パスワードを忘れた? アカウント作成
540996 journal

sheseeの日記: VMWare Playerで好きなLinuxを使うための覚書

日記 by shesee
1. VMWare Playerをインストール
http://www.vmware.com/

2. 雛形となるVitual Machineイメージをダウンロードする
http://www.vmware.com/vmtn/vm/browserapp.html

3. ダウンロードした中身
  • *.vmx Virtual Machineの設定ファイル
  • *.vmsd ?
  • *.vmss サスペンド時のマシンイメージ
  • *.vmdk HDDのイメージファイル
  • *.nvram BIOS設定内容
  • *.vmem サスペンドメモリーイメージ

4. vmxファイルを編集
○displayName VMの名前 適当

○guestOS ゲストOSのタイプ
http://blog.livedoor.jp/hakin/archives/50186212.html 参照

○nvram BIOS設定内容ファイルを相対パスで

○memsize Virtual Machineのメモリサイズをメガバイト単位で

○usb.present USBデバイスの有無 どっちでも

○floppy0.present FDDデバイスの有無 DOSとかWin9xじゃなければ不必要

○ide1:0.present 2nd IDE マスターデバイスの存在
1st IDE スレーブなら ide0:1

○ide1:0.fileName

HDD イメージなら vmdkファイル
CD/DVDイメージなら isoファイル
ホストマシンのCD-ROMをそのまま使うならauto detect

○ide1:0.deviceType

isoファイルならcdrom-image
HDDイメージなら省略
ホストマシンのCD-ROMをそのまま使うならcdrom-raw

○scsi0.present

SCSIデバイスの存在
二個目のSCSIならscsi1

○scsi0.virtualDev = "lsilogic"

Fusion MPT SPI SCSI Host Adapter(Ultra320)のエミュレーション
他に指定できるかは不明

○scsi0:0.present

SCSI ID0デバイスの存在
Ultra SCSIなら15まで可能

○scsi0:0.fileName = "SUSE10.vmdk"

HDD イメージなら vmdkファイル
CD/DVDイメージなら isoファイル
ホストマシンのCD-ROMをそのまま使うならauto detect

○scsi0:0.deviceType

isoファイルならcdrom-image
HDDイメージなら省略
ホストマシンのCD-ROMをそのまま使うならcdrom-raw

○ethernet0.present

Ethernetデバイスの存在

○ethernet0.connectionType

NATかBridgedを指定
NAT だとホストマシンをNATゲートウェイとして外部ネットにアクセス
bridged だとホストマシンが繋がっているネットのDHCPからIPを取得

○ethernet0.generatedAddress

EhternetデバイスのMACアドレス
先頭48bitはVMWareのマニファクチャーIDなので変えないこと

○ethernet0.virtualDev

省略だとAMD PCNet32のエミュレーション
e1000だとIntel EtherExpress1000のエミュレーション

○sound.present

サウンドデバイスの存在

○sound.virtualDev = "es1371"

Creative Ensonic PCI 128のエミュレーション
他のハードが指定可能かどうか不明

○checkpoint.vmState

vmssファイルを指定

○svga.maxWidth = "800"
○svga.maxHeight = "600"

画面解像度の指定
VESA VGA互換のフレームバッファのエミュレーション
アクセラレーションが必要ならvmware toolsのインストールが必要(製品版)

Open SUSE Linux 10インストールの例

#!/usr/bin/vmware
config.version = "8"
virtualHW.version = "4"
displayName = "Open SUSE Linux 10"
uuid.action = "create"
uuid.location = ""
uuid.bios = ""
guestOS = "suse"
nvram = "SUSE10.nvram"
memsize = "96"
usb.present = "TRUE"
floppy0.present = "FALSE"
ide1:0.present = "TRUE"
ide1:0.fileName = "SUSE-10.1-CD-OSS-i386-Beta1-CD.iso"
ide1:0.deviceType = "cdrom-image"
ide1:0.startConnected = "TRUE"
ide1:0.autodetect = "TRUE"
scsi0.present = "TRUE"
scsi0.virtualDev = "lsilogic"
scsi0:0.present = "TRUE"
scsi0:0.fileName = "SUSE10.vmdk"
scsi0:0.redo = ""
scsi0:1.present = "TRUE"
scsi0:1.fileName = "20G.vmdk"
scsi0:1.redo = ""
ethernet0.present = "TRUE"
ethernet0.connectionType = "nat"
ethernet0.addressType = "generated"
ethernet0.generatedAddress = "00:0c:29:*:*:*"
ethernet0.generatedAddressOffset = "0"
sound.present = "TRUE"
sound.virtualDev = "es1371"
checkpoint.vmState = "SUSE10.vmss"
priority.grabbed = "high"
priority.ungrabbed = "idle"
tools.syncTime = "TRUE"
workingDir = "."
disk.fragment.minPercentage = "25"
mainMem.preallocVACache = "TRUE"
sched.mem.pShare.checkRate = "32"
sched.mem.pshare.scanRate = "64"
svga.maxWidth = "800"
svga.maxHeight = "600"
tools.remindInstall = "TRUE"

5. インストールするOSのisoイメージをダウンロード

http://www.opensuse.org/Download
SUSEはCD 5枚なので、CDを入れ替える必要がある

vmxファイルで以下のように指定

ide1:0.fileName = "SUSE-10.1-CD-OSS-i386-Beta1-CD.iso"
ide1:0.deviceType = "cdrom-image"

SUSE-10.1-CD-OSS-i386-Beta1-CD1.iso
SUSE-10.1-CD-OSS-i386-Beta1-CD2.iso
SUSE-10.1-CD-OSS-i386-Beta1-CD3.iso
SUSE-10.1-CD-OSS-i386-Beta1-CD4.iso
SUSE-10.1-CD-OSS-i386-Beta1-CD5.iso

というファイルがあるはずなので、SUSE-10.1-CD-OSS-i386-Beta1-CD1.iso
をSUSE-10.1-CD-OSS-i386-Beta1-CD.isoに名前を変えて再起動

入れ替えを指示されたら、VMWareのcd-romボタンを押してマウントをはずすと
ファイルロックが外れるので、SUSE-10.1-CD-OSS-i386-Beta1-CD2.isoの名前を変える

6. HDDが足りないとき

http://www.clusterbuilder.com/vmware/vmware.html
から20G.vmdkをダウンロードして

scsi0:1.present = "TRUE"
scsi0:1.fileName = "20G.vmdk"
scsi0:1.redo = ""

と指定する

7. 起動 BIOSを変更してCD-ROMから起動させる必要がある

起動直後キーボードを有効にするためにCtrl-Gを押して
すかさずF2を押す
結構シビア BIOS画面でCD-ROMを起動順位の先頭にする

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

人生の大半の問題はスルー力で解決する -- スルー力研究専門家

読み込み中...