パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

Google、「不愉快なコンテンツを却下する」特許取得 」記事へのコメント

  • タレコミ中の記述がなんとなく実施例での記述っぽかったので請求項を見てみました。実施例はほとんど見てません。

    不愉快度、というものは請求項自体には書かれていません(実施例には書かれているようです)。判定対象と類似したドキュメント群の許可できない部分と一致する部分を判定対象のドキュメントが持つかどうかで判断して、コンテンツの承認、却下を決める方法、になっています。

    また、従属クレームで以下のような判定基準が書かれています。

    ・フレーム更新間隔が短いもの
    ・ユーザー操作なしに音楽、映像をダウンロードするもの
    ・ドキュメント自身以外からデータを持ってくるもの
    ・ネットワーク接続を開くもの
    ・ハードウェアにアクセスするもの(例:マウス、ゲームコントローラ)
    ・擬似乱数生成器を持つもの
    ・ループ回数が大きいもの
    ・画像の質に対する判定(例:境界がはっきりしない、サイズが大きい、(フレーム間での)コントラストの変更率、色の変更率、(おそらく反転や明度変更のような)変換を含む率)

普通のやつらの下を行け -- バッドノウハウ専門家

処理中...