パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

原爆の製造も行われた米ハンフォード核施設で汚染水漏れが確認される」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    わざわざニュースとして取り上げるということは、長崎に投下されたプルトニウム型爆弾の製造時に出た、ただちに健康被害が及ぶような高レベル廃棄物が漏れたんだろうな!?

    • by Anonymous Coward on 2013年02月27日 9時12分 (#2333360)

      ハンフォード核施設 上 大量廃液 地下水を汚染 ■ タンク爆発の危険性も [chugoku-np.co.jp]

      ミシガン州デトロイト生まれ。気さくなブロディアさんは、地下の書斎に足を運ぶと、九四年からほぼ三年がかりで調査した地下タンクの状況について説明を始めた。

       「百七十七個のタンクのうち、四三年から六四年までに造られた百四十九個は一重の炭素鋼でできている。一番大きいタンクは百十万ガロン(約四百二十万リットル)。そこにプルトニウムの再処理過程で生まれたセシウム137やストロンチウム90など高レベルの放射性廃液が貯蔵されてきた」

       これら百四十九個の一重タンクのうち、すでに七十二個のタンクから廃液が漏れ出しているというのだ。

       「この図を見れば、放射性物質が地下に漏れ出し、どこまで拡散しているかひと目で分かるだろう」。コンピューターで自ら作成したタンク下の汚染図を示しながら彼は言った。

       コンピューターと連動させた分光ガンマー測定器を使用して、一つひとつのタンクについて調査した。「エネルギー省は『漏れていても地下水を汚染するようなことはない』という。しかし現実には、すでに地表から約六十五メートル下の地下水に達しているものもある」

       タンク内には硝酸塩、フェロシアン化物などの化学物質も多く含まれ、水素ガスも出ている。核分裂による熱や化学反応によって、タンクが爆発する可能性もある。「ハンフォードの地下にチェルノブイリを抱えているようなものだよ…」とブロディアさん。

       すべてのタンクを合わせた高レベル放射性廃液の量は、約二百四億四千万リットル。放射能量にしてチェルノブイリ原発事故時に放出された量の四・三倍に当たる七百九十六万(一テラ=一兆)ベクレルにも達する。

      親コメント

犯人はmoriwaka -- Anonymous Coward

処理中...