パスワードを忘れた? アカウント作成

kenketsuさんのトモダチの日記みんなの日記も見てね。 みんなの日記の更新状況はTwitterの@sradjp_journalsでもチェックできます。

15457524 journal
日記

kenketsuの日記: Nikolai Kapustin

日記 by kenketsu

ふと思い出して、Eight Concert Etudes, Op 40を久し振りに聞いた。やっぱり格好いいなぁ、すごく格好いい。曲はどれもいいのだけれど、Prelude、Toccatina、Finaleが特に好き。

カプースチンは、この曲集が一番人気なのかな。クラシックっぽくありつつも、ジャズやラテンっぽいあれこれがごちゃ混ぜで、でも、それが実に気持ちいい。一曲一曲は短めだが、その分、曲の密度的なものが高いと感じる。

ちょっと調べたら、カプースチンは2020年に亡くなっているのか。知らなかった。彼は作曲家であり演奏家。彼自身の演奏を生で聴いてみたかったな。自分で作った曲を自分で弾くというのは、どういう気分なんだろう。頭の中のイメージに演奏が追い付かなくてイライラする、というのはありそう。

カプースチンを知ったのは、どういう経緯だったっけ。確か、超絶技巧的なピアノ曲を探していた時だったか。ちょっと聴いて、これはいいと、その時に出ていたアルバムを買いまくったんだったなぁ…。マルカンドレ・アムランのことを知ったのも、多分そのタイミング。

15456374 journal
日記

kenketsuの日記: スパイスの袋セット到着 8

日記 by kenketsu

届いた。クミン・ターメリック・コリアンダー・チリのパウダー、そしてクミンシードが、それぞれ100gずつの袋入り。

100gなので、ものすごく多いわけではない。でも、見た感じはそう簡単には使いきれる量ではなさそうで、しばらくはスパイス祭りを続けられる。試しに、レシピの分量以上に入れてみたりして、風味の変化を見てみたい。

で、買う前にちゃんと確認はしなかったのだけれど、このチリパウダーは、唐辛子だけみたい。なので、いわゆる、チリペッパーパウダー。チリパウダーと呼ばれるものは、世の中だと混合スパイスの方が普通なのかな。

と思って、Wikipediaのチリパウダーを読んでみたら、Chili powderとChile powderは別ものとのこと。前者が混合スパイス、後者が唐辛子のみ。これ、日本語だと両方「チリパウダー」だから、全然区別がつかないね。

ちなみに、買ったもののパッケージにある単語は「CHILLY POWDER HOT」。どっちなんだ。まあ、やっぱり唐辛子だけのもので正しそうではある。

15453923 journal
日記

kenketsuの日記: 新しい眼鏡を受領

日記 by kenketsu

新しい眼鏡を受け取ってきた。

新しい見え方に脳がまだ慣れていないので、遠くに見えたり、多少クラクラする。料理の時にフライパンを見ていて、妙な違和感があったり。まあ、新しい眼鏡を買った時はいつもこうなので、すぐに慣れるだろう。

前回も書いたとおり、今度の眼鏡は遠近両用。レンズの調整は、遠くの見え方をやや落とす代わりに、近くの見え方をやや良くするバランスにした。

ふむ…確かにレンズの上下で見え方が違う。こうしてモニタを見ていても、上~中はくっきり見え、下はややぼやける。目だけを動かして遠近を使い分けるのは、まだ意識しないとできない。つい、頭を動かしてしまう。

立っている時に足元をレンズの下の方で見ると、近距離向け部分なので、当然ぼやける。眼鏡屋から注意は受けているが、確かにこれはちょっと危ない。特に、階段では気を付けなければ。スーパーとかで、下の棚にある商品もかなり見づらくなった。

バイクの運転の時にどうなるかは、やってみないと分からないかな。でも、今すぐ乗るのはさすがに危なさそうなので、十分に慣れたと感じられるくらいになったらやってみよう。

で、バイクに乗る時はコンタクトレンズの方が好ましい。なので、そちらも遠近両用のものに遠からず切り替えようとは思っている。

眼鏡屋に聞いてみたところでは、遠近両用のコンタクトレンズにおける遠近の焦点の合わせ方は大きく二種類あり、試しに着けてみないと、自分にとっての向き不向きは分からない様子。これも機会を見て、かな。

15453854 journal
日記

kenketsuの日記: カレー二十二回目

日記 by kenketsu

週末のカレー。と言いつつも、前回からカレーペーストでのカレーをちまちま作っていたので、特別感はあまりなかったりする。

今回は、格好良く言えばベイガンキーマカレー。すなわち、ナスと挽肉のカレー。でも、それだけだと寂しかったので、ピーマンとシイタケを追加してある。

挽肉を炒めて、ナスその他を入れ、作り置きのカレーペーストとヨーグルトを入れ、ちょっと煮詰めて出来上がり。実に簡単だ。味も、塩気がないのを別にすれば、普通に食べられる。ただ、辛さがまだ足りなかったかな。

さて、煮詰める時に使うものは、今までは水かヨーグルトを使ってきた。しかし、今週の買い物で、牛乳・生クリーム・ココナッツミルクを買ってきたので、来週のカレーでは、それらの違いを見てみよう。

あと、このペースでカレーペーストを作っている・使っていると、やはり小瓶のスパイスでは量が足りない。とりあえずは、通販でスパイスの袋セットを買うことにしよう(→買ったので、到着待ち)。大久保のイスラム横丁に行くのは、いずれ機会を見て…かな。

15452721 journal
日記

kenketsuの日記: 新型コロナウイルスワクチン接種二回目、その後 2

日記 by kenketsu

ワクチン接種後、大体一日が経過。

前回と同様に、注射したところには軽い痛みがあり、熱を持っている感じはしている。全体的な熱は、平熱よりはちょっとだけ高そう。でも、それ以外でよく言われる症状の、頭痛やだるさ、吐き気などは全然ない。

ここまで何もないと、逆の意味で心配になってくる。つらくないのは嬉しいのだけれど、この調子で、ちゃんと免疫が付くのだろうか。

15451981 journal
日記

kenketsuの日記: 新型コロナウイルスワクチン接種二回目

日記 by kenketsu

さっき接種してきた。今回も、今のところは何も変わった様子はない。でも、二回目がきついと聞くし、職場でもダウンした人が多いので、さあ、どうなるだろうか。

15449833 journal
日記

kenketsuの日記: カレー番外編 11

日記 by kenketsu

前回スパイスカレーを作ったわけだが、最初に作るカレーペースト、あれを使うと何でもカレー風味になるのがちょっと面白い。

カレーペーストを具材と混ぜる時に、水っぽいもので溶かせばカレースープがすぐ作れるし、溶かさなければ溶かさないで、調味料的に使えるのもいい感じ。ちなみに、ヨーグルトで溶かすと、酸味が少し加わって、なかなかに新鮮な感覚。

なので、あれからカレーペーストをある程度作り置きして、ちょこちょこ使っている。作る量を増やしても、作る時間自体はあまり変わらないようなので、一度に多めに作るのがいいのだろうか。

何と言うか、スパイス沼に足を一歩踏み込んでしまった…という気もしないではない。まあ、まだ、スパイス一式を揃えたり、一度に大量に買い込んだりしようとは思っていないのだけれど。でも、これも時間の問題だろうか。

15445319 journal
日記

kenketsuの日記: 眼鏡を発注

日記 by kenketsu

新しいものを発注してきた。

ここ数年で老眼が年齢なりに進み、十年以上前に作った今の眼鏡では、近くが見えづらくなって久しい。遠くを見る分には全然問題ないのだけれどね。でも、コーティングもすっかり剥がれているし、もういい加減買い換えのタイミングだろうと。

と言うわけで、遠近両用の眼鏡を作るのはこれが初めて。検査を1時間近くやって、フレームとレンズを選ぶ。今の眼鏡は高さが少し狭いタイプだったけれど、見える部分を増やしたいので、今のものよりは高さが大きいのものにした。レンズのクラスは、選べた中ではミドルハイくらいのもの。ハイレベルのものは、予算的に選べないね、さすがに。

遠近両用なせいもあり、結構なお値段になった。正直言って、想定以上ではあった。まあ、店を選べば、機能的に同じ程度のものを、もっと安く作れるのだろう。でも、昔からずっと付き合っている眼鏡屋なので、過去の詳細な購入履歴も店側に残っていて、アドバイスとかもしてもらえるから、これでもいいのだろうと思う。

さて、受け取りは一週間後。新しい眼鏡に慣れていかないと。今後は、ずっと遠近両用の眼鏡を使うことになるのだし。で、今の眼鏡は、予備として取っておくつもり。それに、バイクとかを運転する時は、むしろ今の眼鏡の方がいいのかもしれない。

15444414 journal
日記

kenketsuの日記: カレー二十一回目

日記 by kenketsu

週末のカレー。今回は、いわゆるスパイスカレーと呼ばれるもののレシピでやってみた。

フライパンで油を温めて、ニンニク・ショウガを入れて炒める。その後、みじん切りにしたタマネギを入れて、こげ茶色になるまでひたすら炒める。そしてトマト(今回はカットトマト缶)を入れて水気を飛ばす。最後に、コリアンダー、ターメリック、クミン、チリペッパーを入れてちょっと炒めて、グレイビーは出来上がり。レシピでは塩も入れるのだが、例によって入れない。

その後、カレーとしての具材を別のフライパンで炒める。今回は、鶏の胸肉、ジャガイモ、キノコ類。最初は単純なチキンカレーにするつもりだったけれど、鶏肉だけではやっぱり寂しいかなと。それらの具材を軽く炒めたら、グレイビーを入れて、水を足して煮て、出来上がり。

味は、まあ、塩が入っていないので、お察しください。でも、カレー的なサムシングは一応感じられた。特に匂いで。ほのかな甘さもあった。逆に辛さが全然足りなかったので、次回は要調整。小麦粉なしなのでサラサラではあるけれど、カレーだと言って出されても、見た目的には文句は言われなさそう(味は聞くな)。

やり方は分かったので、今後、何回かはこのレシピで具材を変えてやってみよう。煮る時に使うものは、レシピ本によると、水、ヨーグルト、牛乳、生クリーム、ココナッツミルクを、具材によって使い分けるらしい。ヨーグルトは常備しているので、次は使ってみよう。他のものは…機会を見て買ってこよう。

ちなみに、みじん切り器もようやく導入した。ぶんぶんチョッパーというもの。これは便利だ。容量が小さいので、一度にみじん切りにできるのはせいぜいタマネギ半分くらいだけれど、自分的には十分。これで、ミートソースとかも作りやすくなるだろう。

あと、ニンニク・ショウガを炒める時、手抜きでチューブ入りのものを使ったら、見事に油がはねまくった。そりゃあ、そうか。水分多いし。次はちゃんと生のものを使おう。

15444101 journal
日記

kenketsuの日記: 眼底検査 2

日記 by kenketsu

まずは、問題なかったということをご報告。コメントで、通院を勧めていただいたた方々には、お礼を言いたい。ありがとうございました。

さて、先日の閃輝暗点疑いについて診察してもらってきた。朝一で近所の眼科へ行って受付。眼科に行くなんて、コンタクトレンズの処方箋を貰う以外では、何年振りだろうか。受付後は視力検査をやったが、この病院では、毎回必ず視力検査をやるらしい。

診察では、まず症状を伝達。ざっと確認された後、眼底検査をやることに。散瞳薬を点眼し、しばらく待つ。瞳孔の開き具合が足らなかったのか、散瞳薬を足した後、撮影を実施。その後は、診察の際にレンズが当たる時のための麻酔薬(?)を点眼し、再診察を待つ。ちなみに撮影の機材は、Windows XPっぽかったなぁ。

再診察では、また上下左右に目を向けつつ、医師が再確認。結果は、緑内障や網膜剥離の疑いはなく、その他も別段問題なしとのこと。なので、木曜日の症状は血流による一時的なものだろうとのこと。これで一安心。

で、診察後に表に出ると、視界全体がややぼやけていて、ピントを合わせるのがやや難しく、辺りが少々まぶしい。それに、横断歩道や路側帯などの白さが、かなりきつく見えたのが印象的。

なるほど、瞳孔が散大していると光を絞り込めなくて、こんな感じで見えるのか。確かに、この状態でバイクは運転できないな…大変危ない。

typodupeerror

「毎々お世話になっております。仕様書を頂きたく。」「拝承」 -- ある会社の日常

読み込み中...