パスワードを忘れた? アカウント作成

ランボルギーニとMIT、ボディをカーボンナノチューブでバッテリー化するコンセプトカーを発表」記事へのコメント

  • by nekopon (1483) on 2017年11月13日 17時24分 (#3311407) 日記
    これぞ「痺れるボディ」と
    ここに返信
    • by Anonymous Coward

      teslaで既にあった話だけど、猛スピードでぶつかってバラバラになるほどの事故だと、
      バッテリーが残ってて迂闊に近づくと感電する恐れがあったんだよね。迂闊にレスキュー隊が
      近づくこともできなくて、それで救助が遅れる可能性も出てきた。
      #ガソリン車で言えばタンクに穴が開いたような状態かな。
      #その場合は匂いとかで分かるし、消化剤くらい用意するだろうし。

      ボディを「電力を蓄えるスーパーキャパシタ」として使うのはいいけど、イザと言う時に
      蓄えた電力を放電させるためのアースを繋ぐ端子を標準化するみたいなことくらいは、
      考えておく必用はあるんじゃなかろか。

      • by Anonymous Coward

        それは無理じゃないかな?
        静電気の放電ならまだしも、車を動かすほどの電力をアースで放電したら、最低でも燃えます。
        今時の電気自動車では少なめの40kWhとすると、アース経由でショートして、10秒で放電した場合でも14MWの電力になります。

普通のやつらの下を行け -- バッドノウハウ専門家

処理中...