パスワードを忘れた? アカウント作成
320214 journal

yasuokaの日記: 任天堂社長の考えるQWERTY配列 4

日記 by yasuoka

『キーボード配列QWERTYの謎』(NTT出版、2008年3月)の読者から、岩田聡のこのインタビューを読んでほしい、と連絡があった。

そもそも、キーボードのアルファベットの配列は、左上からQ、W、E、R、T、Yと並んでいるので「QWERTY(クワーティ)配列」と呼ばれてますけど、これは昔の手動式タイプライターが、レバー状の活字をポーンと押し出してタイプする構造でしたので、たくさんのレバーが絡まないようにするためにあえて速く打てないようにつくられた配列だと言われているんです。

そう「言われている」のを本気で信じているのなら、そんな製品を売るなよ。と、以前、ブラザー工業の時もコメントしたのだが…。今回、任天堂は、社長みずからがこのガセネタを広めたい、ということなのだろう。まあ、社長が『キーボード配列QWERTYの謎』のまえがきすら読んでないのはともかくとして、任天堂という会社は、インタビュイーの3人も含め、このガセネタを誰一人として指摘できない体質の会社なのだろうか。

この議論は、yasuoka (21275)によって ログインユーザだけとして作成されたが、今となっては 新たにコメントを付けることはできません。
  • by nemui4 (20313) on 2011年04月25日 9時22分 (#1942057) 日記

    QWERTY配列なんて知らないか気にして無くて。
    あのネタの真贋なんてもっと気にして無くて。
    任天堂関係者とかインタビュアーさんは「任天堂社長」のうんちくに感心するポーズを示しているだけじゃないすか。
    あの話はなんとなくトリビアっぽくて「へーっ」と言ってしまいたくなりますし。

typodupeerror

Stableって古いって意味だっけ? -- Debian初級

読み込み中...