パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

第2回将棋電王戦第3局、プロ棋士がコンピューターに連敗」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    コンピューターが有利。

    人間側が勝つには、序盤でリードを保ちながら100手以内で勝つのが理想。
    150手を超えてくると断然コンピューターが有利。

    時間が無い終盤で僅かなミスを犯すと一揆に逆転される。

    コンピューターはミスをしない。
    人間は、どんなに強い棋士でも必ずミスを犯す。
    この差は、大きい。

    結論から言えば・・
    一局の中で1つのミスを犯さないコンピューターの方が断然に有利。

    羽生さんでも森内さんでも結果は同じ。
    コンピューターとやってミスを犯せば、必ずコンピューター側に軍配が上がる。

    そう言う意味では、もうコンピューター将棋は人間を超えている。

    • by Anonymous Coward

      打者が有利。

      投手側が勝つには、序盤でリードを保ちながら100球以内で勝つのが理想。
      150球を超えてくると断然4番打者が有利。

      時間が無い終盤で甘い球を投げると一気に逆転される。

      4番打者は甘い球を見逃さない。
      投手は、どんなに強い投手でも必ず甘い球を投げる。
      この差は、大きい。

      結論から言えば・・
      一試合の中で甘い球を見逃さない4番打者の方が断然に有利。

      マー君でも斎藤さんでも結果は同じ。
      4番打者とやって甘い球を投げれば、必ず4番打者側に軍配が上がる。

      そう言う意味では、もう4番打者は投手を超えている。

      #下手な野球解説と変わらないな

※ただしPHPを除く -- あるAdmin

処理中...