやるなら高専からじゃないかな(寮も多いし)。

      • by Anonymous Coward

        「図書館」に何の機能を求めて24時間制?

        論文や図書閲覧なら対応してると思う。うちの大学はそう(カードで入出館を管理)。
        冷暖房や照明は切っているor必要最低限だから、図書館で読むことは難しいが。
        そもそも、論文だと最近はネットでPDFが取り寄せられるように図書館が契約しているので
        実体としての図書館に出向くことは少なくなってる。

        勉強場所としての図書館?それはさすがに24時間制は要らんと思う。
        「夜は寝ろ。朝の日の出を見ろ。太陽光を浴びてビタミンを形成しろ。」

    • by Anonymous Coward on 2012年12月03日 16時03分 (#2283437)

      IITは、IT系では米国の大学入試でのトップを占めるレベルだそうです。
      これだと、米国人がはいれなくなるのである程度枠を決めているという話を聞いたことがあります。

      親コメント
    • by Anonymous Coward

      教育改革もいいですが、社会人の文化のほうが改革が必要そうです。

      # 日本IBMは腐ってます

    • by Anonymous Coward

      IIT卒業者の初任給の平均は6万5000ルピーだそうですので、違うでしょう

      • by Anonymous Coward

        忘れてた
        2001年あたりか?
        まだルピーが高かったころの話

  • やはりな! (スコア:3, おもしろおかしい)

    by Anonymous Coward on 2012年12月03日 15時42分 (#2283425)

    ヨガ分身の術か!

  • 部門名 (スコア:3, おもしろおかしい)

    by s02222 (20350) on 2012年12月03日 15時50分 (#2283431)
    × International Business Machines
    ○ Indian Business Machines

    こうですか?

    # これにはインド人もびっくり
    • by Anonymous Coward

      インド人ってやっぱりIndianで良いんですよね。
      北米の先住民族がアップしそうな感じで混乱するんですが。

      • by Anonymous Coward on 2012年12月03日 20時04分 (#2283614)

        マジレスすると、米国先住民じゃなくてインド人を明示的に指したい場合はAsian Indianあたりが一般的。

        親コメント
      • by KFZE (16751) on 2012年12月03日 22時30分 (#2283682) ホームページ 日記

        インド系の会社にいたときに、
        気候の話になって、「小春日和」は
        「Indian Summer」っていうんですよね?
        と、インド人に聞いたところ、
        インドではそんな事は言わないと一蹴された事が…

        この場合のインディアンはネイティブアメリカンのようですね。

        親コメント
      • by Anonymous Coward

        台湾の方と仕事していた時
        会話(英語)の中でしきりに「Indian engineer」という言葉が出てきて、何かの隠語かと思っていたら、「インド人のエンジニア」というまんまのオチだった事が...

        #そのエンジニアが仕事しねぇ、という話だったのだけれど

        #関係がバレるとアレなのでAC

      • by Anonymous Coward

        Native Americanのほうが最近は一般的じゃありません?>北米の先住民族

        #「ジモティなアメリカン」もどうかと思いますけど、総称としての名詞がない。

        • by Anonymous Coward

          ブサヨ用語じゃないの?
          日教組には確かにそうならったけど。
          小馬鹿にした言い方にしか聞こえないのがなんとも。

          自称してんのかな?そちらに知り合いがいないもんでよくわからん。

        • by Anonymous Coward

          Indigenous peoples of the Americas。これが通の呼び方
          南米にもインディアンつかインディオがいる

      • by Anonymous Coward
        アメリカだと北米の先住民族の方が印象が強いので、Hindi(ヒンディ)という呼び方をしてましたね。
        (ゾロアスターなどの非ヒンズー教徒のインド人もその呼び方でいいのか、ややこしいところ
    • by Anonymous Coward

      Indian Buddhist Monk

  • by Anonymous Coward on 2012年12月03日 14時32分 (#2283357)

    カースト制度が今なお残るインドでは、カーストの対象とならないIT技術者という新しい職業は一定の人気があるらしいですね。

    しかも、上司がカーストなんか気にしない外国企業はさらに人気があるんじゃないでしょうか。

    日本だとIT技術者は、スードラの仕事とされていますね。
    会社経営層からはIT技術者の労務費は、よくゼロ円にされたりしますね。
    下請け孫請け外注だと、スードラ以下…。

    • Re:カースト (スコア:3, おもしろおかしい)

      by Anonymous Coward on 2012年12月03日 14時38分 (#2283366)

      無責任男で悪かったな。

      お呼びでない?お呼びでないね。
      こりゃまた失礼いたしましたっと。

      親コメント
    • by Anonymous Coward

      > スードラ
      別にIT技術者に限ったことじゃありませんし。
      定職についてるだけまだマシかもしれないという。

      最近IT技術者でも、中国などからの出向者が珍しくないので、
      文句があればはっきり言うスードラに、文句があっても黙っているスードラは、もうすぐ駆逐されてしまうのかも知れない。

      • by Anonymous Coward

        IT技術者が、なぜスードラとされやすいかというと、「タダでやってくれる」という印象が持たれることが少なくなく、実際に激安賃金で労働させられることが多いためです。

        例えば会社のお偉いさんからExcelの使い方を業務外で教えてくれるように命令されたり、営業が勝手に作業料を無料にして仕事を取ってきたり、ソフトを無料で作れなんて言うモンスターユーザーがいたり。

        肉体労働者の場合は、あまり無報酬でこき使おうなんて職場はないですけど(激安ならあるかもしれない)、IT技術者はあまり動いている印象がない(もちろん実際には手や頭などはフル回転で動いている)からタダ働きを命じられやすいんですよね。

        • by Anonymous Coward

          でも、文句を言わずただでやってくれる人材が重要なら、外国人はこないと思うのですよ。
          ただでやることがサービスだと思ってたのは日本人だけで、
          高賃金で追加の仕事も無料でやることよりも、普段から低賃金で契約したことだけやる方が、
          採用されたってことですね。
          たとえ日本人が尻拭いをしてたとしても、管理職は結果とコストでしか判断しませんから。

    • by Anonymous Coward

      元請けプロパーと下請け派遣/偽装請負という新たなるカースト制度が生まれているのであった。

      #そりゃ人気なくなるし、事件も起こるわ。

      • by Anonymous Coward

        まあ多くの事業所ではとっくに、派遣社員数がプロパー従業員数を超えてるよね。

    • by Anonymous Coward

      インドの地場企業でもタタ財閥はカースト関係無しの完全実力本位制だから人気が高いという話を聞いたことがあるが、本当なんだろうか?
      (日本にも進出してる何でもかんでもやってるあのタタのことですよ)

      • IBMみたいにインドにアウトソースして事業を拡大せよと言われてもどうしたらいいのかわからないなら、タタ財閥系のタタコンサルタンシーに相談してみては。1987年から日本で営業してるので。港区芝公園へ本社移転 [tcs-japan.co.jp]してたのか。引き合いが多いみたいですねぇ。インドかぁ。日本とは時差3時間半で、欧米よりは時差が少ないので一緒に仕事とか、TV・電話会議はしやすいかね。でもあのインド訛りの英語が。きれいな(と言うより聞き取れる)英語を喋る人は、エンジニアだと少ないぞ。「このインド人の英語は、インド人でないと判らないだろう」ってぐらい凄い。まぁ、メールとかならいいんだけど。フィリピン人のエンジニアの英語の方がずっときれい。
        とにかくインドは人口が多いから、びっくりするほど頭のいい人(ビジネスエリートやトップクラスのエンジニア)から、極めて多くの普通の人と、信じられないほど頭の…良くない人がいるので。一緒に仕事をするような人は、優秀な人が割合に多いけど。後はそう…文化的にアバウトな人が多いかな。
        親コメント
  • by Anonymous Coward on 2012年12月04日 11時07分 (#2283842)

    I've been moved.

typodupeerror

人生unstable -- あるハッカー

読み込み中...