パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

なぜ日本の自動車メーカーはCVTが好きなのか」記事へのコメント

  • CVTのコア技術自体は日本がもってなかったんだ。
    CVTってベルトとプーリーで無断変速比を実現してるのがほとんどだけど、そのベルトは
    オランダ企業が特許を持っていた。その特許切れをも狙って一気に攻めたのが日本
    (というか日産・ジヤトコ)だったんだよ。もちろんベルトじゃなく別の方法なCVTも
    あったけどね…(トロイダルCVTの模型から目をそらしながら

    加減速が多くて燃費に不利な運転パターンが多い日本、ATだと細かい制御させようとすると
    ギアの数を増やさなければならない、でもそうするとギアの数だけ大きく重くなってしまう。
    またATで細かな制御をすると

    • by Anonymous Coward on 2016年11月03日 11時57分 (#3108118)

      しかし、原付なら1980年代初頭あたりからCVTが登場するという。
      http://global.yamaha-motor.com/jp/profile/technology/spread/003/ [yamaha-motor.com]

      親コメント
      • バイクのエンジンの出力が車に比べて格段に小さいからね。
        外国企業の特許なんか使わなくても実用的な無段変速は実現できてたんだよ。

        バイクって自動車のようなガワがないし座席もないので、
        パワーウエイトレシオからすれば圧倒的にバイクが有利。
        その分変速機のロスが多少あってもまったく無問題アルヨ。

        …あ、だから中国でよく見かけるスクーターのエンジンまるごととっぱらって
        モーターとバッテリー載せた改造EVバイクって成り立つのか(ひい

      • by Anonymous Coward

        スクーター用のCVTはゴムベルトを使ったもの。
        それじゃ四輪車には無理で、金属のコマとスティールベルトを使ったものが開発され、それの特許が押さえられていたというわけ。

クラックを法規制強化で止められると思ってる奴は頭がおかしい -- あるアレゲ人

処理中...