パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

STAP細胞の非実在について#5」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward on 2014年03月11日 1時51分 (#2560599)

    CNVによる解析、興味深いですね。

    専門外なので詳細はわかりませんが、同じ遺伝的なバックグラウンドのマウスをつかっても、

    造血肝細胞(HPC)とiPS細胞(MEF_iPS)の差が76あるにもかかわらず、

    血液由来のSTAP細胞(STAP幹細胞ではない)及びSTAP幹細胞とES細胞との差が0,6

    とかなのがおかしいということなのですね。

    STAP細胞(STAP幹細胞ではない)にES細胞がちょっとコンタミしているというのではなく、

    STAP細胞までもが、全てES細胞だっとということなのでしょうか?

    ES細胞もふくめ、STAP,STAP-SCその他の細胞のバックグラウンドが129XB6なのもちょっと不明でしたね。

    ES細胞の由来は、何なのでしょうか?以前にkahoさんが指摘されていたように、CAG-GFP?
    kahoさんの解析でそのあたりは同定できるのでしょうか?

    • by Anonymous Coward

      今となっては若山教授の「私はSTAP-SCを129B6GFPマウスから樹立しました。その当時、我々はその系統のES細胞を持っていませんでした。」というコメントって意味深ですね(http://tokyocicada.blog.fc2.com/blog-entry-63.html)。

アレゲは一日にしてならず -- アレゲ研究家

処理中...