パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

郵便葉書料金が来年6月1日から62円に値上げされる」記事へのコメント

  • 値上げすると一般に売上が落ちる。つまり取扱量がさらに減って赤字が増える。
    値上げと合わせて過剰な人員を削減すれば赤字は解消するがそれは値上げによるものなのか費用削減によるものなのか…

    • Re: (スコア:2, 興味深い)

      by Anonymous Coward

      絶対口外はしないだろうけど、通常郵便に関しては減らしたいという意向があると思うぞ。
      日本郵便は従来各集配局で区分と組み立てをしていたのを、拠点局で組み立てまでした上で各局に配送したいと考えてる。
      そうすればそれぞれの集配局で別個にやってた作業を減らせて、当然人員削減ができるから。
      でも、一部の地域では郵便物が多くて拠点局での作業を時間内に終わらせるのが不可能だという声が出てる。

      > 値上げと合わせて過剰な人員を削減すれば赤字は解消するがそれは値上げによるものなのか費用削減によるものなのか…

      これは表裏一体。
      そもそも人員が過剰というのも収益上の話であって、作業量に対して人員が多すぎるって話ではないので。
      原因である現行システムの作業量をどうすれば減らせるかって考えたとき、値上げによる郵便物数の減少効果はある程度期待してるはず。

未知のハックに一心不乱に取り組んだ結果、私は自然の法則を変えてしまった -- あるハッカー

処理中...