パスワードを忘れた? アカウント作成
9838025 story
ハードウェア

冷却液に「ナノ流体」を採用したCPU水冷システム 19

ストーリー by hylom
ナノ流体ってなんだ 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

最近ではポンプとラジエター部分が一体化している簡易タイプの水冷クーラーが増えているが、Zalmanから新しいポンプ・ラジエター一体型CPUクーラー「Reserator3 MAX」が発売された。Zalmanは昔はでかくて高い水冷クーラーをたくさん出していたが、こうした水冷クーラーを出すのは久しぶりだ。

通常はCPUの熱をラジエターに送るのにクーラント液が使用されているが、この製品は熱伝導率の高いナノ流体冷却剤を採用しているのが売りらしい。といってもメーカーサイトを見ても、クーラント液よりどれくらい冷却能力がアップしているのかは今ひとつ不明。この辺は人柱待ちな感じだ。

1時間あたり約90リットルの循環能力を備え、ヘッド内部には熱伝導に優れた純銅製のマイクロフィン冷却パイプを4重に折り返す構造のラジエターを装備。対応ソケットは、Intel LGA2011/1366/1156/1155/1150/775、AMD Socket FM2/FM1/AM3+/AM3/AM2+/AM2。値段は1万3,000円くらいのようだ(エルミタージュ秋葉原)。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • >部門名 (スコア:5, 参考になる)

    by Anonymous Coward on 2013年08月20日 13時40分 (#2444484)

    そこは「ナノ流体ってなんナノ?」でしょう!

    # ぐぐったら7年前のGIGAZINE記事に行き当たりました。
    # 振動を掛けることで粒子を流体のように流すって方式っぽい
    # 当時はダイアモンド粒子だったらしいけど安い代替品が見つかったんでしょうね
    # 詳しい人待ち

    • by Anonymous Coward

      次はナノフィルターとか売り出すんでしょうね

    • by Anonymous Coward

      ざっくり調べたところ、
      「液体にナノサイズの粒子を混ぜたもの」なならんでもナノ流体。
      もちろん既存の冷却液より熱伝導のいい「ナノ流体」を開発したということなんでしょうけど、
      ナノ流体ならなんでもいいってわけじゃないですよね当然。

      • by Anonymous Coward on 2013年08月20日 14時25分 (#2444531)

        Google Scholar で出てきた(この製品とは関係無さそうな人の)論文
        強制対流・沸騰場での水噴流冷却におけるナノ粒子混入の影響 [nihon-u.ac.jp]

        ナノ流体とは水や油などの冷却用流体にナノ粒子を混入させたもので,強制対流や沸騰に対する熱伝達率向上の効果があるとされており,今後冷却用機器への適用が期待されている.

        この論文ではナノ粒子はアルミナとかシリカで媒体は水。Tom's hardwareの記事のコメントだと、他にチタニア粒子を使ったり、冷媒にエチレングリコールやグリセリンを混ぜることもあるみたい。
        この論文だと結局、「単相の強制対流場ではナノ流体を用いても直接噴流における熱伝達率は純水の場合とほとんど差異が見られなかった.」ってことで、沸騰を伴わない場合はナノ流体の効果は無かった模様。

        まぁ確かに粒子が核となって沸騰する条件なら伝熱性能は上がりそうだけど、CPUクーラー程度ならあんまりありがたみはなさそうな印象を受ける。直感的に。

        親コメント
        • by saitoh (10803) on 2013年08月20日 17時15分 (#2444640)
          [PDF]特異な表面張力特性を有する新規ナノ流体による先進冷却システムの開発 [utsunomiya-u.ac.jp]ってのもあります。 温度が上がると表面張力が強くなるという性質を持たせることで、ヒートパイプに用いたときの性能があがるらしい。
          親コメント
        • by SteppingWind (2654) on 2013年08月20日 19時21分 (#2444760)

          ナノ粒子を混ぜた流体って

          • 体積あたりの熱容量が, 流体単体よりも大きい
          • 層流状態での流れに鉛直方向の熱移動速度が流体単体よりも大きい

          あたりが期待される特性だと思うんだけど, こういった特性が生きる用途って

          • 熱交換器の大きさが制限されていて, 流量を増やすことが難しい
          • 適応温度範囲が広くて, 低温では粘性が大きく, 熱交換器内で管内乱流が発生しにくい

          といった条件がある場合でしょうから, CPUやGPUの冷却よりもヘビーなパワー系(重電, 発動機, プラント等)で, 冷却系も内部の熱を取り出す1次冷却系と外部に熱を放出する2次冷却系に分かれている構成になってるんじゃないかと思います.

          親コメント
        • by Anonymous Coward

          なるほど、そうナノか

        • by Anonymous Coward

          >冷媒にエチレングリコールやグリセリンを混ぜることもあるみたい。

          つまり、クルマのラジエターに入れるアレ [ryomomaruzen.co.jp]入れときゃいいのか。

      • by Anonymous Coward

        それっぽい用語を出しときゃ、なぜか売れる風潮
        本当に効果があるのかは要検証ですね

        # 部門名は「ナノは完売!」でも良さげ

      • by Anonymous Coward

        > 「液体にナノサイズの粒子を混ぜたもの」なならんでもナノ流体。

        分子とか。

  • by YO1201 (17300) on 2013年08月20日 14時57分 (#2444553)

    ナノ流体の採用を謳っている水冷PC用冷却液は以前からあります。
    具体的にはIce Dragon Cooling Fluid [icedragoncooling.com]やFluid XP+ Nano-Fluid [fluidxp.com]が販売されています。

    ただ、その性能は他の冷却液と変わらない(Ice Dragon Cooling Fluid)か、
    他の冷却液より悪い(Fluid XP+ Nano-Fluid)ようです。
    http://web.archive.org/web/20120120015458/http://skinneelabs.com/coola... [archive.org]

    今回のZALMANの製品に採用されているナノ流体が同様のものかはわかりませんが、
    あまり期待は持てないと思いますね。

  • いまでも実家で動いています。

    肝心のPCはとっくに死んでますが、撤去作業に必要な面積を確保できないまま数年…。

    社外枕の錆びによる水漏れを検知しやすくするために、
    いまもポンプを回し続けて時々水量を確認しています。

    よく壊れずにもつなぁと、雑談。

  • by Anonymous Coward on 2013年08月20日 14時38分 (#2444544)

    アンケートをとって有意差が認められる割合ってどのくらいなんだろうか。
    大穴馬券しか売っていないようなイメージ。

  • by Anonymous Coward on 2013年08月20日 20時36分 (#2444826)

    そうなの

typodupeerror

アレゲはアレゲ以上のなにものでもなさげ -- アレゲ研究家

読み込み中...