パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

Apple、iBookおよびPowerBookのバッテリ180万台をリコール」記事へのコメント

  • 東芝  → 「一部機種でソニー製バッテリーを使っているが、リコール対象とは異なるタイプと確認した。念のため、改めて安全確認を行っている」
    ソニー → 「デルの製品とは充電システムなどの構成が異なるため、発火の危険はない」
    レノボ → 「(デルとは異なる)独自のマネジメントソフトを使っており、問題は起きていない。安全だと認識している」
    日立  → 「コンシュマー向けの『Prius』では使用していない。ビジネス向けでは一部製品でソニー製を使っていたが、
           問題のバッテリーではないと確認したため、安全性には問題ないと認識している」
    日本HP→ わざわざプレスリリースで安全宣言←もう逃げれない
    富士通 → 「調査の結果、弊社のノートパソコンがバッテリーにより発煙・発火する可能性はないと判断している」

    らしいけど

    東芝は

    http://pc7.2ch.net/test/read.cgi/notepc/1148921794/ [2ch.net]


    137 :[Fn]+[名無しさん] :2006/08/16(水) 13:21:11 ID:ExNfKB7x
    SS S5です

    朝会社に行き、デスクのS5を見るとなんか浮き上がっていたので、
    おかしいなと思ってみてみたらバッテリーが厚さが4cmくらいに膨らんでケースが割れてました。
    もしかしてDELLと同じじゃないのかな・・・
    バッテリーの中にSONY FUKUSHIMAって印刷されてるんだけど。

    これってメーカーに言った方がいいのかな

    138 [Fn]+[名無しさん] sage 2006/08/16(水) 14:43:41 ID:nsAQaXuW
    証拠保全w と消費生活センターへのチクリもぜひ同時進行で

    139 :137 :2006/08/16(水) 15:36:05 ID:ExNfKB7x
    >138

    こんなんだけど

    ttp://para-site.net/up/data/14225.jpg
    ttp://para-site.net/up/data/14226.jpg

    143 :137 :2006/08/16(水) 16:20:55 ID:ExNfKB7x
    これ、今朝じゃなくてもう少し前のことなんだけど

    バッテリーが弱ってるのは知ってたけど、朝になったらこうなってた。
    前の晩まではPCがぐらついてなかったから、夜のうちに膨らんだと思う
    持ち歩いたときも違和感無かったし。

    火事にならなくて良かった


    みたいな話もあるみたいだし、どうなるんでしょうね。
    • by Anonymous Coward on 2006年08月25日 11時25分 (#1004502)
      携帯電話販売店のしがない店員ですが
      ドコモのP06(P700i 901i等)に1年経たずに膨れてくるロットがあって、
      急激に持ちが悪くなったとか充電しても1日持たないとかお客様が仰るので
      本体を見せてもらうと十中八九は電池蓋が外れないほど電池が膨れています
      膨れることはごく希にはありますがこんなに多いのはどうみても不良です
      毎日使っている物なら膨れていることに気がついても良さそうなんですが…

      携帯電話だとポケットに入れて毎日持ち歩く方もいらっしゃる筈なので、
      ドコモに持ち込んだ人だけ無償交換じゃなくきちんと対応してもらいたい
      お店では交換できないのでバッテリーを買ってもらうしかないんですよ
      親コメント
      • by osakanataro (17131) on 2006年08月25日 13時03分 (#1004584) 日記
        先日P901iSがそうなったのですが、1年過ぎてしまって有償交換になりました・・・
        親コメント
      • Re:Panasonicですが (スコア:2, 参考になる)

        by Anonymous Coward on 2006年08月25日 19時09分 (#1004833)
        電池は充放電である程度膨れる。 Pのは、セルの周りにモールドが無いタイプだろう。 また、膨れるのを計算に入れずに筐体設計してたのかもね。
        親コメント
      • by Anonymous Coward
        以前使っていた旧DDI-Pocket時代のPanasonic製端末、KX-HV210も、機種変更後目覚まし時計代わりにつかっていたらある日気づいたら電池がぷっくりふくれてお亡くなりにってました。

        検索してみるとこの機種の電池もふくれてお亡くなりという情報をよく見かけたのですがやはりこれも不良なんでしょうかね?
        • KX-HV210を3年半ほど使ってます。電池がもうダメなので明日にでも初代京ぽんに機種変しに行くつもりですが

          HV210は、充電台に置きながらパケット通信が可能な機種だったので、ヘビーユーザーを中心に「電池が太る」という現象が一般的に報告されています。ほとんどのヘビーユーザーがサポートコインサービスなどで電池交換で対応してるみたいですが

          電池セルのフレームに軽量化のためにPETを使用しているためなんですが、電池が「太る」原因は充電台に置きながら、長時間連続して使用するなどの使用環境に問題があります。通常の使用方法(設計時に想定していた使用方法)は、おそらく電池が太る前にライフサイクルを終えてる前提だったのでしょうが、頻繁な充放電環境で使われることが多かったHV210は、普通の機種よりも多く報告が上がってるんじゃないかと想像します

          多分、他の機種でも問題が起こってるのは、ゲームとかメールの連続使用で、HV210と同じような頻繁な充放電環境におかれてるユーザーなんじゃないかと想像します。メーカー側から見れば、欠陥というよりも設計時想定外の使い方による問題なんで、おそらくリコールみたいな対策が取りにくいんじゃないでしょうか?
          親コメント
    • by Anonymous Coward on 2006年08月25日 10時03分 (#1004409)
      >ソニー → 「デルの製品とは充電システムなどの構成が異なるため、発火の危険はない」
      >レノボ → 「(デルとは異なる)独自のマネジメントソフトを使っており、問題は起きていない。安全だと認識している」

      って,結局欠陥バッテリーとユルいマネジメントソフトの連携があるとまずいのですかね。
      一応,大事になってるのはDellとAppleだけど,お世辞にも省電力の強い会社じゃないもんね(東芝もか)。バッテリーのマージンぎりぎりを使っていてもおかしくないね。
      今回は,そこそこの頻度で欠陥バッテリーが存在したのが問題なんだろうけど,量産品である以上,「まれに」そういうのが含まれているのはしかたない。その「まれに」欠陥バッテリーに当たった場合,DellとAppleのPCは爆発炎上確実と。
      バッテリーを交換したところで,燃える管理ソフトのPCであることはかわりないわけで。完全に解決したとは思えませんね。欠陥バッテリーでも大丈夫だといってるメーカーもあるわけですから。
      まあ,今回はバッテリーがまずかったのが直接要因なのだからソニーが責められるのは仕方ないけど,問題としては2面性を抱えているのでは。少なくともソニーだけの問題じゃないよね。
      親コメント
      • このマネージメントソフトというのがアプリケーションだとしたら、
        裏を返せばソフトウェアで故意に発火させることができる
        ということになるので、一層危険ではないでしょうか?

        このマネージメントソフトというのが
        充放電の制御基盤条のファームウェアだとすれば
        まぁいいわけとしてなり立つとは思いますが。

        #裏を返せば表じゃん。
        #ていうか、裏か?逆か?対偶か?(違っ
        --
        屍体メモ [windy.cx]
        親コメント
        • ソフトで制御できますよ。BIOSサービスかI/Oポートでは。

          Hi-Note Ultra のバッテリーがヘタった時にリフレッシュ用
          プログラムをネットで見つけてダウンロード&実行したところ
          「プシュッ」とヤバイ音がすると同時に、バッテリーから一筋
          の煙が立ち上り、焼け焦げた臭いが…。そんなことがおこると
          は予想していなかったのでしばらく呆然としてしまいました。
          一歩間違えば大怪我や爆発事故です。背筋が凍る思いでした。
          肝心のバッテリー容量のほうは、全く復活しませんでした…。
          親コメント
          • あー、それは自爆(他爆)機能をソフト的に実装できると考えて良いのでしょうか?
            まあ、コントローラがヘボな機種でしか使えないでしょうけど、それでもウイルスで全世界的にばら撒かれた日には・・・。
            • 昔から、NetscapeとかGeckoのα版だとかβ版をインストールしようとすると、↓のようなメッセージが出るようになってました…。

              "It may delete all your files and smoke your hard drive."

              ってことで、自爆は出来ないまでも、HDDを燻製にすることくらいは出来るんじゃないかと。。。。
              親コメント
        • バッテリーに限らずハードウェアの制御を完全に渡してもらえればいろいろと危険な挙動をさせられますよ。もっとも発火や爆発以上に危険な挙動はちょっとないですけど。

      • 今回の回収は、対象電池セルの一部に混入した微細な金属粒子が、電池セル内の他部品と接触し、稀にではありますが、電池セル内部で短絡(ショート)を起こすことに起因します。


        単なる不良品なんだから二面性も何も無いのでは?
        • でも、そうすると

          >ソニー → 「デルの製品とは充電システムなどの構成が異なるため、発火の危険はない」

          というコメントの意味がわからない。
          --
          # 数学は科学の女王にして奴隷
          親コメント
          • >>「デルの製品とは充電システムなどの構成が異なるため、発火の危険はない(としておきたい)」

            たんにリコールを渋ってるだけ。ソニー製電池は他のメーカーも危険。

            金属片が通電時(充電時、放電時)に極周辺に集まっていき(メッキと同じ原理みたいなもん??)、最終的にショートを起こすと認識してるんだけど、違ってる?>エロイ人。

            電圧が違えば金属片が集まっていく速度も違うだろうが使い続ければ結果は一緒。

            で、一度ショート(金属片で結線)してしまえばそこで電流流れ続けるわけでー>発熱ー>発火。

            だから、dellノートは放電時でも、充電終了後の放置状態でも発火してるんだとオモ。

            間違ってる??(きっと間違ってる)。教えてエロイ人。
            • 金属片が通電時(充電時、放電時)に極周辺に集まっていき(メッキと同じ原理みたいなもん??)、最終的にショートを起こすと認識してるんだけど、違ってる?>エロイ人。
              違ってます(多分)。(失礼の段はご容赦を)
              BUM氏のコメント [srad.jp]にあるリンク [sony.co.jp]、およびAC氏によるコメント [srad.jp]によると、金属片は、電池の中で生成するのではなく、製造過程で混入したものです。充電・放電時に電池内で生成したものではありません。「メッキと同じ原理みたいなもん」で電池内を移動していくようなものではありません。というわけで、後に続く
              電圧が違えば金属片が集まっていく速度も違うだろうが使い続ければ結果は一緒。
              も、完全に間違いというわけではありませんが、おおむね間違いです。
              金属イオンが還元されて生じる金属結晶が樹枝状に金属樹となって伸びていく話や、電気泳動でイオンが移動する話と混同していませんか?
              (還元されて生じる金属を樹枝状にさせない技術は電池メーカー技術者の腕の見せ所なので、これが原因でショートしているとすれば、根本的に問題あり。)
              もちろん、金属片が電池内では全く動かないということではありません。電解“液”である以上は何らかの流動はあって、金属片がそれに乗って動くことはありうるでしょう。

              次の
              で、一度ショート(金属片で結線)してしまえばそこで電流流れ続けるわけでー>発熱ー>発火。
              については、電流が流れ続ける期間の解釈と外部からの制御がどうなっているのかによります。
              外部からは何の監視も制御も行われていないとしましょう。すると、
              • 極板間がショートすれば、その極板間に短時間(長くて数秒?)のうちに一気に大電流が流れて、かなり危険です。
              • 充電に切り替わっても、他のセルよりも抵抗が小さい分、大量の電流が流れるでしょうから、やはり危険。ただしこちらは供給される電流がそんなに大きくないはずなので、放電のときほどには危険ではありません。放電のときのエネルギーがいかに大きいかはgigo氏のコメント [srad.jp]にあるとおりです。
              というわけで、電池の物理的・化学的特性がそのまま現れてきて、たいそう危険です。

              そこで外部からの監視・制御の出番ということになります。この働きとしては、
              1. ショートが発生したときのセルの急激な電圧低下(外部に電気エネルギーとして取り出されるはずのエネルギーがショートによって内部で急激に消費されるので、外から見たら電池の電圧が急激に下がったように見える)を検出する。
              2. 充電時に電流を流しているにもかかわらず起電力が回復してこない(流した電流が充電に相当する化学変化を起こさず、ショートした部分でのジュール熱として消費される)セルを検出する。
              くらいのことが最低限必要でしょう。そして、ここから先はよく知りませんが、検出さえできれば、発火や爆発に至る前に打つ手があるのでしょう。
              他社が問題ないといっているのは、たとえショートしたとしても、発火・爆発を回避できるように、監視・制御できているからなのだと思います。
              親コメント
              • セル内部に金属片混入ー>内部ショートですから、
                >極板間がショートすれば、その極板間に短時間(長くて数秒?)のうちに一気に大電流が流れて、かなり危険です。

                の状態なのでは??
                内部でショートして流れる電流を外部機器側でカットできるのですか??

                と言う事が問題にされてるのだと思うんですが。
            • >>たんにリコールを渋ってるだけ。ソニー製電池は他のメーカーも危険。
              ソニー製電池が危険なのはたぶん間違いないけど,どうもDellとAppleに集中してないかい?

              >>dellノートは放電時でも、充電終了後の放置状態でも発火してるんだとオモ。
              Li-ionって,フル放電とフル充電時が一番爆発発火のリスクが大きいんじゃなかったっけ?それをいい頃合いに調整するのがキモだったはず。
          • ソニー → 「デルの製品とは充電システムなどの構成(におけるソニータイマーの有無)が異なるため、(タイマーが先に発動するので)発火の危険はない」
          • 某メーカの解析によると、Dellのノートは急速充電器のような特殊な充電方式を使用しているそうで、それがよくないらしいですな。
      • >って,結局欠陥バッテリーとユルいマネジメントソフトの連携があるとまずいのですかね。

        違います。バッテリの内部の短絡で起きるのだから、ソフトは無関係。
        ソニーやレノボは調査不十分もしくは、詭弁で逃げようとしているだけ。
    • ソニーでは金属片混入の原因も対象ロットも完全に把握していて、既に各メーカに通達しているようですが。

私はプログラマです。1040 formに私の職業としてそう書いています -- Ken Thompson

処理中...