パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

「石英ならではの透明感」を実現したという、「純石英を使った」光デジタルケーブル」記事へのコメント

  • > さらに従来の光ケーブルでは再現が難しかった緻密で豊かな低域も実現。

    ジッターに絡んだノイズが云々とかいうならともかく、ただの0と1の羅列データを送るのに低域云々って関係なくない?
    #釣られてるのかもしれんが詳しい人説明求む

    • 必要以上に高品質なケーブルを使うことよりの推測ですが、
      オーディオマニアがデジタル通信を使う場合は誤り訂正を行わない通信を使うものと思われます。
      デジタル信号ですので通常であれば外乱により音が途切れてしまうこともあるでしょうが、その頻度が限りなく減ることの需要があるものと推察…。
      ピュアオーディオの世界ではデジタル信号においても全体域を音質向上に使おうとする努力の結晶なのでしょう。

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        >デジタル通信を使う場合は誤り訂正を行わない通信
        マニア様たちは理解してないと思います。 あくまでアナログだと思っていると。

皆さんもソースを読むときに、行と行の間を読むような気持ちで見てほしい -- あるハッカー

処理中...