パスワードを忘れた? アカウント作成

ujimushiさんのトモダチの日記みんなの日記も見てね。 最新から新しい日記やタレこみを確認できますよ。

15453967 journal
日記

ujimushiの日記: 細か過ぎてよく分からない,Emacs 26.3を使っている時に遭遇した起きて欲しくないm?elpaの挙動

日記 by ujimushi

仕事ではubuntu 20.04のデスクトップ,家ではubuntu 21.04のデスクトップを常用しており,Emacsがその中心にいる。

で,会社のPCでEmacsを立ち上げ,「M-x package-install-pacakge」からリストを表示させ,「U」で更新可能なパッケージを表示させ「x」で最新のバッケージに更新した。

すると,プリコンパイル時に謎のエラーが発生し,eglot他いくつかのパッケージが動作しなくなった。
少し確認すると,どうも「xref」を読み込む時にエラーが発生しているようで,よくよく確認してみると, eglotがxrefのバージョン1.0.1以上を要求していのに対し,emacs 26.3内の1.3.0を使わずelpaパッケージ(gnu)の1.3.0をダウンロードしてインストールしようとし,またそれぞれの1.3.0でコードが同一ではないという恐ろしい状況のため,たくさんの不都合な状況となっていたようだ。

そこで解決方法としては,後でインストールされたxrefパッケージをパッケージ管理を通さずに 手で消すという荒技で解決。なお家のEmacs 27.1では再現せず。

そしてこれから家のPCのubuntu 21.04 を 21.10にアップデート予定…

15448692 journal
日記

ujimushiの日記: julia言語はじめました

日記 by ujimushi

仕事関係ではmatlab等の購入・維持予算等もつけれらないような状況のため, 無料で使えるツールであるScilabやpython等で色々対応してきていた。

julia言語は興味はあったものの,できたばかりの言語で仕様がコロコロ変わるということで, なかなか手を出せなかったが今年の2月ぐらいから今さらながらボチボチ勉強中。

Emacs使いで何のパッケージで開発環境を構築するかがなかなか決定できず, 最初はjulia-modeとESS(Emacs Speaks Statistics)で開発していたが,特徴であるreplが使えず eldoc対応が打ち切られたことで,他のパッケージでの開発環境の検討に入る。

現在はjulia-mode + eglot-jl + julia-repl(eterm-256color導入) という形で落ち着いているが,juliaのパッケージの LanguageServerとそのバックエンドのSymbolServerがやや不安定で, 様々なアップデートで微妙に動かなくなったりする今日この頃。

次のスクリプトは最近出たjulia 1.6.3についてubnutuのデスクトップでインストールする一つの例。

#!/bin/bash

VERSION=1.6.3
JULIA_TARBALL=$HOME/Downloads/julia-${VERSION}-linux-x86_64.tar.gz
LOCAL_DIR=$HOME/.local
# ~/.local/opt にインストール
OPT_DIR=$LOCAL_DIR/opt
JULIA_SRC_DIR=$OPT_DIR/julia-${VERSION}
SHARE_APP=share/applications
ASSETS=$JULIA_SRC_DIR/share/doc/julia/html/en/assets

# 無ければ作成
mkdir -p $OPT_DIR
cd $OPT_DIR
echo "tarball extracting"
tar xzf $JULIA_TARBALL

echo "linking path"
# 個人ユーザー用binに追加($HOME/.profileに記載のある内容)
mkdir -p $LOCAL_DIR/bin
cd $LOCAL_DIR/bin
rm -f julia
ln -s $JULIA_SRC_DIR/bin/julia ./

# gnomeのデスクトップにショートカットを追加
echo "linking for gnome"
cd $LOCAL_DIR/share/applications
rm -f julia.desktop
ln -s $JULIA_SRC_DIR/$SHARE_APP/julia.desktop ./

# アイコン設定
cd $LOCAL_DIR/share/icons/hicolor/scalable/apps
rm -f julia.svg

# 背景が黒っぽい時
ln -s $ASSETS/logo-dark.svg ./julia.svg
# 背景が明るい色の時
#ln -s $ASSETS/logo.svg ./julia.svg

15254799 journal
日記

ujimushiの日記: エセ緊急地震速報試験放送 2

日記 by ujimushi

つい最近知ったのだが、世の中にはFM放送の緊急地震・津波速報の警報音を感知して 光のアラームや放送を流すラジオというものがあって,会社のフロアに置いてある。 ところが最近この一ヵ月に二回ほど誤動作(?)して突然大音響でラジオ放送が流れだす ことがあった。

某FM曲のオンエア曲サーチからTempalayというアーティストの 「GHOST WORLD」という曲がきっかけのような感じだった。 さらにイントラチャットからの情報によるとどうもこの曲,イントロで緊急地震速報の警報音を サンプリングしたものを使っているらしい。

さっき思い出してぐぐって聞いてみたところ…,時間は短いけどそのまんまですやん。 こりゃラジオは正常動作ですわ。

15210625 journal
日記

ujimushiの日記: TimeTree Android版挙動の謎

日記 by ujimushi

数日前のAndroid版のアップデートで急に期限なしの毎週「月火水木金」の繰り返し予定(まぁ出勤予定)がマンスリー表示に表示されなくなった。サポートに問い合わせたところ、

繰り返し365件の制限に引っかかったから表示されなくなった。 予定を新たに作り直してくれ。

とのこと

しかし、Web版から見ると繰り返し表示は今でも正常に表示される。 新たに作り直すとWeb版からは二重で表示されることになる。

この次の内容は私の妄想なので, TimeTreeの公式見解ではないので注意いただきたいが,

andoroid版TimeTreeの表示仕様について,数日前のアップデートで 「1件→繰り返し回数」だったものが「1件→カレンダーに表示される日数」 ということにアナウンスなしで変更されたと妄想している。 しかし,Web版とかは「1件→繰り返し回数」(あるいは制限なし)なので 期限なしのスケジュールでも正常に表示されると妄想する。

このようなことになった以上…

そう。android版とWeb版の整合性をとるのは ユーザー責任となったということである。

android版の場合一登録につき365日表示の制限なので,

毎週1日
なら登録日後7年表示
毎週2日
なら登録日後3.5年表示
毎週3日
なら登録日後2.33年表示
毎週4日
なら登録日後1.75年表示
毎週5日
なら登録日後1.4年表示
毎週6日
なら登録日後1.16年表示
毎週7日
なら登録日後1年表示

そう。この「表示日数制限」があるなら, 毎週繰り返しの無期限登録は無期限ではなく,忘れたころに表示されなくなる ただの地雷であることは明白だろう。今度からは必ず1年期限で登録しよう。

とはいえ,う~ん。困った。実は繰り返しのスケジュール登録は,情報自体よりも イレギュラーにそのスケジュールが無くなった情報の方が重要で, andoroid版では今は全く確認できず,Web版からでもそこの修正が結構面倒なのだ。

自分だけの予定ならば他のカレンダーシステムに移行してもいいのだが, 家族で共有しているし,使い慣れたものを変えるのもなかなか難しい。

今度休日にWeb版からがっつり登録し直しておこう。

14971217 journal
日記

ujimushiの日記: tc.elのEmacs-27.1対応 1

日記 by ujimushi

Emacsの27.1が8月に出て,メジャーバージョンが上がるとうまく動かないところがあって, そろそろ対応しないとやばいなと思ってたけど,放置していたらやはりissueが立った。 (クララが立った,みたいな感じで)

本当にたまたま出来心でその日Windowsの公式バイナリのEmacs-27.1をダウンロードして,漢直以外も含めて今使っているモジュールがどれぐらい動くか試してみて, やっぱりisearch動かんなぁとか思ってここ修正せなあかんなと思っていて家に帰ってメール確認してたらissue通知が来ていたという感じ。

もちろん放置していたのも理由があって,最新のUbuntu 20.10でもEmacsのバージョンは26.3が最新で,LinuxでEmacsの最新版の確認をするのは現状意外と面倒というもの。今使っている環境はまだ27.1は入れたくないし…

ただ,速攻でプルリク出されてしまったので, 「速攻には速攻で返すのが礼儀」ということでLinux上での検証環境の構築を模索する。

最近個人的にイチオシのlxdで検証できないか試してみる。

まずは,ubuntu 20.04のコンテナを立ち上げて,必要なファイルをゲストにアップロードしておく

# ubuntu serverなら最初に作ったユーザーはsudoはいらないけど,desktop版ではデフォルではsudoが必要
# ubuntu 20.04イメージのダウンロード
sudo lxc launch ubuntu:20.04 emacs27test

# ゲストの/home/ubuntu/ に ~/.emacs.d 以下のアーカイブをまとめたものをアップロード
sudo lxc file push emacs.d.tar.gz emacs27test/home/ubuntu/

# ゲストの/home/ubuntu/にtcodeの設定ファイルをアップロード
sudo lxc file push ~/.tc emacs27test/home/ubuntu/

# ゲストのシェルに入る
sudo lxc exec emacs27test bash

邪道だけどゲストのshell上で作業

# 上のコマンドでbashに入るとrootユーザー相当なのでsudoがいらない
# ppaのレポジトリを追加
add-apt-repository ppa:kelleyk/emacs

apt update
apt upgrade

# Xを使わないemacs27をインストール
apt install emacs27-nox

# コンテナに最初から存在するユーザーubuntuに変更
su ubuntu

# emacsの設定ファイルを展開
tar xzf emacs.d.tar.gz

# バージョン確認
emacs --version

# emacs 起動
emacs -nw

後はよしなに確認作業をして,プルリクをマージして,melpaにも反映されましたとさ。おしまい。

14285826 journal
日記

ujimushiの日記: Windows版のSylpheedでGpg4winを認識させる 1

日記 by ujimushi

2002年頃から使っているということで仕事で利用させてもらっているメーラSylpheed。 最近会社のWindowsのPCを更新した時にGpg4winを認識しなくなったと思って, 約1年前ぐらいに認識方法をググって見つけていたのだが,元ネタが ネットから消え去っていたので,ここにその情報を残す。

sylpheed,gpg4winとも公式バイナリは32bitアプリケーションなので 64bitのWindows環境ではwow6432関係のレジストリキーを追加することで認識してくれる。

場所
\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WOW6432Node\GNU\GnuPG\
種類
文字列
値の名前
Install Directory
値のデータ
C:\Program Files (x86)\GnuPG\bin

と情報を書いてみたものの,次の内容のテキストファイルを「sylpheed-gpg4win.reg」で保存して, 管理者権限でレジストリエディタを立ち上げてインポートするのがてっとり早いかも。

Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WOW6432Node\GNU\GnuPG]
"Install Directory"="C:\\Program Files (x86)\\GnuPG\\bin"

余談ではあるが,「HLMS/WOW6432Node/GnuPGに「Install Directory」があるので 使っているSylpheedが使っているgpgmeライブラリのバージョンが古いことが そもそもGpg4Winを認識できない原因のような気も…。

ThunderbirdがOpenPGP対応強化みたいな記事があったので, 忘れないうちに情報を残しておくことにしました。

14196030 journal
日記

ujimushiの日記: scilab 6.1をubuntu 20.04で動作させるあれこれ

日記 by ujimushi

最近リリースされたubuntu 20.04に19.10からアップグレードしたところ, そのままではscilabがうまく動作しないケースがあった。

貧乏な部署で,matlabの代替で使っている scilabが動作しないとー大事。色々調べたりして何とか動作するようになった。 なお,scilab6.1は公式サイトからダウンロードしたバイナリで,19.10で 動作させる時にも古いライブラリをインストールしていた記憶があるので, 新規インストールで動作させるにはここで記載した以外にさらに追加手順があるはず。

libtinfo関連のエラー
どうもlibtinfoのバージョンが5→6に上がっているらしい。 旧バージョンをインストールすればいいようだ。次の手順を参照。

sudo apt install libtinfo5

opengl関連のエラー
plot2dなどのグラフ描画がうまくいかない。ある一部の環境で発生。 scilab実行時に環境変数でMESA_GL_VERSION_OVERRIDE=3.0 を設定しておけばよいらしい。 実行用のscilabスクリプトの先頭付近に次の一行を追加。

export MESA_GL_VERSION_OVERRIDE=3.0

なお,openglに対応していない仮想環境では LIBGL_ALWAYS_SOFTWARE=1 も設定するといいらしい。

というような内容をぐぐって見つけた。 https://bugs.debian.org/cgi-bin/bugreport.cgi?bug=886837

14101404 journal
日記

ujimushiの日記: 勘違い

日記 by ujimushi

不謹慎で申し訳ないが,新型コロナ(ウイルス)と聞いて最初は

なんか車が新しくなったのか?

と思った。

ググると何十年も前の車とのこと。
子供の頃から車に対する知識が進歩していないことを痛感した。

当然車は持っていない。

14069090 journal
日記

ujimushiの日記: クリスマスプレゼント

日記 by ujimushi

私は魔法が使えるようになってからお見合いでかなり前に結婚したのですが(←どうでもいい),
息子はちょうどサンタさんを信じるお年頃,今年のプレゼントの希望を嫁がさりげなく聞いたら「○億円」と答えたそうで,
また私とは,某超高級観光寝台列車のチケットをサンタさんに今年はお願いしたい(←息子は鉄分高め)という話もしてました。

今年のサンタさん(達?)は頭を抱えて悩むばかり。いったいどうなるでしょうか?

14067570 journal
日記

ujimushiの日記: 今年の流行語大賞 5

日記 by ujimushi

今年の流行語大賞は「ワンチーム」らしいが,

娘が妻に「ワンチームってどういう意味?」 妻はよく分からなかったみたいで私が説明することに。

「まぁチームのみんなが一つの目的に向かって進む,みたいな感じやな。 若干自己犠牲的な意味も含む…ってこれは言葉が難しいか」

そこで終われば良かったのだが

「そういやパパは会社では組織上チームにパパ一人しかおらんから 『オンリーワンチーム』,いや『ロンリーワンチーム』か…」

typodupeerror

アレゲは一日にしてならず -- アレゲ見習い

読み込み中...