パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

Google、Web上の文書作成兼表計算サービスを提供開始」記事へのコメント

  • 一人だけが編集する文書だと、あまりメリットを感じられないかもしれません。

    なにより便利なのは、ひとつの文書を複数人がリアルタイムに同時に編集するときです。
    他人の変更をリアルタイムで知ることができるのは極めて強力であり、Webならではです。

    Wordでつくった文書をメールで送り、修正してまたメールで送り、また修正してメールで送る、、実はお互いに修正していてマージが大変、、、というこれまでの行為がいかに原始的だったかと思い知らされます。
    • >他人の変更をリアルタイムで知ることができるのは極めて強力であり、Webならではです。

      そんな馬鹿な。リアルタイムで他のユーザが、いやそれどころかサーバが状態変化を通知するのは、ステートレスかつクライアントからの一方通行たるWebアプリの最も苦手とするところですよ。
      Webでそれをやるには昔のチャットのように頻繁にリクエストを投げるか、もしくは更新リクエストを受け付けたらレスポンスを返すのをわざと遅延させる、なんていう小細工が絶対に必要になります。

      そういうのが得意なのはWebが登場する前のいわゆる「クラサバ」(Webもクラサバなのにねえ…)と呼ばれる物です。ソケット開きっ放しもよし、サーバからクライアントに更新を伝えるもよし、まさにリアルタイム向きです。

      この手の物をWebでやるメリット、それはもう散々言われてますがクライアントにソフトをインストールしなくて良いという事、それとOSを(比較的)選ばないという事、ですよ。
      • > もしくは更新リクエストを受け付けたらレスポンスを返すのをわざと遅延させる、なんていう小細工が絶対に必要になります。

        Google Talkはこれじゃなかったかな?

        非同期でリクエストを投げて、応答を返すタイミングをサーバサイドで制御することで(サーバ側でイベントがあるまで応答を遅らせる)、
        「サーバから状態変化を知らせる」ような動きを実現していると。小細工といえば小細工ですが。

        今回のブツが同じ仕組みかどうかは分かりません。
        親コメント

人生の大半の問題はスルー力で解決する -- スルー力研究専門家

処理中...