パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

STAP細胞の非実在について#4」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    私は海外の小さなラボで研究しているものです。ESやiPSは専門ではありませんが、マウスを自由に使える環境にあるので、生後一週間のマウスの脾臓細胞(FACS分離なし)を酸処理した後、B27入り培地(LIFなし)で培養してみました。すると処理条件によっては3日後にOct4をタンパクレベルで検出できました(Westernです。コントロールとして処理前の脾臓細胞から抽出したサンプルを使いましたが全く発現なし。)どうやら、sublethalのストレスによってOct4の発現が誘導されるというのは確かにあるようです。ただし、他の幹細胞マーカーは調べてません(抗体がないので

    • by Anonymous Coward

      Knoepfler先生のブログでも、「I’ve heard several reports now that labs can sometimes see some kind of either Oct4-GFP reporter activity or pluripotency gene expression in acid treated cells, but the scientists do not seem particularly encouraged」ていうのがありましたね。

      ちなみに処理条件って、結局何がクリティカルと思われます?
      B27のバッチでしょうか??

      • by Anonymous Coward

        B27は別のカルチャー用にラボにあった唯一のロットを使用しただけで、何とも言えません。
        ただ、Oct4発現の検出というところまでは、特に難しいコツなどはいらない印象です。敢えて言えば、ある程度の細胞のみが生き残るぎりぎりのところの酸処理条件というところでしょうか?いくつかpHを微妙に変えた系を同時にやりました。
        重要なのはここで検出されたOct4がリプログラミングの結果発現しているかは不明なことです。ただ発現が確認できたというだけです。LIFを入れた長期培養は試していませんが、上記の培養条件では一週間でほぼ全ての細胞がトリパンブルー陽性でした。

        • by Anonymous Coward on 2014年03月09日 19時58分 (#2559685)

          実施されたのはNature Protocol Exchangeで公開された手技に則ったものですか?
          その場合、これが公開されていなければ(それ以前の情報だけでは)再現出来なかったとお考えですか?

          親コメント

物事のやり方は一つではない -- Perlな人

処理中...