パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

国立国会図書館に納本された「無意味な文字を羅列した高額書」、返本される」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    ・ISBN発行を国会図書館が行うようにする
    ・出版者はISBNを発行してもらいたい場合は見本として1冊国会図書館に無償で納めねばならない

    これでどうだ。ISBNがなければ商用流通はできないだろうから自ずと全ての本は国会図書館に集まる。

    • by Anonymous Coward

      > ISBNがなければ商用流通はできないだろうから自ずと全ての本は国会図書館に集まる。
      流通していなければ国会図書館に納本できない。

      • 流通の定義次第ですが、納本の対象は商品として刊行されたものに限りません。
        非売品の私家版なんかも対象です。死蔵するなら別でしょうが。

        Q1:どんなものを納めなければならないのですか?
        A1:原則として、頒布を目的として相当部数作成されたすべての出版物です。
        図書、雑誌・新聞だけでなく、CD、DVD、ビデオ、レコード、楽譜、地図なども
        対象となります。
        http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/deposit/qa05.html [ndl.go.jp]

        皆様には、ぜひ、薄い本も納入されたくお願い申し上げる次第。いつか、国会図書館
        デジタルコレクションで読めるようになる日がくるのです。

日本発のオープンソースソフトウェアは42件 -- ある官僚

処理中...