パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

ほとんどのAndroid端末では「最新OS」を利用できない」記事へのコメント

  • 日本のケータイ (PHS含む) 電話各社は2年契約、2年割賦が一般的なのは知っているのですが、
    米国でもこれはよく利用される商慣習なんでしょうか?
    また、製品の保証期間は1年というのは米国でも一般的なのでしょうか。

    もしそうなら、
    18機種13機種は機種販売終了前、もしくは販売終了直後に全てのアップデートサポートが停止
    はひどすぎると思います。それ以外はある程度互換性が確保されていれば大きな問題になる話では無いと思います。

    日本の製品は1年の瑕疵期間と併せて故障に対する保証があり、2年契約が一般になるようにケータイ電話会社が
    誘導しているので、その間のサポートをケータイ電話会社が担うのは当たり前だと思います。
    米国でそういう契約が一般的で無ければ瑕疵期間中の修正提供サポートで十分な気がします。

    • by Anonymous Coward on 2011年10月28日 19時01分 (#2041568)

      >日本のケータイ (PHS含む) 電話各社は2年契約、2年割賦が一般的なのは知っているのですが、
      >米国でもこれはよく利用される商慣習なんでしょうか?

      米国や欧州でも、n年契約で携帯端末本体の価格の値引き(インセンティブ制度)は一般的です。
      それと平行して契約期間縛りなしでの(ほぼ)定価販売も行われます。
      また、割賦販売は一般的ではありません。
      割賦販売制度インセンティブ制度を禁止された日本の携帯電話事業者が苦し紛れに始めたものだと思います。

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        禁止で苦し紛れつーのは違うと思う
        docomoならベーシックコース、auはフルサポートコース、あのソフトバンクでも新スーパーボーナスを使わない購入は可能なはず。
        #auは利用者減少だかで打ち切ったけど

        少なくとも前二社の「端末購入サポート」「フルサポート割引」はインセンティブでしょう。

        • by Anonymous Coward

          結局、ソフトバンクが月々割なんてインチキやめないから、ほかが追従する羽目に鳴っただけだもんな。
          そろそろ、総務省や公正取引委員会に仕事してほしいものだ。

ハッカーとクラッカーの違い。大してないと思います -- あるアレゲ

処理中...