パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

ANA、基幹システム開発でNTTデータと成果報酬型の契約を結ぶ」記事へのコメント

  • IT産業側は、ある程度仮想化でリソースを簡単に増やしたり減らしたりできるようになった一方、
    運送業界は近頃の燃料費の乱高下に国際情勢など不安定な部分が多い。

    従来は需要の上下を運送業界が負う方が効率的だったが、柔軟な運用が可能になってきているIT業界の方がよりコストをかけずに需要の増減を吸収することができるようになったと。
    運送業界側は景気が良くなってきて需要が増せば増すほど従来は固定されていた運用コストが増大して行くので儲けは少なくなる。だけれど儲かっている最中であればその程度の増加は簡単に取り返せるし、それよりも下落時の金が無いときに使いもしないリソースの分まで払い続ける事の方がリスクが大きいと判断したわけだ。

日本発のオープンソースソフトウェアは42件 -- ある官僚

処理中...