パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

首都直下型地震の発生確率、「今後4年で70%」から「今後4年で50%以下」に修正」記事へのコメント

  • 2010年に地震調査研究推進本部から出されていた「全国地震動予測地図」というのがあって、
    福島の市役所付近に今後30年間以内に震度6弱以上の揺れがある確率が0.9%とされていました。

    http://www.jishin.go.jp/main/chousa/10_yosokuchizu/100520yosokuchizu.pdf [jishin.go.jp]

    今回のトピックとは発信元は違いますが、こういったものの信憑性はあまり。

    • by Anonymous Coward

      0%と予測したわけではないので、予測的中でしょう。
      信憑するに足る予測だったのではないでしょうか。

      データを元に1000個のパラレルワールドを30年間観察すると、9個で「福島の市役所付近に今後30年間以内に震度6弱以上の揺れ」が発生する、と予測され、我々は9個のうちのどれか一つに遭遇した、といこと。

      • by Anonymous Coward

        いやその理屈だったら、0%と100%以外の予測はどちらに転んでも予測的中になるよね。
        信頼のハードル低すぎやしないか。

        こういった数値は、(拠点の重要性と合わせて)より地震の発生確率が高いところに対策の予算を割く、
        といった利用がされると思うのだけれど、
        確率を比較的低く見積もられていた東北の太平洋側で例の大地震が発生したので、
        あまり信頼できるものではなかったなあと思う。

        • by Anonymous Coward

          後半まで読まれましたか?

          0.9%と言う数字を「そんな地震は来ない」と考えるのは、楽観主義や現実逃避です。
          「0ではない」ととらえ、政府や自治体の財政力, 住民認識としての優先度などを勘案して、全政策のうちの地震対策の優先度を決定して地震対策に取り組む必要があります。

          「30年以内に0.9%で大地震が発生すると予測される地」に住むと言う判断をしたのであれば、判断に対する自己責任を意識して住めばいいと思います。本当は住みたくはないが、企業など地震が所属する組織の都合で住むことになるのであれば、その代償を組織に求め、提示条件に納得できるのであれば、判断に対する自己責任を

          • by Anonymous Coward on 2012年02月08日 15時02分 (#2095282)

            大量のお金と時間があれば確率0%以外のすべてに対処できるんだけどねぇ。
            いつくるかもわからない地震・津波・洪水・竜巻・落雷・停電・異常乾燥・高温・低温・台風・大雪・雪崩・黄砂・花粉…あげていけばキリがない。
            0.9%程度であれば他を優先するんじゃないの、ふつう

            親コメント

UNIXはシンプルである。必要なのはそのシンプルさを理解する素質だけである -- Dennis Ritchie

処理中...