パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

米連邦地裁、猿が撮影した写真の著作権者は猿自身であるとの訴えを却下」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    人間に限らず動物でも権利を認めて欲しいってのは、日本でもイリオモテヤマネコを原告にした裁判とかあったね。
    http://ryukyushimpo.jp/news/prentry-119001.html [ryukyushimpo.jp]
    このへんの動物や自然にも権利があるって概念はWikipediaの「自然の権利」ってのに簡単なまとめが載ってる。
    https://ja.wikipedia.org/wiki [wikipedia.org]

    • by Anonymous Coward

      つか、シャッターを切ったということだが、そもそもそのようなハプニング込みで機材を仕込み
      プリントもその人がやっているのだからサル側に著作権はどうかなって思うんだよ。

      サルにも肖像権を認めろくらいなら何ら問題はないのかもしれないが、

      • by Anonymous Coward

        「猫がピアノの鍵盤の上を歩いた結果発生した雑音は著作物か?」みたいな感じがする。
        観光客に頼まれて偶然その場にいあわせた俺がシャッターボタンおしただけの記念写真にも著作権が
        発生して、その記念写真を他人に配ることについて云々みたいな面倒なことにもなりかねん。

        ある程度訓練をうけた象が「鼻にくくりつけた筆で書いた、高い芸術性を持つ風景画」とかなら、
        著作権が認められてもいいのかもしれない。

        • by Anonymous Coward

          猿や猫の場合と「観光客に頼まれて偶然その場にいあわせた俺がシャッターボタンおしただけ」ってのは同列じゃない。
          #あなたが猿や猫なら同列だが

          著作物は「創作的に表現したもの」であり、著作者は「著作物を創作する者」であるから、その創作的な表現への寄与度が反映されるべきだ。
          ただし、猿や猫には著作権は認められない。

          「観光客に頼まれてシャッターボタンおしただけ」の場合、観光客はおおまかなアングルを提示するなどしているが、同時に、あなたは何も見ずに押したわけでなく、アングルの調整やタイミングを図るなどしており

日本発のオープンソースソフトウェアは42件 -- ある官僚

処理中...