パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

なぜ日本の自動車メーカーはCVTが好きなのか」記事へのコメント

  •  自分の車が6MTなので、社用車でCVTに乗ると、発進や加速でアクセルを踏んで、少し遅れて動き出す感じ(MTはクラッチをつなげば、するすると動き出す)。アクセルを戻しても、エンジンブレーキは。あまり効かない(これはATも)。
     CVTって、プーリーとベルで動力を伝えるので、メカニズムと動作の感触が合っているといえばあってる感じがするけど、操作の意図と動作はずれますね。
     あと、音はいわれているように車速と音が連動してない感じがする。
     手入れが悪いのか、この前乗った社用車(10年くらい前のセレナ)は、バックさせると、少し動いてバッタンという音
    • CVTが出た頃は、ATよりもCVTのほうが効率が良いといわれていたけど、今ではATの改良が進んでるんずよね。

      CVTのような滑らかな制御がしたい!!
      →じゃ4速じゃなく6速7速…えーい、8速だー!(えー

      先生、8速ともなるとギアがたくさんで重いんですが…
      →えーい、そういうのはエンジンがデカくて高い車だけに載せればいいんじゃ! (えー

      ATも改良も進んでいるけどボリュームゾーンに積むものじゃなくなってますね。
      今や軽のトランスミッションもCVTに…

      • >今や軽のトランスミッションもCVTに…

         私の記憶が確かなら、国産車で最初にCVTを積んだのがスバルのレックスだったような。ジャスティだったっけ?
         いずれにしても出力の大きな車には向かないといわれていて、しばらくコンパクトカーにしか使われなかったはずです。
        • ジャスティですね…(レックスは軽)

          今や軽自動車のボリュームゾーンはほとんどCVTになってますね。
          でないと燃費稼げないので…

          親コメント
          •  私のイメージでは、しばらくスバルしかCVTを使ってなかったような。
             レックスも90年前後にCVT採用してませんでしたっけ?

             ・・・既に30年近くも昔の話ですね。
            親コメント
            • その認識であってますが15年ほど前から一気にCVTに流れが移ったんですよ
              やっぱ特許切れってのが大きいですよねー

              90年代であればメカCVTの頃だからレックスにも載せてたかもしれないですね…
              (ジャスティ向け・マーチ向けは確実)

              その頃のスバルというか富士重は特許料払ってたんだなあ(ほわわ~ん

              親コメント
              • by Anonymous Coward

                レックスのECVT車に乗ってました。確か89年型。
                トルコンではなく電磁クラッチを採用しており、
                そのためクリープ現象の無い、2ペダルMT車みたいな乗り味でした。

                電磁クラッチとスバルらしい剛性のある足回りのお陰で、
                スーパーチャージャー付きのエンジンのパワーをダイレクトに使うことが出来て、
                550㏄ながら今迄に乗ったことのある軽の中では一番よく走りました。

                クリープ現象がないことが嫌われて、あまり売れなかったみたいですが。
                私にはそこまでクリープ現象が大事とは思えないのですが、
                DCT車でも疑似的に再現するほど世間では需要があるみたいですね。

              • by Anonymous Coward

                スバルはCVTに関しての特許料を払っていたのではなく、ベルトの特許を所有してるバンドーネからのみベルトを買っていた、というのが事実ですね。
                他から買おうにも他に作っている所がなかったのですが、個別に特許料を支払っていたのとでは大きく意味が大きく違います。
                VIVIOの前のレックスにも設定はありました。4気筒になった時にはCVTになってます。2気筒時代はわかりませんけど。
                ちなみに金属ベルト式CVTは動力伝達が引っ張り側でなく押し込み側で行われるというのが特徴です。

                なお、フィーリングに関しては二つの要素があるのですが、それの切り分けができている人の

              • by Anonymous Coward

                > 出来るとしたら駆動余力を十分に取っておいて、より低い変速比、より低いエンジン回転数で加速できるようにして変速比の変化を体感しにくくするのかなあと。

                ウチのオーリス120Tはおそらくそういう制御になっています。
                1500rpmから4000rpm前後までが最大トルクを出せるエリアなのですが、一般道の40~50km巡行で1300rpm前後とそのエリアの入口あたりの回転数をキープしており、
                ちょっと踏み込めば最大トルク域に入るので、さほど回転を上げずにスムーズに加速していきますし、スリップ感もほぼ感じません。

                そういう点では、中間加速域においてはダウンサイジングターボとCVTは相性がいいのではないかと。

海軍に入るくらいなら海賊になった方がいい -- Steven Paul Jobs

処理中...