パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

銃器メーカー、ゲームに登場する銃に対しライセンス使用料を求める」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    世の中、金を払って自社製品をメディアに取り上げてもらうのに。
    まぁ、特殊な商品だってことでしょうね。

    • by nmaeda (5111) on 2013年02月05日 11時12分 (#2319182)

      >世の中、金を払って自社製品をメディアに取り上げてもらうのに。

      昔から両方向がある。要するにそのメディアにその商品を取り上げたとき、それを必要とするのがメディアの側か、メーカーの側かで支払いの方向が決まる。

      TV番組や映画のセットに版元が自社の書籍や雑誌を置いて欲しいと頼むことはよくあるが、同じように、TV局や映画配給会社も雑誌の記事で番組や映画を取り上げて欲しいと版元に頼むことがある。

      商品によって異なるが、その作品の著作者に対する印税は5~15%ほど。さすがにゲームの小道具に過ぎない銃器のメーカーが同等のライセンス料を要求するのは無茶苦茶。強行に主張すれば銃をトカレフ(なり、ライセンス料を要求しないメーカーの製品)に変更するだけだろう。ゲーム市場はそんな巨大な産業ではなく、世界的に大ヒットするゲームなど、限られているのだから。

      しかし、「ステマ」というキーワードは、色々な意味で禁句だと思うのだが。

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        もはやステマはバカが分かった気になって使いたがる
        DQN用語でしかないからツッコミ入れるだけ無駄でしょ。

      • by Anonymous Coward

        凡百なら適当に文句を言わないメーカーや自分から売り込みに来たメーカーのでも良いでしょうけど、
        どうしても外せないものとかもあったりしますから、そういう時は金を出しても正式に許諾を得るでしょうね。

        SAAやウインチェスターの無い西部劇、とか、もう悪夢としか思えないしね。
        刑事モノだとS&Wは外せないし、ギャングものでトンプソンを出さないのは監督が判って無いと思われる、とか。
        そういう世界観に既に組み込まれちゃって居るものに対して、わざわざ宣伝費を出す理由はメーカーには薄いでしょうね。
        そりゃ作品が気に入れば協賛はしてくれるかも知れませんけど。

アレゲはアレゲを呼ぶ -- ある傍観者

処理中...