パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

自然界では「協調」が生き残る道であるとは限らない?」記事へのコメント

  • 「囚人のジレンマ」で説明されるんじゃなくて、「淘汰圧は個体単位ではなく遺伝子単位で働く」ということで説明されるものと思っていたけど。

    つまりある生物の「群れ」では各個体間で共通な遺伝子を持っている割合が高い。
    自分が犠牲になることによって、他の個体が持つ自分と共通する遺伝子が生き残る可能性が高くなるなら、
    その個体は自分を犠牲にして他を助ける行動をとることもありうる、という話。

    親が子を守るために自分を犠牲にすることなどは、これで説明できる。
    遺伝子は、自分の遺伝情報が生き延びるためには、自分が現在乗っかっている個体を犠牲にしてでも

    • by Anonymous Coward

      私は生物学は授業を受けたり,本を読んでかじっただけですけど,同じ印象を持ちました。おっしゃっているのは,血縁淘汰ですね。
      「血縁淘汰」+ゲーム理論ということになると,メイナードスミスの「進化的に安定な戦略(ESS)」ですか。「進化とゲーム理論」昔読んだけれど,よくわからなかった。。。

      それで,「血縁淘汰」などの生物系の議論を無視しているのかと思って,英語が不自由なために,長くて全部読めないので検索をかけたところ:

      Researchers have proposed different possible mechanisms to explain cooperation. Kin selection (血縁淘

      • ESSは、少数の突然変異が生じたとしても、そうした変異を淘汰できる安定的な戦略というのが定義なので、ESSそのものは血縁淘汰とは独立な概念ですよ。
        メイナード・スミスの貢献も、血縁淘汰+ESSという新しい分析方法を確立したと考えることができます。

        元論文は頭だけチラ見しましたけど、有限オートマトンに無限繰り返し囚人のジレンマを対戦させたときの新しい数学的性質を発見したよーという感じでしょうか。
        オートマトンを用いた囚人のジレンマ研究というのは90年代に盛んに行われていて、進化ゲームが流行してからはすっかり下火になってしまった印象がありますね。

        親コメント
        • by Anonymous Coward

          ご教示ありがとうございます。ESSは単純に微分方程式と均衡の話でいいのですね。血縁淘汰がメイナードスミスの研究にどう影響してるのかは、昔読んだ当時(15年くらい前ですが)よく分かりませんでした。実はwikipediaの「社会生物学」のページにESSが血縁淘汰に関連したそうなことを書いてあったので、そうだったのかな?と思いながら知ったかして書いてしまいました。
          今、積ん読になっていたスミスの「進化遺伝学」を、この問題意識をもって眺めましたら、9章「構造のある集団での進化」で囚人のジレンマのESSを議論していて、協力型は裏切り型に侵入できないが

        • by Anonymous Coward

          ご教示ありがとうございます。ESSは、単純に微分法定式と均衡の話でしたか。15年くらい前の読書をネタに、wikipediaの「社会生物学」の項目辺りを読んでコメントを書いてみましたが、ESSが血縁淘汰と関係しているように読めて、間違えてしまったようです。
          今、手元で積ん読になっているスミスの「進化遺伝学」の9章「構造のある集団」を読んでみましたら、ちょうど囚人のジレンマゲームのESSに関する記載があり、血縁を考慮することによって、現実を説明できる例がありました(複数のオスが協力するライオンの群れの例)。これは、yet-another-suさんのいう「血縁淘汰+E

クラックを法規制強化で止められると思ってる奴は頭がおかしい -- あるアレゲ人

処理中...