パスワードを忘れた? アカウント作成
6635365 journal
日記

jmz-yamの日記: [自]ツール・ド・おきなわ2012 2

日記 by jmz-yam

レポート書こうと去年のを読み返したら、「準備がグダグダでレースに臨んで残念な結果…」と今年もまったく一緒でかなり激しく落ち込みました。

というわけで、今年の結果も完走のみで51位。
なんとも見せ場も盛り上がりもないサイクリング会と相成りました。

以下、時系列。

----

今年も金曜日に沖縄入り。といいつつ、金曜休日の三連休なので、人がめちゃくちゃ多い。レース関係者じゃなくて、普通の観光者もたくさん。空港からレンタカー屋までずっとそんな感じでちょっと残念。
今年はレンタカーの予約ダッシュが遅かったため、いつものbBではなく、ちょっと大きめの7人乗り。取り回しに不安があったけど、それなりに運転できるし、輪行箱を縦に積めるので、荷物が大量に積めて良い。試走の時に4人3台乗せて回れたのでとても助かりました。

お昼頃の便だったため、レンタカーを借りて軽く食事をするともう夕方。金曜日のコースチェックは諦めて、素直に宿にチェックインしてのんびり。

土曜日は受付までの間に普久川ダムの下りと学校坂、あとは羽地ダムからジャスコ坂(イオン坂!)までをきつめに。(後日データを見たら試走のこの区間で自己ベストを更新してた)

今年の受付も場所が変更になって体育館。出店も見やすいし、この場所をもっと早く使っていれば便利だったのにと、来年以降に期待。
受付と昼食を名護でとって宿に帰投。明日の準備をごそごそとしながら早めの就寝。

スタート時間が例年と違うため、ちょっとまごまごしながら自転車並べてスタートを待つ。国際が遅いため、スタート時間がおして、あっという間に整列開始。慌ただしく並んでレーススタート。
1回目の普久川ダムの登りはマッタリ入って途中上がったけど、何とか集団が見える範囲でクリア。補給所過ぎての下りで集団に追いつく。

奥までマッタリ走っていたためにだいぶ後続が合流したらしく、結構な人数で海岸線の南下を開始。北西の風が弱いためため、それほどのハイスピードにならずに助かった。もぐもぐいろいろ食べて補給。目の前で伝説になりそうなバトルを見つつ二回目の普久川ダムへの登りに。

…うん、分かっていたのだけれど、やはりここでレース終了。
下りで追いつけるかとかなり頑張ったけど、今回は集団はちらりとも見えず、学校坂→高江へ。ここで精神的にいろいろ切れて、サイクリングな気分に。
210の集団もここでパスされてしまい、あとはボロボロの人達同士で小集団をつくって名護に帰るのみ。

ゴルフ場手前の坂あたりで両側の内転筋が痙る。ダンシングを多用しすぎ?とりあえず誤魔化しながら走り続けて羽地ダムへ。

羽地ダムの登りは比較的踏めて回して登れた感じだったので、そこぐらいは来年への期待点としておきたいところ。

羽地をクリア後、平坦を210の選手と回しながら名護へ。他の140の選手が後ろに付いているのは分かっていたけれど、早く帰りたかったのでそのままゴールへ。最後、刺されて順位を一つ落としたけど、あんまり気にしていなかった。
リザルトの切れ目だったら嫌だなぁと思っていたら、ちょうど1枚目と2枚目の間だったらしく、二年連続2枚目決定。うはw

一旦宿へ帰って汗を流して、ふれあいパーティへ参加。今年は会場がまともで遅めの昼食とビールをいただく。さっそく房総練の皆で感想戦。今年も聞き役に回るしかないorz

夕暮れとなって打上へ。テラス席から夕日が見えて地ビールも美味いし良いところでした。

宿に帰って部屋で二次会…もそこそこに落ちて、翌日はかなりの二日酔い。

月曜はかなりの大雨。一日ずれていたら大変なレースになったろうなと思いながらドライブ。宜野座でエビを食べて御満悦。
ひょっとしたら混んでるかもと早めに飛行場に行ったら自転車を預けるための大行列。今年の段取りは悪すぎて、1時間半もかかってしまいました。
#例年通り検査装置に通してサクサク進んでいたらよかったのに。
買い物もルートビアも無しで、遅延した飛行機に乗って寒い東京に帰ってきました。

うーん、去年も同様だけど、トレーニング量については某走練でちょこちょこ稼いでいましたが、平日のボリュームが通勤ぐらいしかない残念な感じに。走ってみた感じとして心肺の方がキツイ状況が多いので、やはり循環器系が弱い状態みたい。
沖縄旅行は楽しいのだけれど、お酒がしょっぱいばかりなので何とかしたい。

とりあえず、乗って楽しい3本ローラーから固定に変えてみる。
あと、朝ローラー。5時起きとかになっちゃうけど。
身近なところからコツコツと。

補給についてもちょっと考えないとな。羽地を過ぎてから水が切れた。ジェルは喉が渇くので、ちょこちょこ飲んでると口直しの水の量がはんぱない。小分けで一気に飲むタイプにしないとダメかなー。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

UNIXはシンプルである。必要なのはそのシンプルさを理解する素質だけである -- Dennis Ritchie

読み込み中...