パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

神戸大学の教授、「海をダムに見立て発電」という永久機関のような構想を発表」記事へのコメント

  • なぜ水が配管の上から下まで流れ落ちるのか説明してもらおうか。
    下には水がいっぱい詰まってて隙間はないのに。

    水流?それを発電に使うなら下に流す意味がない。

    • 実は落ちた水は地球内部の空洞へ…。

      短期的課題)
        空洞の重力分布はどうなっておるのか…。
      長期的課題)
        空洞に溜まった水はどうやって外側に帰るのか…。

      • by USH (8040) on 2012年03月01日 14時24分 (#2109107) 日記

        「おーい、でてこーい」 by 星新一

        親コメント
        • by Anonymous Coward

          確かにあの穴使えば永久機関が作れるねw
          作者はしっぺ返し系の話として作ったはずなのに

          • by USH (8040) on 2012年03月01日 14時43分 (#2109143) 日記

            きっと、エネルギーはちゃんと保存しながら落ちてくるんですよ。
            例えば、絶対零度ちかくまで冷えた氷としてとか。

            なので、猛暑が予想されるときには、前もってばんばん発電すれば、
            空から降ってくる氷をかき氷にして過ごせます。

            # 気温調整(エアコンやストーブ)に使うエネルギーと、移動(車や飛行機)に使うエネルギー、どっちが多いのかな。

            親コメント
            • by Anonymous Coward

              温度差ができるなら第二種永久機関が作れちゃうじゃないですかやだー!

身近な人の偉大さは半減する -- あるアレゲ人

処理中...