パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

雑誌を購入すると、スキャンしたデータをネットで閲覧できるようになるサービス「コルシカ」」記事へのコメント

  •  とりあえず、このサービス自体が現状真っ黒なのは他でも指摘されてるのでおいときます。

     けど、やり方しだいではWin-Win-Winな風にできるんじゃないですかね。雑誌社の許諾を得て似たような商売をする場合を考えると

    • 雑誌社→印刷部数よりも多くの販売実績と売り上げを得る
    • 仲介業者→在庫リスクなしで販売マージンを得る
    • 消費者→雑誌を保管・廃棄するコストがなくなる

    どれもけっこう現実的なメリットで、かつリスクも低い気がしますけどね。

    • by Anonymous Coward

      小売や取次ぎの存在を忘れちゃいけないと思う・・・。
      完全Web or 直販移行の覚悟がなければ、かなりの壁があると思います。

    • by Anonymous Coward

      このサービスが正攻法でうまくいったと仮定した場合。
            ・ 雑誌を印刷する必要がなくなる。
            ・ 仲介業者が必要なくなる。
            ・ 書店も必要なくなる。
            ・ 結局は、 編集者 => コンテンツをオンラインで紹介 で済んでしまう。
      ってことで、オンライン雑誌化してしまうんでは?

      まあ、紙に印刷せずに済み、それを廃棄する必要も、配送する必要も
      なくなる分、エコな感じはしますが。

    • by Anonymous Coward

      Fujisan.co.jp [fujisan.co.jp]は、雑誌(印刷物)の定期購読販売に加え、
      デジタル雑誌の販売も増えてきていて、権利処理もちゃんとしているように見えます。

    • by Anonymous Coward
      地球にはやさしいけど
    • by Anonymous Coward

      普通に出版社と契約すればデータのみの流通でこんな無駄な手続きは要らないじゃないか。
      それが出来ないのであれば、出版社を納得させられるものを出せないって事でしょう。

      出版社的には当然、元著作権者からの許諾としてネット配信をも許可を取らないといけないので、当然、その分原稿料なんかはコストアップになるでしょうから、実際のネットでの売り上げが数裁けないと赤字に成り得るでしょうが。
      こういうのが基本的に出版社でないと出来ないのは、自社の著作権のみでなく各コンテンツの元著作者から全て許諾を得ないといけないってのがネックなんですよ。

Stay hungry, Stay foolish. -- Steven Paul Jobs

処理中...