パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

補聴器付きブラジャー」記事へのコメント

  • そこでいう雑学というのは、まるで嘘ではないが細部は正しくない、
    だからといって誰も正しく知ろうと思わないような知識なんでしょう。
    明治末期に起きた事を大正初期の事として覚えている、おじいちゃんの昔話みたいな。
    例えば、博学王といえば、もうちょっと役に立つ知識を知っている人に聞こえますね。
    雑学王というのは、不真面目な態度でも知ってるだけ凄い事を知ってる奴という、
    皮肉の込められたもの…だと思いたいですね。
    • まあ、単純に「情報の正誤」だけならいいんですけど、どうも、このネタ、『American Sex Machines』からの「パクリ」で、しかもパクってきた際に情報を落としまくってるみたいなんですよ。よければ「ブラジャー型の補聴器」のネタ元 [srad.jp]もごらん下さい。
      • by Anonymous Coward on 2008年01月23日 19時46分 (#1285318)
        娯楽性のある情報は娯楽的読書のために、面白い部分を拡大・加工される事は仕方ないのでしょう。
        しかし、この話の場合魚を三枚に下ろした後の骨を見て、魚を語っているようなものでしょうか。
        (正誤というのは、情報の欠落・変換も含めていましたが)

        氏を擁護する気は無く、むしろ村崎某との共著本を読んだり、コラムを読んでも面白いと思った事が無いのですが、
        誠実な態度をもった人間、王と聞いた時に期待する品格・風格etcを期待するのは元々間違いなのだと思います。
        どうでもいい情報の上だから存在できる、裸の王様的な「王」なのでしょう。
        本人が偶像と呼ばれる事を恥に感じる「王」であれば、誤りの指摘は意味をなすと思うのですが、
        彼もその主な読者層もそれを了解しているんじゃないだろうかと思えてなりません。
        親コメント

ナニゲにアレゲなのは、ナニゲなアレゲ -- アレゲ研究家

処理中...